全48曲を熱唱! ファン待望の1年に1回のライブ「Kiramune Music Festival 2013」開催!!

By saeki, 2013年4月23日


2013年4月13日(土)、14日(日)に幕張メッセにて「Kiramune Music Festival 2013」が開催された。
今回はCONNECT(岩田光央さん、鈴村健一さん)、神谷浩史さん、浪川大輔さん、柿原徹也さん、岡本信彦さん、Trignal(江口拓也さん、木村良平さん、代永 翼さん)が出演。今回は4月13日に行われたライブの模様をレポート!


観客席の電気が落ち、真っ暗になるとステージに用意されたスクリーンに出演者の紹介が始まる。
悲鳴にも似た歓声があがり、そこに今回トップバッターのTrignalの江口拓也さん、木村良平さん、代永翼さんが登場! 観客のペンライトが水色一色に!「Honey Ready Go!!!」をはじめ「Darling」、「恋つぼみ」の3曲を続けて熱唱。明るくポップでフレッシュな3人のハーモニーが会場に響く。


続いてステージにダンサーを従え、CONNECTの岩田光央さん、鈴村健一さんが登場!「SPACE ROMANCER~2013年夢中の旅~」を爽やかに歌い上げる。
スクリーンには宇宙船を思わせる画像が映り2人ののびやかな声は大気圏にも届きそうだ。続いては「My Kingdom has come」で先ほどと違って激しいナンバー。バックに炎が噴射し、熱い演出を見せてくれた。


CONNECTの興奮も冷めぬまま、今までと反対側のステージに柿原徹也さんが登場! 
ペンライトが緑色に染まる。「Hands up」の元気なナンバーを歌いながら観客席の間をトロッコで駆け抜け、向かいの正面ステージに移動。
続けて「Cheers!!」を元気にジャンプしながら熱唱した。


お次は岡本信彦さんが登場、元気でかわいいナンバー「Positive Fighter」を歌い上げる。
続けて爽やかなナンバー「Sniper」では、観客の間をトロッコで移動して観客席の真ん中のステージに。


間髪入れず、岡本さんが居た場所から神谷浩史さんが登場。全身赤やピンクに包まれた衣装で登場し「エンジャルマン」を歌い上げる。会場のペンライトは紫色一色になり、歌の間奏中に神谷さんが観客を受け入れるように手を広げると、会場から大歓声が上がった。
一曲目が終わると、「今日はキラフェス(※Kiramune Music Festivalの略)史上初のことがあります。今日は晴れているんです! いいハレノヒにしましょうー!!」とあいさつし、続けて「everlasting」、「Spring moment」の2曲を熱唱した。


そしてメンバー最後に登場するのは「ファンキー☆トゥナイト」を熱唱し、ダンサーとのパフォーマンスも最高の浪川大輔さん。
パラパラの振り付けや、歌いながらダンサーの持つ鏡を見て自分の髪の毛を整えたり、上着をかっこよく脱ぎ捨てたりと楽しいステージだ。投げキッスを会場に送るとファンからの黄色い悲鳴が会場に響く。
一曲を終えダンサーが退場し、一人になった浪川さんは「みなさんこんばんは。ただの浪川大輔です。俺、海に出ます。」と、つぶやくとダンサーの一人がもってきた帽子を被り、にぎやかなナンバー「ファンキー☆フィッシング」でまた楽しいステージを魅せてくれる。観客も浪川さんと一緒に前に拳を前につきだし「シー、シー!」と同じポーズをする。
スクリーンには浪川さんのキャラクターに魚のしっぽをつけたイラストが登場しファンの歓声が上げる。
そして最後は浪川さんと同様に、本日の出演メンバーのキャラクターに魚のしっぽをつけたイラストが登場した。

この後ステージに本日の出演メンバーが集合し、フリートークの時間に。
ずっと立ってステージを見ていた観客に「どうぞお座りください。」と声をかけ、トークは鈴村さんが進行役で進んだ。
鈴村さん曰く、柿原さんはスーパーストイックで、腹筋でお腹も割れているとか。

