キャスト陣が作品への想いを語る! 『翠星のガルガンティア』最終話最速! 一挙オールナイト上映会

By saeki, 2013年7月5日


アニメ『翠星のガルガンティア』の先行上映イベントが2013年6月28日(金)、東京、ユナイテッド・シネマ豊洲で行われた。
当日はレド役の石川界人さん、エイミー役の金元寿子さんに加え、サプライズゲストとしてベローズ役の伊藤静さん、リジット役の大原さやかさんが登壇。作品を振り返るトークを繰り広げた。

最終回を迎えた現在の心境について、
石川さんは「さびしくもあり嬉しくもあり、自分が主役を演じた作品の最終回をテレビで初めて迎えるということで緊張しています」、
金元さんは「アフレコがだいぶ前から始まっていて、期間が長い気がしていたのですが、放送が始まってからはあっという間でした」、
伊藤さんは「収録もそうですが、放送もついこの間始まったと思ったのですが、あっという間でした。放送が終わると思うと寂しいです。でも早く皆さんに観ていただきたいですね」、
大原さんは「分厚いコートを着ていた時期からアフレコが始まったのですが、オンエアを皆さんと同じ目線で観ています。今日は皆さんと一緒に楽しみたいです!」
とコメント。

 

また、本作は全国津々浦々で様々なイベントが行われてきたが、石川さんは「実は一番最初に行ったイベントで、マイクを遠く持ってしまっていたのですが、イベントを重ねるにつれてマイクが近づき始めています(笑)」と自らの成長について語った。

また、番組を振り返ってみて、
伊藤さんは「1話の時に、スピーディーな戦闘から、ふわっとした、柔らかい感じになったのが印象的でした。
ベローズは役どころ的にもレドを見守っていく感じでしたので、私自身も『ガルガンティア』をレドの成長を見守っていくような気持ちで観ていたような気がします」、
大原さんは「虚淵さんの作品はいくつか関わらせていただいているので『果たして何人生き残るのか?』とドキドキでした(笑)」とそれぞれコメント。

キャラクターの印象については、
大原さんは「リジットは頼られると頑張りすぎてしまうところが自分と重なる部分があって、シンクロするところはありましたし『彼女が好きだな』と思いました。
途中、船団長になって演技の上でガラリと変わるところはなかったのですが、『ガルガンティア』のメンバーに自然に心情を作ってもらったところはあります。
船団の皆に頭を下げたシーンは、オーディションの時に『ここが気合の入れどころだな』と思いました」、
伊藤さんは「すごいさっぱりしてなんでも分かっているようなキャラでしたが、今まで色々なことを積み重ねてきたんだな、というのが分かりました。
私自身サッパリしているように見えて、意外に根に持つようなところがあるので(笑)、私も見習っていかなければ、と思うところもありましたね」

過去に実施したイベントの中で印象に残っていることについては、
石川さんは「最初は本当に緊張していまして、記憶が残ってないです。大阪に行った時、当日の名古屋の会場にいた人が最前列に座っていたのにはビックリしました(笑)」、
金元さんは「石川くんとはほぼ一緒にイベントに参加しましたが、だんだんイベント慣れしていくのを見るのは面白かったです。
北海道はすごく雪が降っていて、『飛行機がちゃんと飛ぶのかな?』という感じだったのですが、開始が1時間も遅れたにも関わらず、現地のファンに優しく迎えていただけて嬉しかったです」と笑顔。

レドが成長していく過程を演じることについて、石川さんは
「一番気を付けたのは言語です。時間経過でどのくらいしゃべられるようになるのか? 彼がどのくらいのスピードで言語を勉強していっているのか? 常に気を付けました。
また、話数と話数の間でどのくらい時間が経過しているのかを監督に聞いて『これくらい言葉を話せるようになってますよ』と教えていただいたりして演技に生かしました」と、アフレコに臨む過程を紹介。

エイミーの、レドに対する気持ちの変化について、金元さんは
「最初の頃、監督に『レドとエイミーは恋に落ちるのですか?』と聞いたら『ボーイミーツガールです』と言われまして(笑)。色々と考えながらやっていきましたが、彼女自身も分かっていない所もあると思うので、最終回以降に二人がどのような関係になっているのか? みなさんに想像してほしいです」と話した。

