[metaslider id=66053]

今井麻美 8thシングル「Hasta La Vista」4月25日(水)発売!!

2012年4月6日

ラテンの風に、情熱をのせて・・ 激しく情熱的な歌声が、ありのままの「今井麻美」の世界へ誘う。 ボリュームたっぷりの3曲を収録したスペシャルなシングル! 声優としてゲーム・アニメ作品の「Steins;Gate・牧瀬紅莉栖役」「THE IDOLM@STER・如月千早役」など幅広いジャンルで活躍している今井麻美。 作品タイアップで歌声を披露することの多い彼女の待望の8th シングルは、新曲3曲にありのままの「今井麻美」を詰め込んだ、自身初の完全ノンタイアップ! 表題曲「Hasta La Vista」は、アイドルマスターでお馴染みの椎名 豪氏が作曲を担当。存在感のある今井麻美の歌唱力が、その情熱的な世界観を忠実に歌い上げる! ジャケットには撮りおろしアーティストジャケット仕様、今井麻美フォト満載の豪華ブックレットも付き、さらに初回特典として告知兼用B2 リバーシブルポスター(撮り下ろし写真)が手に入る! そして、発売記念イベントを東京、大阪、仙台で開催予定。 5月にバースデーライブも決定し、ますます勢いを上げる今井麻美から目が離せない! ◆ 表題曲は、アイドルマスターでお馴染みの椎名豪氏が作曲を担当! ◆ CW曲は濱田貴司氏、森由里子氏、酒井陽一氏、等が担当! ◆ 今井麻美がたっぷり詰まった豪華ブックレット付き! ◆ 初回特典は録り下ろしB2サイズ《リバーシブル》ポスター! 【CD概要】 「Hasta La Vista」 4月25日(水)発売 品番:SVWC-7843 税込¥1,680 発売元:5pb. 販売元:アニプレックス ・Hasta La Vista(作詞:近藤ナツコ、作曲:椎名 豪、編曲:幡手康隆) ・ガーベラ~今年の花(作詞:森由里子、作曲:濱田貴司、編曲:酒井陽一) ・クレッシェンド(作詞:酒井陽一、作曲:濱田智之、編曲:牧戸太郎) ・Hasta La Vista(off vocal) ・ガーベラ~今年の花(off vocal) ・クレッシェンド(off vocal) (C)2012 5pb. 【ライブ概要】 今井麻美 Birthday Live 2012 開催決定! 第3弾ソロライブ「Aroma […]

ブシロード 「しよ子CM 第4弾 ”お花見編”」 ついに完成!

2012年4月6日

株式会社ブシロードは、「しよ子CM 第4弾 ”お花見編”」を放送することを発表した。 単行本も好評発売中の「しよ子といっしょ」作者、「西あすか」のワガママから今回も豪華スタッフがCMを制作!監督はあの山本寛さん、制作はウルトラスーパーピクチャーズが担当。 桜の花びらの舞う中、しよ子とめー君のカードゲームで楽しい日常のひとコマをお楽しみに! ●ブシロード 公式サイト http://bushiroad.com/ (C)bushiroad All Rights Reserved. Illust:西あすか

『麺クイ! -擬人化ら~めん 友情サバイバル-』杉山紀彰、小西克幸、遊佐浩二、小野坂昌也、野島裕史のコメントが到着!!

