高森奈津美、阿部 敦が制服姿で登壇!『Another』先行試写会開催

By saeki, 2012年1月16日


北日本放送ほかで現在好評放送中のアニメ『Another』の先行試写会が2011年12月26日(月)、都内で行われた。

第1話の先行上映後は見崎 鳴役の<font style=”color:#cc0033;”>高森奈津美さん、榊原恒一役の阿部 敦さん、原作者の綾辻 行人さん、水島 努監督、脚本担当の檜垣 亮さん、P.A.WORKSの堀川憲司さん、そして主題歌を担当したALI PROJECT宝野アリカさんが登壇。作品に関するトークを繰り広げた。

まずはキャストの二人が制服姿で登場。阿部さんは「物語を見たとき『これは面白い!』と思いました。物語の雰囲気に沿って、役になりきって演じました」、高森さんは「感情を出し過ぎないように、また、視聴者に『鳴って何者なんだろう?』と感じてもらえるように演じています」とコメントした。

ここでさらにゲストが登場。
綾辻先生は映像アニメ化が決まったことについて「好きなものを好きなように書いた小説なので、アニメ化という展開は意外でした(笑)。作品が色々な人を巻き込んでいく感覚です」。
堀川氏は「姪に『最近読んだ面白い作品』として教えられました。スタッフの中には水島監督のファンが多く、監督からも『新しいジャンルに是非挑戦したい』と快諾して下さいました」 とコメントした。
その水島監督は「じわじわとくる恐怖が良いと思いました」とコメントしつつ「観るよりも作る方が怖くないと思ったので(笑)」と茶目っ気たっぷりの発言も。
檜垣氏は「私は綾辻先生のファンで、映像化する際にかなりのプレッシャーがありました。ここでは話せないようなネタも色々と考えました(笑)」と裏話を披露した。

OPテーマ曲については、綾辻先生との親交も深い宝野アリカさんは「綾辻先生からは『好きに作ってください』と言われましたが、自然とミステリ・ホラーよりの楽曲になりました。歌詞にもそのような意味が込められています」とコメントした。

また、キャスト選びの決め手となったポイントについて堀川氏は「鳴はセリフが少ないので、初々しさが表現できるかどうか、という部分に注目しました。高森さんは肝のすわっていたところも良かったです」、水島監督は「今回は、実際にいそうな、現実味のある声を出せる声優さんがいいな、と考えました」とそれぞれ語った。

そして今後のストーリーの展開について、次のようにコメントされた。
「球体関節人形がキーポイントです。今後ストーリーに深く関わってくることになると思いますので注目してください」(阿部さん
「台本を読むと、鳴の魅力が回を追うごとに増している感じがします。恒一やクラスメイトとのやりとりも楽しんでいただけると思います」(高森さん
「川で言うと、まだ『滝の上のほうを流れている』状態です。今後どうなっていくのか楽しみにしていて下さい!」(水島監督
「静かに恐怖が忍び寄る雰囲気が全体に漂っています。また、原作をご覧になった方の足元をすくうようなストーリー展開になっていると思いますのでこちらも注目して下さい」(檜垣氏
「今後どんどん鳴の魅力が加速してきます。我々が狙っているクオリティのものができていると思います」(堀川氏

綾辻 先生が「ホラーでありつつも、邪悪なモノが出てくるような物語じゃないところが新しいかも」と語る今作。一風変わったミステリ作品を楽しんでみてはいかがだろうか?

<Text/ダンディ佐伯>

<インフォメーション>
TVアニメ『Another』

北日本放送 毎週(月)25:35~
KBS京都 毎週(火)25:00~
テレビ埼玉 毎週(火)25:05~
tvk 毎週(水)25:45~
TOKYO MX 毎週(水)26:00~
TVQ九州放送 毎週(水)26:48~
岐阜放送 毎週(木)25:45~
三重テレビ 毎週(木)26:50~
サンテレビ 毎週(木)26:05~
チバテレ 毎週(金)25:30~
好評放送中!

●アニメ『Another』公式サイト
http://www.another-anime.jp/

【関連記事】
・阿部 敦、金元寿子、植田佳奈も登壇!スクウェア・エニックスの新作アーケードゲーム『ガンスリンガーストラトス』特別内覧会レポート
http://repotama.com/2012/01/11813/
・ドラマCD『あかやあかしやあやかしの』キャスト発表!!
http://repotama.com/2011/12/11426/