『にゃんぱいあ-The Animation-』放送開始イベントレポート

By for girls, 2011年8月3日


TVアニメ『にゃんぱいあ-The Animation-』放送開始イベント
2011年7月10日 【東京】バトゥール東京

2011年7月より放送が開始されたTVアニメ『にゃんぱいあ-The Animation-』の放送開始イベントが、7月10日に行われました。

会場では『にゃんぱいあ』オリジナルの「血ぃくれにゃソーダ」と「血ぃくれにゃコーラ」をフリードリンクとして提供。「血ぃくれにゃソーダ」は、底にある赤いシロップとソーダを混ぜると、にゃんぱいあが大好きな赤い飲み物に変身、ストローも十字架になっているこだわりのオリジナルドリンクです。

 

「みんな、来てくれてありがとにゃ」。にゃんぱいあの声と共に、にゃんぱいあとまさむにゃの着ぐるみが登場。
大勢のお客さんを前に緊張するまさむにゃをリラックスさせようと、マッサージするにゃんぱいあ。まさむにゃも、お礼に下心を込めてマッサージをしてあげようとするけれど、あっさり断られてしまいます。着ぐるみになっても相変わらずです。
ひとしきり2匹でじゃれあった後、「階段は苦手」「スタッフさん手伝って~」と可愛くつぶやき、スタッフさんに助けられながらステージを下りた着ぐるみ達。代わって司会の鷲崎健さんが登場し、本日出演するキャスト陣を呼び込みました。

にゃんぱいあ役 小清水亜美さん、独眼竜まさむにゃ役 杉山紀彰さん、にゃてんし役 福山潤さん、茶々丸役 後藤邑子さん、毛利くん・小森くん役 前田希美さんが会場後方にある2階へと繋がる階段から姿を見せると、大きな拍手と歓声が。

まずはそれぞれ自己紹介とキャラクター紹介。一番盛り上がったのは、まさむにゃの話題でした。
杉山さんが「にゃんぱいあが女の子だと気づきながらも、可愛いなと思って、いけない道に入りかけている武将にゃんこです」とまさむにゃを紹介すると、そもそもまさむにゃの出自は? という話に。
瀕死の猫がヴァンパイアの洗礼を受けて“にゃんぱいあ”に、天界でいけないことをして堕天して“にゃてんし”に、“こうもり”のこもりともうりで“小森くん”と“毛利くん”。なぜか武将猫なまさむにゃは、キャスト陣からコスプレイヤーなコスプレ猫にされてしまいました。

 

■フリートークコーナー

声優としての仕事は3回目、まだまだ初心者だと言う前田さんに、福山さんは「でも彼女は一番難しいことをやっているんですよ」とフォロー。内容が詰まっていて、一役しか演じていない自分達でも大変なのに、前田さんは一人二役を、同時に演じていることに、共演者達は感心していました。

にゃんぱいあにちなんで、犬派? 猫派? の質問。前田さんが「犬飼ってます。猫も好きですけど、犬の方が好きです」と手を挙げると、福山さんも「僕も犬です。プードル飼ってます」。続いて小清水さんも「チワワとプードル」と、キャスト陣は犬派優勢で、『にゃんぱいあ』ではなく『わんぱいあ』に。

吸血鬼と言えば不死。「永遠の命を手に入れたら、どんなことがしたいですか?」の質問には、後藤さんが「たくさん時間があるんだとしたら、何十年かはすごく良い人として生きてみよう、鬱憤が溜まったら、次の何十年かはすっごく悪い人で生きてみたいと思う」と、永い命を活かした答え。杉山さんは「世界中を旅してみたいですね」と夢のある答えを出していました。鷲崎さんの「歩いて旅をして、自分だけの地図が作れる」という案に福山さんが「俺は平成の井伊直弼だ!」と叫ぶと、すかさず後藤さんから「ちょっと待って。伊能忠敬じゃないかな」の突っ込み。

終始賑やかなトークコーナーでした。

■生アフレコ

生アフレコは、TVアニメ『にゃんぱいあ』の脚本を担当している高橋ナツコさんの書き下ろしストーリー。
にゃんぱいあ、まさむにゃ、にゃてんし、茶々丸、小森くん、毛利くんが総出演です。

前田さんは今日が人生で初の生アフレコ。福山さんが「俺も!」と手を上げると、鷲崎さんが「お前は違う(笑)」と一刀両断。会場は大爆笑でした。

七夕の日の願い事について話していた、にゃんぱいあ達。そこへ突然、偽にゃんぱいあが現れました。どちらも自分が本物だと言うにゃんぱいあと偽にゃんぱいあに、茶々丸が出した課題は早口言葉。にゃんぱいあなら早口言葉が得意なはず、ということで挑戦した結果は、早口言葉が上手く言えなかったにゃんぱいあの勝利でした。早口言葉は茶々丸の引っかけで、実はにゃんぱいあの特技ではなかったのです。無事ににゃんぱいあが本物と認められたものの、それなら偽にゃんぱいあの正体は?