2012年4月6日

『麺クイ! -擬人化ら~めん 友情サバイバル-』の収録現場より、優しく素直なショウユ役 杉山紀彰さん、こってりしつこく一途なトンコツ役 小西克幸さん、あっさりクールなシオ役 遊佐浩二さん、優しくおっとりしたミソ役 小野坂昌也さん、ら~めん擬人化界の天の声役 野島裕史さんから収録後のコメントを頂きました!! ●ショウユ役、トンコツショウユ役:杉山紀彰さん  トンコツ役:小西克幸さん  シオ役:遊佐浩二さん  ら~めん擬人化界の天の声役:野島裕史さん ――収録を終えてのご感想をお願いします。 杉山紀彰さん(ショウユ役、トンコツショウユ役):久し振りの収録ということで、色々設定を思い出しながら台本をチェックし、収録に臨ませて頂きました。いつもご一緒している皆さんですごくやりやすく、楽しい収録でした。ありがとうございました。 遊佐浩二さん(シオ役):前回と同じくセリフ量の多さは大変でした。前回は割とトンコツと面と向かって対決するような場面が多かったのですが……。 野島裕史様(ら~めん擬人化界の天の声役):麺だけに?(笑) 遊佐:麺だけに(笑)面と向かって対決するシーンが多かったですが、今回は相手を無視するという違った対立の仕方をしておりますので、そのへんが聴きどころです。 小西克幸さん(トンコツ役):まさかこのドラマCDの2枚目が出るとは思っていなかったので、非常にびっくりしたのと、俺大丈夫かな(やり遂げられるかな)、って思ったのが最初だったんですけど(笑)なんとか無事録り終えることができました。前回に負けず劣らず皆で喋り倒しておりますので、もうちょっと出演者が増えて欲しいな、と思いながらやってました(笑)。でも楽しかったです。 野島:先生がどんな声を出していたのか思いだすのが大変でした。ナレーションは作品が不条理系のものなので、自由に遊ばせて頂いたんですけど、遊び過ぎて(笑)。 小西:ちょっと後悔してたね、途中ね(笑)。 野島:そうそう。途中でへこたれそうな喉の使い方をしていたので、第3巻があるとしたらもうアレは使いません。もっと違う遊び方をします。 小西:自分に優しい遊び方をね(笑)。 ――演じられた物語の中で、印象に残ったシーンやセリフなどございましたらお教え下さい。 杉山:そうですね、やっぱりナレーション(笑)……話ももちろんなんですけども!(笑) 今回は第1巻よりも前のお話ということで、もう2作目なのに初めて会う体でお話が進んでいて、そういうところもある種、新鮮で楽しかったです。ラーメン擬人化なのに何故か無人島に行ってたので、通常の学園物とは違う面白さがあったんじゃないかな、と思います。 遊佐:やはりカウントダウンでしょうか。前回の時もそうでしたが、トランス状態になります(笑)誰かが必ず痛い目を見るという(カウントダウンの数字を間違える)。もちろん皆さんにお届けする時にはちゃんとした形になってると思いますが。 小西:これ、ちゃんとカウントダウンになってるんですかね。気になりますけど。 遊佐:収録中にはいつも一騒動あるトラックなので(笑)。 小西:番外編の時に大学生になって、他の麺類の連中がいるぜ、とかパスタとかも皆一緒なんだよ、っていうのが話だけ出てたんですけど、どういう人(麺)たちがいるのかっていうのが気になりますよね。あとミソさんの学生の時も気になりますね。今回はちょっとした設定が見えたので、本編と違うところが逆に気になりましたね、やっていて。 野島:そうですねートンコツショウユですかね。 一同:(笑) 野島:頑張ってた! すごい頑張ってた! 多分あと3年くらい経ったらもう出来ない役かも……あ、でも3年くらい経ったらトンコツショウユも成長するから大丈夫(笑) 杉山:わからない、さらに昔の話になるかも(笑) 遊佐:生まれたての頃とかね。 野島:すごい頑張ってたので、是非聴いて頂きたいなと思います。 ――このCDを聴く前のファンの方にメッセージをお願いします。 杉山:第1巻でキャラクター同士の関係性とか擬人化の設定は皆さんお分かり頂いていると思います。今回は第1巻の昔の話なんですけど、ある種サイドストーリー的な展開のような気もするので、キャラクターの繋がりなんかも含めて楽しんで頂ければと思います。 遊佐:時間軸的には第1巻より前ということなんですけども、実はそれに隠れて第3巻に登場する担々麺・刀削麺・油そばの3兄弟が……。 一同:(笑) 遊佐:第2巻を聴いて頂かないと次がわからなくなるので、是非聴いて頂きたいなぁ、と。 もちろん3兄弟は出てきませんよ! こういうユーモアに溢れる作品です(笑)。 小西:遊佐さんも仰ってたんですけれど、今後の展開が気になるということで。今後もやるんだったら、聴いて下さってる皆さんに頑張って頂いて、我々も頑張りまして、(キャラクターが)じじぃになって棺桶に入るまでやればいいんじゃないかな、と(笑)。 遊佐:のびるまでね。 一同:(笑) 小西:のびきっちゃうまで(笑)割と寿命は短いと思うんですよね、彼らは。そこまでやれたら面白いんじゃないかと思います。 遊佐:どんどんキャラも増えていってね。盛岡じゃじゃ麺とかも増えてきちゃって。 野島:焼きそばとか。 小西:焼きそばも色んな種類のね、越前焼そばとか。ご当地もの。 今後がどうなるかわかりませんが、現在ある1巻と2巻を楽しんでもらえたら嬉しいなと思います。聴く順番としては、2巻の最初のエピソードを聴いてもらって、1巻にいって、それで(2巻の)大学生編を楽しんでもらえたらいいかな。 野島:もちろん1巻を聴いて下さった方もいらっしゃると思いますが、2巻を聴いてこれから聴きたいっていう方もいらっしゃるかと。 遊佐:1巻、意外と売れてるんですって。 野島:へぇ~。おかげさまで2巻が出せるってことでね。で、この2巻もまた皆さんに買って頂いてお友達に宣伝して頂ければ3巻が出るかもしれない。はたまたこれがアニメ化して、その後はハリウッドで実写映画化で(笑)。 一同:(笑) 野島:僕らそれを目指しているので、ぜひぜひ大勢の方に買って頂きたいですね。乞うご期待!(笑) ――ありがとうございました。 ●ミソ役:小野坂昌也さん ――本編ドラマで新しい展開を迎えましたが、収録を終えてのご感想をお願いします。 小野坂昌也さん(ミソ役):新しい展開!? 新しい展開ないでしょうよ、俺(ミソ)は!(笑) ――全体的なことでも大丈夫ですので。 小野坂:全体的なことねぇ……子供が出来たあとどうするつもりなんだろう。子供が出来て、この先恋愛とかもうなくなっちゃうじゃん。これはBLのCDじゃないですか、元々は。なのに子供が出来ちゃったから、もう先が無いでしょ。 一同:(笑) […]

