竹達と能登が、茶道の極意に迫る!? 『東京自転車少女。』

By for girls, 2011年7月26日


竹達と能登が、茶道の極意に迫る!? 『コミック アース・スター』8月号付録ドラマCD『東京自転車少女。』よりコメント到着。

現在発売中の『コミック アース・スター』8 月号の付録CD には、『東京自転車少女。』のオリジナルボイスドラマ第3 弾が収録されている。
キャストは、第1 弾・第2 弾に引き続き、東京とオシャレチャリンコに憧れる主人公・島野いるか役に竹達彩奈さん、そして今回から初登場となる、あふれる母性が魅力の自転車天使部部長・松竹梅雪見(しょうちくばいゆきみ)役に能登麻美子さん。

そんな『東京自転車少女。』の収録現場から、キャストコメントが届きました。

また、8月12日に発売される9月号の付録ドラマCD 、夏コミのアース・スターブースで配布される「豪華CD付き無料冊子」にもそれぞれ、竹達彩奈さん、能登麻美子さん、戸松 遥さんらが出演する「ボイスドラマ『東京自転車少女。』」の特別編が収録されます。


――まず、キャラクターを演じたご感想をお願いします。

竹達彩奈(島野いるか役):いるかちゃんは回を重ねるごとに暴走していってる気がします。
最初はちょっと元気な天真爛漫な子だったんですけど、今回に至ってはもう「東京暴走少女。」みたいな!
穏やかな雪見さんが相手でよかったなあと思いました…でも、雪見さんのせいで、暴走したんですけど(笑)。
天真爛漫ないるかちゃんを見ることができて大変嬉しかったです。

能登麻美子(松竹梅雪見役):今回の台本は、雪見ちゃんがとーってもたくさんの難しい茶道用語を説明しておりまして…(笑)。『私はこの物語を回せるんだろうか』と、すごく不安だったんです。でもいるかちゃんと絡む事によって物語がぐ~んぐん動いていくんですよね。一気に楽しい収録になりました。
雪見さんはすごく母性の塊みたいな女性だなって感じました。それが原因でいるかちゃんが暴走するっていう構図が面白いですよね。私は最近お姉さん的な役柄をやらせていただく事が多いんですけど、雪見ちゃんとはそれを超えてむしろお母さんのような(笑)、あたたかさのあるキャラクターでした。
演じがいがあって、またやりたいなあと思わせてくれた役でした。

――自転車に関するエピソードを教えてください。

竹達: 私は基本的に住宅街とか家の周りを自転車で走らせる事が多いんですけど、そういうのどかな場所って、子供が無邪気に遊んでいるんですよね。
子供達が『わ~い』って道路を走り回っていると、通りたいけれどベルを鳴らすのも可哀相な気持ちになって、5分位、ず~っとそこで止まって待っていました(笑)。子供達がへたれこんだ瞬間に『ごめんね、ちょっと通るね』って言いながら、自転車を押して通るっていう感じでした (笑) 。

能登:優しいね~。

竹達:いやいやいやいやいや~、大人がしっかり見ていてあげなきゃと思って (笑) 。
能登:自転車だととても遠くまで行けるんですよね。だから自転車移動にしようかと思った時もあったんですけど、ママチャリだと止める所がなくてあきらめました。
一時期、ロードバイクにあこがれていたんですけど、まだまだママチャリ止まりですね。


――今後、「東京自転車少女。」でやってみたいことを教えてください。

竹達:CDのいるかちゃんは、他の3人とそれぞれ別のシーンでかけ合ってはいるんですけれど、みんなで一緒にっていうドラマがまだないんですよね。
だから『4人で集まって、自転車のパーツとかを一緒に集めて…』みたいな、みんなでワイワイってい
うドラマをやれたらいいなって思います。

能登:私も4人でかけあえたら楽しいなっていうのは、彩奈ちゃんと一緒で思いました。
あと『これを聴くと自転車が100倍好きになる!』みたいな自転車講座とか(笑)。リスナーの方が『明日、自転車買おうかな』って思いたくなるような自転車講座をやれたら面白いかなって思いました。

竹達:うん、いいないいな。

――最後に、ファンのみなさんへメッセージをお願いします。

竹達:早いもので、もう3回目のドラマCD です。ずっといるかちゃんを演じさせていただけて本当にありがたいと思っております。そして応援してくださって、聴いてくださる皆様に、本当にありがとうございますの気持ちでいっぱいです。
毎回新キャラが出てきて、やる度に色んなドラマが生まれて、いるかちゃんの暴走が生まれて(笑)。
本誌とはまた違った展開で繰り広げていくので、ドラマCD ならではの魅力を皆さんに楽しんでいただけたらと思います。

能登:ドラマCDに出させていただいて、とても嬉しくありがたく思っています。
今回のCDは、ワビ・サビというか(笑)、タメになる内容です。
すごく勢いがあるというか、スピーディーというか、読むと気持ちが上がってくるような作品だなという印象を受けました。
そういうエネルギーをドラマCD でも出して、読者の方に楽しんでいただけたらと思っています。

<月刊コミック アース・スター8月号>
2011年7月12日発売好評発売中)
豪華付録ドラマCD付き/予価500円(税込)

<夏コミ出展情報>
2011年8月12日(金)~14日(日)
東京ビッグサイト 西4 ホール/ブースNO.327
配布物:豪華CD付き無料冊子

公式サイト http://comic-earthstar.jp/