 

作品の見どころについて、大原さんは
「第6話の踊るシーンがとても幻想的で、清涼剤のようなとてもきれいなシーンだったと思いました。また、全編を通して星空がきれいで、海に広がる『ヒカリ虫』もとてもきれいでした。もう一度じっくり観てみてください」、
伊藤さんは「描かれている景色がとてもきれいです。自分は今『ガルガンティア』の上にいる、とイメージすれば、楽しんでいただけると思います」、
金元さんは「第5話の焼肉パーティーをする回で、みんなで水着になり、三人で競争した後にスプリンクラーのように水が噴出すシーンがとてもきれいで印象に残っています」、
石川さんは「細かいところまで作りこまれていますので、観るたびに新しい発見があると思います。
第1話のAパートでメカメカしい要素が満載ですが、設定考証の小倉信也さんとお話させて頂いた際に、この場面のためだけに練りこまれた設定などが凝縮しているという事を伺ったので、そこも是非注目してみてください。カタコトの日本語を話すところも苦労して演じましたので、是非ご覧になってください」と語った。

また、自身の好きなキャラクターについて
石川さんは「ピニオンです。どんどんカッコよくなっていく彼に『カッコイイじゃないか』と思えるようになりました」、
金元さんは「(垣松あゆみさん演じる)ラケージさんが好きです。若いのにあれだけ堂々としているところが好きで、可愛い一面も見えて、より好きになりました」、
伊藤さんは「乗組員のオジサンたちが好きです。5賢人をみて、主張のしあいがあったと思ったら『ガルガンティア』のことを考えていたり、すごいな、と思いました。若い衆をきゅっと引き締めている存在だったと思います」、
大原さんは「(茅野愛衣さん演じる)モモンガのグレイスはとてもかわいかったですね。音響監督さんの細かい要望に応える茅野さんもすごいと思いました」とそれぞれコメント。

そして、最終回の見どころをネタバレなしで聞かれるという無理難題を見事にこなした4人。
トークショーもいよいよたけなわ。最後にファンに向けてメッセージが送られた。

大原さん「第1話の終わりの時点で予算がオーバーしたと聞きました。それほど愛情のこもった作品に携われて良かったです!」

伊藤さん「急きょということでしたが『ガルガンティア』のイベントに参加できて嬉しかったです」

金元さん「終わってしまうのが本当に寂しいのですが、イベントで色々なところに行って楽しい思いをさせていただきました。本当にありがとうございました」

石川さん「色々なイベントやニコ生などに出させていただき、こうして皆さんの前で挨拶させていただけて、とても嬉しいです。スタッフの皆さん、そしてレドにも感謝したいです!」

<Text/ダンディ佐伯>

【BD―BOX概要】

『翠星のガルガンティア』Blu-ray BOX 第1巻
2013年8月28日(水)発売

¥16,800(税込)

本編第1話~第4話+完全新作OVAの全5話を収録!

【書籍概要】

「翠星のガルガンティア」PROGRESS FILES
■ 発売日:2013年11月22日(金)予定
■ 受注締切日:2013年10月2日(木)予定

■ 価格:¥7,000(税込)
■ 仕様:全1,100P予定

1.キャラクター設定集(約400P・B4サイズ)
鳴子ハナハルによる魅力的なキャラクター原案・設定・ラフ画など徹底網羅した設定集。
また、各ページの欄外にメインスタッフによる「テキストコメンタリー」を収録!
★キャラクター設定集表紙イラストは鳴子ハナハル描き下ろしイラストを使用!

2.メカニック・美術資料集(約400P・B4サイズ)
チェインバーをはじめ、ガルガンティア船団などのメカニックと、美麗な背景美術画など、見るだけで作品の世界観が伝わってくる設定集。
各ページの欄外にメインスタッフによる「テキストコメンタリー」を収録!

3.全話シナリオ集(約300P・B5サイズ)
虚淵玄の構成による特典OVAを含む全15話の脚本を完全収録した[シナリオ集]。

●翠星のガルガンティア公式サイト
http://gargantia.jp/