『劇場版ストライクウィッチーズ』激レア賞品抽選会付き!! 絶叫上映会(条件付き) 開催決定!

2012年4月6日

現在大ヒット上映中の『ストライクウィッチーズ 劇場版』ですが、GWに合わせて、絶叫上映会を開催することが決定! しかし! こちらの上映会は、150名以上集まらないと開催されない条件付きのイベントとなっているので要注意!! 気になる激レア賞品の内容は、なんと!! キャスト12名によるサイン入りの『ストライクウィッチーズ 劇場版』ポスターと、BB-20グランドクルージャケット!! 各回、ポスターを1名様、ジャケットを1名様にプレゼント! 是非この機会をお見逃しなく!!   ※チケットを購入されても、購入希望者が成立人数に達せず、イベントが不成立になった際の費用は一切発生しません。 【イベント概要】 日にち :4月27日(金)・4月28日(土)・4月29日(日) 時間  :21:10~23:00 会場  :角川シネマ新宿 ▼詳しくはこちら 角川シネマ新宿HPより  http://www.kadokawa-cinema.jp/shinjuku/news.html#24783 ▼チケット購入はこちら 4月27日 http://www.dreampass.jp/deals/strikewitches-first/?h=6a0cd5f407e04b69ab6de8c94a4a271c 4月28日 http://www.dreampass.jp/deals/strikewitches-second/?h=3c0caff17635b20c5af2d4e467b1af9b 4月29日 http://www.dreampass.jp/deals/strikewitches-third/?h=066d2b0d401f26573c7ae9bcac53a456 【絶叫上映会】 ファンの皆様だけが集まる上映会なので、 大声で応援するなど思う存分盛り上がってご鑑賞ください! ●『劇場版 ストライクウィッチーズ』公式サイト http://s-witch.cute.or.jp/movie/

月1回の生ライブを目玉にしたラジオ番組 「宮本佳那子×高橋秀幸の生っちゃライブ♪ショー」 2012年4月17日(火)より放送開始!!