Kiramuneメンバーはみんな仲が良いが、特にTrignalの3人と岡本さんは良く一緒にいるとのこと。特にTrignalの代永さんが本日のステージでトップバッターで歌うことに緊張していたことを暴露。だがメンバー曰く、そのことが嘘なくらい一番楽しんでいるそうだ。
先ほどまで歌って踊っていた浪川さんは、鈴村さん達に「汗川にすれば?」と言われるほど(笑)汗がたくさん流れており、全力でステージを駆け抜けていたことがわかる。そんな浪川さんは「ファンキー」を歌える日がくるとは思わなくて嬉しかったとコメントした。

楽しいフリートークの後は、柿原さんのバラード「Call My Name」。続いてCONNECTは「シンデレラモラトリアム」をそれぞれ二階席前を移動しながら披露した。
「愛の花束」を歌う岡本さんは、白い花を数本抱えながトロッコで観客の間を移動し、なんとその花をプレゼント。最後の2本はひざまずいて観客に手渡しし、会場からは黄色い歓声があがる。

Trignalは「towards the tomorrow」を三色のライトに照らされながら情熱的なナンバーを熱唱した。
ハードなナンバー「String of pain」を歌った柿原は、緑色の光を手の中に入れたり、レーザービームを操るパフォーマンスも披露。ラストを閉めたのは神谷さん。「気持ちを込めて歌います」と、「ハレのち始まりの日」を歌った。

その後、会場の熱いアンコールに応えるように、メンバー全員がキラフェスのタオルを身に付け、一曲ずつ披露した。
最後にダンサーの紹介や、それぞれ挨拶や告知をし、アリーナをトロッコで移動したり、スタンド席を移動したりファンと触れ合いながら全員で「Get Together!」、「EVER DREAM」を熱唱した。
大歓声の中全48曲のボリュームとパフォーマンスに溢れたライブは終了した。

<Text/大根田 理絵>

●Kiramune オフィシャルサイト
http://www.kiramune.jp/

<セットリスト>

01.Honey Ready Go!!!/Trignal
02.Darling/Trignal
03.恋つぼみ/Trignal
04.SPACE ROMANCER ~2013年夢中の旅~/CONNECT
05.My Kingdom has come/CONNECT
06.Hands up/柿原徹也
07.Cheers!!/柿原徹也
08.Positive Fighter/岡本信彦
09.Sniper/岡本信彦
10.エンジェルマン/神谷浩史
11.verlasting/神谷浩史
12.Spring moment/神谷浩史
13.ファンキー☆トゥナイト/浪川大輔
14.ファンキー☆フィッシング/浪川大輔

<トーク1>
CONNECT、神谷浩史、浪川大輔、柿原徹也、岡本信彦、Trignal

15.Call My Name/柿原徹也
16.運命の引力/柿原徹也
17.シンデレラモラトリアム/CONNECT
18.コネ☆セン/CONNECT
19.永遠時計/岡本信彦
20.愛の花束/岡本信彦
21.towards the tomorrow/Trignal
22.初雪/Trignal
23.Such a beautiful affair/神谷浩史
24.GUILTY/神谷浩史
25.Hand in Hand/浪川大輔
26.マボロシ・ファンタジスタ/浪川大輔
27.String of pain/柿原徹也
28.Eternal screaming/柿原徹也
29.nonstop/岡本信彦
30.グッドラック/岡本信彦

<トーク2>
岡本信彦、Trignal

31.SUMMER MAGIC/Trignal  
32.ジキルとハイド/浪川大輔
33.HEY!!!/浪川大輔
34.夕焼けセレネイド/CONNECT
35.エスパーVSリッチマン – THE POWER OF THE WORLD -/CONNECT
36.絶対鈍感あまのじゃく/CONNECT
37.Say Hello/CONNECT
38.Always Kissing You/神谷浩史
39.イイカンジ/神谷浩史
40.ハレのち始まりの日/神谷浩史

<アンコール>

01.未来スケッチ/岡本信彦 
02.ocean flying/柿原徹也
03.PARTNER/神谷浩史
04.PARTY☆ビート/Trignal
05.Lonely Day/CONNECT
06.UTAO/浪川大輔

<全員挨拶>
CONNECT、神谷浩史、浪川大輔、柿原徹也、岡本信彦、Trignal

07.Get Together!/Kiramune☆All Stars (KMF2013)
08.EVER DREAM/Kiramune☆All Stars (KMF 2013)