悠木碧が歌とトークでプチアルバムを紹介!『「メリバ」発売記念イベント~みんなのためにホワイトデーつぶしてみた。~ 』レポート

By saeki, 2013年3月26日


2013年2月13日にリリースされた、悠木碧の2ndプチアルバム『メリバ』の発売記念イベントが3月16日(土)、都内で開催された。
当日は、初回盤に付属するシリアルナンバーで応募し、当選したファン計約500名が参加、歌やトーク、お渡し会で楽しんだ。
ここでは午後の部(2回目)の模様をお届けしよう。

 

イベントが開始されると、早速「ポポン…ポン!」を挨拶代わりに披露。
ファンから大きな拍手が上がった。
この後は「たくさん話を聞いてくれて、私の意思を尊重してくれた」(悠木)というフライングドッグの佐藤ディレクターと一緒に『メリバ』についてのトークに。
アルバムをつくるにあたって、まず悠木自身が各曲の主人公とその設定を考えていったという。「収録曲5曲とも違う主人公です。彼女たちの細かい性格設定や生い立ちなども決めていました。。声優としての活動が土台になっているので、どうしてもキャラクター制作を重視してしまって(笑)」と語り、佐藤Dは「『こうしたいです』とビジョンがはっきりしているからすごく作りやすいんです」と絶賛。

そして、悠木さんの大好きな新居昭乃さんに楽曲制作をお願いした際のエピソードについて「『私のパーソナルな部分を知りたい』とおっしゃってくださり、初対面なのに1対1で2時間くらい話す機会をいただきまして。幸せな時間だったのですが、すごく緊張してしまって。私自身のパーソナルな話はそこまで深く話さなかったんですが、歌詞が上がってきたら『こんなところまで見てくださってたんだ』というところまで盛り込まれていて『プロってすごいな』と改めて思いました」と語った。

また、「私の頭の中にある映像イメージやキャラクター設定が音に乗る、というのはすごいことです。そして『聴けば聞くほどいろんな音が楽しめるんです。と、音についてのインプレッションも語った。

 
ここからはジャケットやPV撮影時のメイキング映像を観ながら、制作時の裏話を公開。
ウエストのしまった衣裳が多いというくだりでは、「普段衣装を着るときは、スタッフの方に『殺す気で(帯を)締めてください』
と言っているんです(笑)」というこぼれ話を披露、
「PVの中で踊っているダンスですが、振り付けの先生が現場にきてくれて、練習しました」
など、興味深い話が次々に飛び出した。

今後の野望(目標)を聞かれると「『全国ツアー』です!」と力強く宣言。さらに「ミニアルバムを2枚出したんだから、次はフルアルバムを出しちゃう!?」と客席に問うと、大きな拍手が上がった。

その内容については「2枚のミニアルバムでもまだ描けていないものがいっぱいありますし、今回のアルバム「メリバ」で初めて登場させたキャラクターの子達もいるので、そこをもう少し掘り下げたいと思います!」と語った。

また、ライブでは「特製の大型サイリウムを作りたいです。また、周りの皆さんの意見を聞いて『これは面白い!』と思ったものをどんどん詰め込んでいきたいです!」と元気に語った。
最後は「Mon Ciel Bleu~わたしのあおいそら~」を歌唱。キュートなダンスと歌で客席を魅了し、イベントは終了。
そのままアルバムのオリジナルポスターのお渡し会に突入し、ファンとの交流を楽しんだ。

 

<Text・Photo/ダンディ佐伯・Photo/塚越淳一>

●フライングドッグ 悠木碧 アーティストサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/flyingdog/-/Artist/A023992.html
●公式ブログ
http://aoitown.com/cgi-local/aoiblog/diary.cgi