7月17日(水)発売 日笠陽子コラボレーションアルバム「Glamorous Songs」に小室哲哉参加決定!!

By saeki, 2013年6月18日



2013年7月17日(水)に発売する声優・日笠陽子のコラボレーションアルバム「Glamorous Songs」に音楽プロデューサーの小室哲哉が楽曲提供で参加することになった。

TRFや安室奈美恵など、多くのアーティストをプロデュースしてきた世界のTKこと小室哲哉が自身初となる声優への楽曲提供となる。楽曲タイトルは「Through the Looking-Glass」。イントロを一聴するだけで小室サウン ドとわかる爽快感あふれる透明なイメージの楽曲だ。この楽曲は日笠陽子スペシャルサイト(http://hikasayoko.com/)に て試聴することができる。

今回の日笠陽子ソロプロジェクトへ小室哲哉が楽曲提供した経緯について「今回、小室哲哉さんに楽曲を依頼させて頂いたのは小室哲哉さんの持つデジタルさと絶妙に共存するメロディー感に、日笠陽子の切ない高音のボーカルがうまく融合すれば、新しい けれど現存のアニメ・声優ファンも喜ぶ楽曲が、現在のアニメ・声優音楽シーンに生まれるのではないか、という思いでオファーしました。
小室さんは非常に物腰が柔らかく、穏やかな雰囲気で、音楽の話だけではなく、他愛のない話なども交えて日笠と話をしてくれました。
話し始めて1時間ほどしたところで、日笠に対し『君はT.M.Revolutionの西川貴教さんに雰囲気が似ているね』とポツリ。小室さんは お話の中で、日笠陽子の持つ雰囲気や魅力をずっと探っており、その中で日笠陽子の魅力を、西川さんのようなギャップにある、と感じた。」 と制作関係者は語った。

歌い手として高い評価を 得ている日笠陽子と「小室サウンド」と呼ばれる独自のサウンドで日本中を席巻した天才・小室哲哉が「Through the Looking-Glass」で奇跡のコラボレーションを起こす。

【日笠陽子コメント】
「今回のコラボレーションアルバムの中で、1番可愛さのある曲でした。攻めることばかり考えていた私でしたが、この曲を歌い、聴き、何だかほっとするようなそんな感覚になりました。初めて歌うジャンルの曲調だったのでレコーディングはとても楽しかったです。気付かされることも多く、このアルバムの企画を一番体現している曲になったかもしれません。」

【小室哲哉コメント】
「日笠さんと実際にお会いして打合せを させていただき、彼女のイメージに沿いながら、これから新しい世界に踏み出して行く姿を表現できればと考え作曲しました。みなさんに気に入っていただければ嬉しいです。」

☆日笠陽子「Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-(アニサマ)」出演決定!!
また、8月23日(金)~25日(日)に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催される世界最大級のアニソンライブイベント「 Animelo Summer Live 2013 -FLAG NINE-(アニサマ)」に日笠陽子が初めて出演することが決定した。
出演日は最終日の8月25日に決定。10月27日(日)には自身初となるソ ロでのライブイベントを新木場・スタジオコーストで行うが、これを前にさいたまスーパーアリーナという大きな舞台で2万人の大観衆に向けて歌 声を披露することとなった。

【CD概要】
コラボレーションアルバム「Glamorous Songs」
発売日:2013年7月17日(水)

発売元:ポニーキャニオン

【初回限定盤】CD+DVD(MV収録)
品番:PCCG-01345
¥2,800(税込)

【通常盤】(CD)
品番:PCCG-1346
¥2,300(税込)

<収録楽曲 (順不同)>
BALLOON
作詞・作曲:渡辺翔  編 曲:渡辺和紀
めざまし時計
作詞・作曲・編曲:Myu
Rhythm Linkage
作詞・作曲・編曲:永野椎菜
Glamorous days
作詞:稲葉エミ   作・編曲:Tom-H@ck
Reclusive
作詞・作曲・編曲:Powerless
Neo Image
作詞:こだまさおり   作 曲:前澤寛之   編曲:yamazo 

※1stSg収録楽曲「美しき残酷な世界」、「Starting Line」、2ndSg収録楽曲「終わらない詩」、「イノセント」は収録されません。

●日笠陽子スペシャルサイト 
http://hikasayoko.com/
●日笠陽子ソロプロジェクト公式ツイッター
@hikasayokoSP