2012年4月6日

日本コロムビア株式会社と株式会社東映エージエンシーは、共同事業として江東区のコミュニティFM局「レインボータウンエフエム」にて音楽バラエティ番組「宮本佳那子×高橋秀幸の生っちゃライブ♪ショー」を2012年4月17日(火)より放送スタートする。 ※当番組は毎月第3火曜日の夜9時から1時間番組として月1回放送。 プリキュア5のED曲をはじめ声優としても活躍中の宮本佳那子と特命戦隊ゴーバスターズ・炎神戦隊ゴーオンジャーの主題歌でお馴染みの今旬な歌手・高橋秀幸という親子に人気の二人が音楽をテーマに幅広いファン層に支持される番組作りを目指します。 また、当番組はUSTREAMでの生放送配信、サイマル放送でのインターネットラジオにも対応しておりますの全国で視聴可能なラジオ番組となっております。 【番組のコンセプト】 パーソナリティのお二人が得意とするアニソン・キッズソングだけでなく、J-POPや 歌謡曲・演歌まで音楽というテーマで楽しい1時間リスナーの皆様にお届け致します。 <番組内容>※一部抜粋 ●「極上ライブ」(歌企画) 毎回、2人が「今、歌いたい曲」を歌うコーナー。ヒーローソング、アニメソングにとらわれない選曲で シンプルに歌を「生」で届けます。 また、2人がセッションして歌う曲が1曲。合計3曲の極上ライブです。 ●「変身前にコレだけ言わせて」(ネタ企画) ヒーローと言えば、変身前の格好良いセリフ。 そこで、「ヒーローが変身する直前に言うと決まるセリフ」を募集して、 男ヒーローの場合は高橋さんが、女ヒーローの場合は宮本さんが読みあげます。 ● 「きっとこんなドラマがありました」(演技企画) 二人が選んだ好きな曲が生まれた背景には「きっとこんなドラマがあったのでは?」という 逆算ストーリーを生で演じるコーナーです。 【視聴方法】 ●レインボータウンFM 79.2MHz.にチューニング※江東区のコミュニティFMの為、江東区及び近郊エリアにて聴取可能 ●上記ラジオ局のHP もしくは直接入力(http://www.toeiad.co.jp/namaccha)にて サイマル放送&USTREAM配信※全国で視聴可能 【プロフィール】 名前:宮本佳那子(みやもとかなこ) 出身地:茨城県 生年月日:11 月4 日 身長:156 cm 2007年、『Yes!プリキュア5』エンディングテーマ「キラキラしちゃってMy True Love!」でデビュー。 その後、アニメ『クプ~!!まめゴマ!』主題歌など、アニメテーマソング、キッズソングを多数歌う。 2010年~、tvk『キッズ劇場Neo』で主題歌「A・B・C」を担当、同時に、メインMC&歌のおねえさんとして出演中。また、声優としても2011年は「たまゆら~hitotose~」「ラストエグザイル~銀翼のファム~」などにレギュラー出演、2012年には、7年ぶりにTVアニメ新シリーズが製作される話題作 「エウレカセブンAO」にて、ヒロインのアラタ・ナル役を演じる。 天真爛漫な笑顔をふりまきながら、特定の音楽ジャンルや限られたシーンにとらわれることなく、広く一般にうったえる魅力をもつ。 名前:高橋秀幸(たかはしひでゆき) 出身地:山形県山形市 生年月日:4月12日 身長:175cm 17歳の時よりドラムを始めて大学時代にボーカル、専門学校では作曲論も学ぶ。 卒業後はIT会社の音楽チームとして従事。2004年から参加したスーパー戦隊シリーズ楽曲コンペ用の歌がコロムビア制作部の耳に届き、2008年「炎神戦隊ゴーオンジャー」OP歌手として大抜擢。 それ以降、毎年戦隊シンガーの活動と並行して、2010年より毎週放送中のテレビ神奈川「キッズ劇場Neo」に歌のおにいさんとしての活動や童謡の制作&歌唱、読み聞かせ、子育てセミナー等活躍しながら2012年再び「特命戦隊ゴーバスターズ」主題歌の特命を授かる。 子供から大人まで様々な年代に愛されるアーティストとして、今年も精力的に活動中。 【関連記事】 ・【プレゼントあり】私も一緒に成長しています!『エウレカセブンAO』アラタ・ナル役、宮本佳那子インタビュー http://repotama.com/2012/03/18765/

『ガスト・ガーラ ~アトリエ&シェルノサージュ~』 のイベントが7月1日(日)開催決定!!