明かされた正体は、東芝が開発した高品質音声合成クラウドサービス「ToSpeak」。事前に録音したものを再生したのではなく、リアルタイムで音声を出していました。
試しに何か喋らせようと会場にリクエストを募ると、返ってくるのは「ボロ雑巾」「泥棒猫」などの、可愛くない言葉ばかり。それでも「ボロ雑巾♥」と可愛く喋っていた偽にゃんぱいあが突然「もう終わりにしようにゃ」と言い出して、生アフレココーナーは終了しました。

 

■スペシャルゲスト登場

会場に流れる主題歌に合わせて登場したのは、シークレットゲストのあそうにゃつこさん。
歌いながら会場中を走り回ります。ネコミミと赤い十字架のネックレスは、アニメのエンディングそのもの。
続いて、主題歌の振り付け担当、KABA.ちゃんも登場。普段テレビで見る姿とは、髪型がかなり違います。
「あそうにゃつこです。モンスターです」と自己紹介するあそうさんに、鷲崎さんは「若干KABA.ちゃんの方がモンスター感が出てますよね」と苦笑い。
KABA.ちゃんが「メイクさんに猫っぽくしてって言ったら、ライオンぽくされちゃったの」と髪型の説明をすると、会場からも笑いが上がりました。

主題歌のアーティストと振り付け師が揃ったところで、会場全員でパラパラ部分の「にゃんぱら」にチャレンジ。
楽しく、健康がポイントの振り付けは、意外とハードで、完璧に踊れる人もいれば、途中で脱落する人もいました。

 

■エンディング

ラストは出演者全員がそれぞれ一言ずつコメント。
KABA.ちゃん「にゃんぱいあ体操、是非歌を覚えて楽しく踊ってください」。
にゃつこさん「にゃんぱいあ体操は8/24発売です。よろしくお願いします」。
前田さん「『にゃんぱいあ』はすごく面白い話だし、キャラクターもめちゃくちゃ可愛いです。私も色々愛用しているので、是非そっちの方もチェックしてみて下さい」。
後藤さん「アニメを収録している現場もいい意味で緩くて、アットホームな雰囲気になっているので、それが伝わるアニメになっているんじゃないかと思います」。
福山さん「この作品のキャラクター達が国民的なキャラクターになるんじゃないかと、魂を込めてやっておりますので、皆さん盛り上げて下さい」。
杉山さん「にゃんぱいあのグッズはみんなに愛されて、どんどん増えつつあります。アニメーションも始まり、まだ色んなエピソードやキャラクターが出てくるので、応援していただいて、ここにいらっしゃる皆さんと、演者と制作の方々と、みんなで『にゃんぱいあ』を盛り上げて行けたら嬉しいなと思います」。
そして最後に小清水さんがキャラクターの口調で、「僕には夢があります。ちまたではご当地で色々やってるじゃないですか。僕もやりたい! ご当地にゃんぱいあを目標に頑張って行きたいと思いますので、皆さん清き一票を!」と宣言し、イベントは終演となりました。

 

<photo・text/添田由美>

<アニメ放送情報>

タイトル:『にゃんぱいあ-The Animation-』
放送日:
キッズステーション 毎週水曜日 午後10:54
GyaO! 毎週木曜日 午前0:00
原作:yukiusa/GLAD(主婦と生活社 PASH! / ね~ね~ 連載)
スタッフ:
監督・キャラクターデザイン 吉松孝博
シリーズ構成 高橋ナツコ
アニメーション制作 GONZO
CAST:
にゃんぱいあ(CV:小清水亜美)
独眼竜まさむにゃ(CV:杉山紀彰)
にゃてんし(CV:福山潤)
茶々丸(CV:後藤邑子)
毛利くん・小森くん(CV:前田希美)
美咲ちゃん(CV:廣田詩夢)
ヴァンパイア(CV:立花慎之介)
主題歌:
「にゃんぱいあ体操」 
 歌 あそうにゃつこ&ニャダイン/作詞・作曲・編曲 前山田健一
 体操振り付け KABA.ちゃん





公式サイト http://www.nyanpire.jp/

©yukiusa/GLAD・にゃんぱいあ製作委員会