『劇場版​銀魂』新たな劇場入場​者特典に「三位一体フ​ィルム」が決定!!

By saeki, 2013年7月1日



抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ天下無敵の痛快エンターテイメント作品「銀魂」。テレビアニメ開始から7年、劇場版として2作目となる『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』が2013年7月6日(土)より全国公開される。
「完結篇」と銘打たれ、満を持して原作者・空知英秋が自らストーリーとキャラクター原案を担当。完結の名に相応しい、過去、現在、そして未来を巡る壮大な大団円(フィナーレ)を描きあげた。

このたび、本作品の新たな入場者特典として、「三位一体フィルム」が決定しました。すでに発表された原作者・空知英秋が表紙を描きおろした「コミックス 零(ゼロ)巻風メモ帳」1冊につき1枚「三位一体フィルム」が挟み込まれている。

【映画概要】

『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』
2013年7月6日(土)より全国公開

<イントロダクション>                                                  
単行本4400万部を超える、週刊少年ジャンプの看板コミック「銀魂」。抱腹絶倒のギャグと壮絶アクション、そして厚い人情をも詰め込んだ天下無敵の痛快エンターテイメントである。
大ヒットを記録した前作「新訳紅桜篇」から約3年、原作者・空知英秋がアニメ銀魂のラストを飾るべく、全編描き下ろした完全新作エピソードで贈る映画化第2弾!

<ストーリー>                                                                    
江戸・かぶき町で頼まれ事を何でもやる万事屋を営む男・坂田銀時。無気力で甘党で天然パーマで、ちょっぴり人情に厚い侍だ。だが、このさえない主人公はかつて、宇宙からやってきた侵略者「天人(あまんと)」と戦い続け、鬼神のごときその強さから“白夜叉”という異名でおそれられた過去を背負っていた……。
アニメ銀魂ラストエピソードとして描かれる本作。これまで一切語られることのなかった真実が、劇場版にて明かされる。過去・白夜叉から連なる銀時の、そして万事屋の物語……。

【STAFF】
原作:空知英秋(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)、
監督:藤田陽一  監修:高松信司
アニメーション制作:サンライズ

【CAST】  
杉田智和(坂田銀時役)、 阪口大助(志村新八役)、 釘宮理恵(神楽役)ほか

(C)空知英秋/劇場版銀魂製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画

●公式サイト
http://www.gintama-movie.com
●Twitter
http://twitter.com/gintamamovie
●Facebookページ
http://www.facebook.com/gintamamovie2