因果役・豊崎愛生ら登壇!坂口安吾作品を大胆に翻案した意欲作「『UN-GO』先行試写会」午前の部レポート

By saeki, 2011年10月6日


新アニメ『UN-GO』が2011年10月13日(木)より「ノイタミナ」ほかにて放送スタート! 今作は作家・坂口安吾が明治時代を舞台に描いた『明治開化 安吾捕り物帖』を原案にしつつ、設定
を近代へシフトさせた大胆な「探偵もの」作品となっている。
その本放送に先駆けて10月2日(日)、都内で先行上映会が開催された。午前の部では上映に先立ち、水島精二監督、脚本担当の會川 昇さん、因果役の豊崎愛生さん、海勝梨江役の山本希望さんが登壇。作品について語った。

―『UN-GO』という作品ができた経緯を教えてください。
水島監督:フジテレビの山本幸治プロデューサーから色々なキーワードを投げかけられまして、その中に「坂口安吾」がありました。

會川さん:明治維新から戦後の混乱期まで、「長いスパンで歴史を見てきた」という意味でタイトルを付けました。現代に通じる社会的なエピソードを描いていきたい、という思いがあります。

―登場人物についてお聞かせください。
水島監督:主人公・結城新十郎の助手である因果は秘密をたくさん持っている男の子です。

豊崎さん:私はレギュラーアニメでの男の子役は初めてなんです。因果は果たして何者なのか? 皆さんにも是非考えて欲しいと思います。

水島監督:海勝梨江は作中で新十郎と相対する海勝麟六(CV:三木眞一郎さん)の娘で、物語に色々と絡んできます。

山本さん:梨江は想像していたのと違い、お嬢様なのに活発、という印象を受けました。監督には「素の演技でいい」と言われました。最初は自分とは似ても似つかないお嬢様、という感じでしたが、今ではかなり近い存在になっていると思います。

―新十郎役に勝地 涼さんを起用した決め手は?
水島監督:以前、別作品で一緒に仕事をした経緯もありますが、心に違和感を持ちつつも物語が進んでいくところ、また、作品にアウトローな雰囲気を持ち込んでくれそうなところが合っているな、と。それに新十郎と年齢が近かったのも大きいですね。

ここで、舞台公演のために会場に来られなかった勝地さんよりビデオメッセージが送られた。

勝地さん:新十郎は一見冷静に見えますが、アツい心を持っている人物です。相棒の因果には「只者ではない」雰囲気を感じますね。

これを受けたキャストの二人が、勝地さんのアフレコ現場での印象を語った。

豊崎さん:他のキャストさんのいるアフレコ現場は初めてだとおっしゃっていましたが、ムードメーカー的存在で「明るい新十郎」というイメージです。

山本さん:いつも身体を動かしてウォーミングアップしていらっしゃいます。すごく熱い方です!

―最後に、番組をご覧になる皆さんに一言お願いします。
會川さん:2時間ドラマなどで、犯人が分かってしまうことがよくありますが、その苦労が今回よく分かりました(苦笑)。

水島監督:スタッフ一同頑張っております。物語はもちろん、音楽もすごく良いので是非注目してみてください。

山本さん:『UN-GO』に関わる全ての人が心をこめて作りました。独特な世界を堪能して下さい。

豊崎さん:このような素敵な役をやらせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。毎週悩んで、考えて、ぶつかって……を繰り返しながら演じています。推理部分もそうですが、人の心の揺れ動き方や、どうして事件が起こってしまったかなどの部分も巧妙に描かれていますので、是非その部分を感じてほしいと思います。

なお、劇場上映版『UNGO- episode:0 因果論』が11月19日(土)、全国のTOHOシネマズにて2週間限定でレイトショー上映される。TVでは観ることができないオリジナルストーリーとなっており、こちらも注目だ。

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

(C)「UN-GO」製作委員会

<インフォメーション>
TVアニメ『UN-GO』(アンゴ)
2011年10月よりフジテレビ“ノイタミナ”にて放送決定!
原案:坂口安吾『明治開化安吾捕物帖』
監督:水島精二(『鋼の錬金術師』『機動戦士ガンダム00』)
ストーリー・脚本:會川昇(『鋼の錬金術師』『轟轟戦隊ボウケンジャー』)
キャラクターデザイン:pako(『スカーレッドライダーゼクス』)
高河ゆん(『機動戦士ガンダム00』『LOVELESS』)
音楽:NARASAKI (『ザ・クイズショウ』)
アニメーション制作:ボンズ

制作:「UN-GO」製作委員会

●番組公式サイト
http://www.un-go.com/

●公式ツイッター
@noitamina_ungo  

【関連記事】
・『UN-GO』に水島精二×會川昇×paco・高河ゆんが集結!!
http://repotama.com/2011/07/1787/
・キャストもアーティストも新着情報も満載!『TBSアニメフェスタ2011』レポート
http://repotama.com/2011/09/6794/
・10月のタワレカードに映画「けいおん!」登場!!
http://repotama.com/2011/09/6869/