『うた☆プリ』第1話プレミア上映会 キャスト&スタッフインタビュー

By for girls, 2011年7月22日


2011年6月18日に開催された『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』第1話プレミア上映会後に、イベントに出演された皆さんからコメントをいただきました!

コメントをいただいたのは、一十木音也役 寺島拓篤さん、四ノ宮那月役 谷山紀章さん、一ノ瀬トキヤ役 宮野真守さん、音楽プロデューサーの上松範康さん(Elements Garden)です。


――昨年6月にゲームが発売されてから早1年。『うた☆プリ』がアニメ化とお聞きになっていかがでしたか?

寺島:ゲーム・音楽・役者チームがひとつになって作り上げた『うた☆プリ』に、アニメチームが入るとどうなるのかな……とドキドキしました。でもそのドキドキは、1話を観て「次回はどうなるんだろう?」という、とてもうれしいドキドキに変わりました。それはきっと、ファンの皆さんも同じなんじゃないかと思います。
谷山:アニメ化はとても喜ばしいことなので、感慨もひとしおでした。だから、その分気合も入っています! 今日のお客様たちからもアニメへの期待がひしひしと感じられて……。きっと皆さん、帰ったら今日の感動を広めてくれるんじゃないかな。
宮野:原作のゲームでもテーマソングを担当させていただいていたので、『うた☆プリ』は僕にとってすごく思い入れの強い作品なんです。
さらに、アニメでも主題歌を担当させていただけることになりました。今回の主題歌『オルフェ』では宮野真守の新しい部分を引き出していただいて、それを毎週皆さんにお届けできるのが本当にうれしいです。
上松:ゲームの企画段階から携わらせていただき、スタッフが一丸となって、アニメ化を目標にがんばってきたので、本当に感慨深いです。ゲームのスタッフからアニメのスタッフにバトンタッチをする際、絶対に妥協はしたくなくて「こういう作品にしたい」という思いをゲームサイドからアニメサイドに強く伝えた結果、
出来上がったのがアニメの『うた☆プリ』なんです。

――本日、1話とお客様の反応をご覧になっての感想をお願いします。

寺島:こんなに頑張って、作画チームは大丈夫なのかと心配になるくらいでした。春歌が歩いているシーンで、一歩踏み出すごとに髪を揺らさなくても……って。
谷山:観方が細かい(笑)!
宮野:玄人の観方ですねー(笑)。でも本当に絵がきれいでした。
寺島:倉花さんの絵は止め絵だからこそ映えると思い込んでいたのですが、あの絵がそのまま動くというのは本当に衝撃的でした。
谷山:批評家か!? しかも的確だし(笑)!
宮野:分析が頼もしい(笑)!
寺島:早乙女学園の敷地の広さにもおどろきましたね。山はあるし、校舎はお城みたいだし、家畜まで飼っていて。きっと視聴者の皆さんもびっくりされると思いますよ。個人的には、1話を見て「音也の声高いな!」って思いました(笑)。
宮野:自分の声なのに?
寺島:自分で演じたのに、想像以上に高い声でびっくり(笑)。
谷山:拓篤くんじゃないんですが(笑)、想像を超えたクオリティに驚きました。あとは、那月のギャグシーンにびっくりしました! ゲーム画面は決まった立ち絵と背景の組み合わせで構成されているので、アニメになって改めて、那月は意外とギャグで動かしやすいキャラクターなんだなと実感しました。
宮野:僕も早乙女学園の豪華さがどう表現されるのかなと思っていましたが、どこもかしこも想像以上にゴージャスになっていて。こんな学校に通ってみたい! そして、毎話スポットがあたるキャラクターには歌を披露するシーンがあるんです。1話ではHAYATOが歌うんですが……まさか空から降ってくるとは(笑)。
全員 (笑)。
宮野:空から降り注ぐHAYATOの歌声。そして、HAYATO自身も空から――というのは想像以上でしたね。今日は僕らもドキドキしていましたが、お客様もドキドキしてたんじゃないかな。ゲームで親しんできた『うた☆プリ』キャラがアニメでどう動くのか、どう活躍していくのか……すごく期待してくださっていたと思います。
上松:今日の上映が終わったあと、皆さんの目がとても輝いていたのが印象的でした。「アニメ、よかったよ」っていうのがこちらにも伝わってきて……。ゲームファンの方にはぜひアニメも楽しんでいただきたいし、アニメから入ってくださった方にはゲームもおもしろいと思ってもらいたい。スタッフが力を入れて臨んだ事が伝わっているんだぁ・・・と感じました。

――最後にアニメ『うた☆プリ』への意気込みをお願いします。

寺島:今回の先行上映をご覧になった方はすでにお分かりかと思いますが、自信を持って皆さんにお届けできる出来になっています!
谷山宮野:説得力あるよね~(笑)。
寺島:なので、今後もぜひ楽しみにしていただきたいです。
谷山:寺島先生(笑)のお墨付きもいただけましたし、これで格がひとつ上がるというか、星がひとつ増える感じですね(笑)。相当いい出来になっているので、『うた☆プリ』に携わるひとりとして本当に幸せを感じていますし、より多くの方たちにこの作品を観て知っていただきたいです。そのためにも、気合を入れて引き続きこの作品に参加していきます!
宮野:ゲームの時はひとりで録っていたので、アニメの収録ではみんなで掛け合ってお芝居をできるのが役者として、とても楽しいです。毎話キャラクターの歌が流れるという特殊な作りで、ストーリー展開も観ていてすごく楽しいので、ぜひ思いっきり楽しんでください!
上松:毎話挿入歌のあるアニメの制作は、なかなか大変なものだと思うんですが、A-1 picturesさんは快く「やりましょう!」と言ってくださって。僕が作詞や作曲した曲もあるのですが、アニメの出来に負けない曲を作るよう心がけているので、そんなスタッフの思いも映像に表れているんじゃないかな……。そして、『うた☆プリ』が広がっていくためには、ファンの方々の力が不可欠です。皆さん、これからも『うた☆プリ』をよろしくお願いします!

『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』放送情報
TOKYO MX・群馬テレビ・とちぎテレビ 毎週土曜24:00~
テレビ愛知 毎週月曜26:00~
MBS 毎週月曜26:50~
AT-X 毎週金曜8:00~/20:00~ 毎週火曜:14:00~/26:00~
ニコニコ動画 毎週月曜27:30~

アニメ公式サイト http://utapri.tv/

©UTA☆PRI PROJECT