前代未聞!? 台本真っ白の新番組『アドリブアニメ研究所』10月15日放送開始!

By saeki, 2011年9月15日


アニメやドラマで台本にないセリフを盛り込む技法である「アドリブ」。その「アドリブを研究し、アドリブで演じること」を使命とする加藤英美里さん、福原香織さん、二人の人気声優がお送りする、新感覚番組が誕生! 事前に全編アドリブで収録したものをプレスコ形式でアニメ制作する、という企画。
このマスコミ向けの収録現場取材が、第一回の収録後に行われた。第一回のゲストである櫻井孝宏さんとともに、番組の魅力について語ってくれたぞ。 

―収録の感想をお聞かせ下さい。

福原香織さん(以下、福原):台本を見たり、打ち合わせをしても、やってみないと正直分からないことばかりだったのですが、加藤さんや櫻井さんに助けていただきました。オンエアされるのはドキドキしますが、自分自身ももっと成長していきたいと思いますし、ゲストの皆さんともうまく絡めれば、と思います。

加藤英美里さん(以下、加藤):今までのアドリブは、台本にあるセリフ+αという形だったのですが、アドリブのみでストーリーを作り上げるのは初めてだったので大変でした。
1回目にして一皮むけた気がします(笑)。今回の演技にどんなアニメーションがつくのかも、とても楽しみです。

櫻井孝宏さん(以下、櫻井):栄えある第一回のゲストとして呼んでいただけて光栄です。研究員の二人が毎回ゲストをどういじってくれるのか、はたまたイジられるのか? 楽しみです。皆様から励ましのお便りを送っていただけると二人も嬉しいと思いますので、よろしくお願いします。

―実際に掛け合いをしてみていかがでしたか?

福原:アドリブをこんなに行うことは普段なかなかありませんので、もし変化球が飛んできたらうまく返せるか? ドキドキでした。櫻井さんが1回目のゲストで本当に良かったです。

加藤:自分でハッキリとアドリブを考えて行うことはなかったので緊張しましたが、櫻井さんが先生という立場でツッコミを入れて下さったり、言葉のキャッチボールをうまくやってくださり、本当に助かりました。

櫻井:二人ならまだしも、三人になると幅が広がってしまいとても難しくなってしまいます。収録する時のシチュエーションが、お互いに向き合いながらでしたのでとても刺激的でした。二人とも、とても度胸があると思いましたし、是非観てほしいと思います。

―先輩の櫻井さんからお二人に一言お願いします。

櫻井:ゲストによって毎回仕切りも変わってくると思いますので、ゲストをどう導くのか、はたまた料理されてしまうのか? 個人的にとても楽しみです。ゆくゆくは白衣が似合うようになってください(笑)。

―最後に、ファンの方に一言お願いします。

福原:色々な意味で新鮮な番組になっていると思います。動いている私たちを見て喜んでくださる人もいると思いますし、地デジなのでキレイに映ると思いますので(笑)、是非観てほしいと思います。

加藤:アフレコ最中の動画は皆さん観たことがあるかと思いますが、どんな表情でアドリブをしているのかというのを観てほしいです。

櫻井:人生は、常にアドリブのようなものだと思います。ですので、この番組を観て人生の役に立てて下さい(笑)。

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

<インフォメーション>
『アドリブアニメ研究所』

10月15日(土)24:30~ BSフジにて放送開始

<キャスト>
加藤英美里(主席研究員No.001)
福原香織(主席研究員No.002)

ゲスト研究員

☆楽曲情報
加藤英美里&福原香織「タイトル未定」
作詞:畑 亜貴、音楽制作:MONACA

【舞台設定】
ここは高天原、八百万の神々がおわす天の庭。
下界の人々の幸せのため、見習い神様の風神・雷神は今日も神様訓練学校で勉学に励んでいる。
風神・雷神は、民を導く尊い「神通力」を身につけることができるのか……!?