2012年4月6日

株式会社ガストのゲーム「アトリエ」シリーズと、2011年4月26日(木)に発売予定のPS Vita用ソフト『シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~』を題材にしたイベント「ガスト・ガーラ ~アトリエ&シェルノサージュ~」が2012年7月1日(日)に大宮ソニックシティ(埼玉県)にて開催されることが決定した。 本イベントは、ゲーム内でキャラクターの声を演じる声優陣のほか、楽曲を担当したアーティストを迎え、ドラマ、歌、トークを交えた豊富なコンテンツにてステージを盛り上げる。 「アトリエ」シリーズからは主人公を演じた声優の門脇舞以(ロロナ役)、名塚佳織(トトリ役)、明坂聡美(メルル役)などが出演し、ゲームの作品世界と魅力をライブで伝えていく。出演キャストにつきましては、随時発表予定となっている。今後の発表に期待しよう。さらに、イベント当日にはオリジナルグッズの販売など、ファンが楽しめる企画が多数用意される予定だ。 【イベント概要】 ガスト・ガーラ ~アトリエ&シェルノサージュ~ ○ 日程:2012 年7 月1 日(日) ※公演時間は追って発表いたします。 ○ 会場:【埼玉】大宮ソニックシティ 大ホール 【交通】・JR大宮駅 徒歩3 分 <出演者(敬称略)> 門脇舞以 (ロロナ 役) 名塚佳織 (トトリ 役) 明坂聡美 (メルル 役) ほか ●公式サイト 【PC】http://www.gamecity.ne.jp/media/event/2012/gust/ 【モバイル】http://www.gamecity.ne.jp/media/event/2012/gust/m

furefure_hirano_15

平野 綾がナレーターを務める『ティーンズプロジェクト フレ☆フレ』4月6日(金)放送スタート!!

2012年4月6日

「一人の夢が、みんなの夢に」をコンセプトに10代のチャレンジャーをテレビの前で応援していくプログラム『ティーンズプロジェクト フレ☆フレ』。 4月5日(金)からの放送に先駆けて、関係者・マスコミを集めた試写会が行われた。 当日はNHK名古屋の滝沢昌弘チーフ・プロデューサーのほか、ナレーターを務める平野 綾が登壇。番組にかける意気込みを語った。 まずは滝沢プロデューサーから挨拶。 「『ティーンズプロジェクト フレ☆フレ』は、これまで50年間続いてきた『中学生日記」という番組に変わる番組として制作され、その精神を受け継ぐ番組だと思います。テレビを通じて10代の子たちが想いを一つにしてつながっていき、『応援してくれたから頑張れた』という充実感を得られるような番組にしていきたいです」とコメントした。 続いて平野さんは「名古屋出身なので、こうしてNHKの名古屋さんで制作された番組に出演させていただくことはすごく嬉しいです。 私自身は今年で25歳になるということで、お姉さん目線でナレーションに臨もうと思っています。 本当に彼らを応援したくなるような番組になっていますので、観てくださっている皆さんにもそれが伝わればいいな、と思います」とコメント。 ここからは質疑応答の模様を一問一答方式でお届けしよう。 ―プロデューサーにお聞きします。今回平野さんを起用した理由はどこですか? 滝沢プロデューサー:10代の子達に観て欲しい、というのが第一にありましたので、比較的年齢が近く、お姉さん的な立場から時には温かく見守り、時には励ます、というところをお願いしようと思いました。もちろん、名古屋出身ということもあります。 ―ナレーションで心がけていることは? 平野さん:ナレーションはトーンを変えることによってどのようにも捉えることができると思うのですが、先輩や友達のような目線で行うことを心がけています。 また、色々な地域の10代の子たちが出てくるので、皆さんがより近い存在として番組を観ていただきたいと思いまして、常に優しくナレーションするようにも心がけています。 ―ナレーションならではの難しさはありますか? 平野さん:番組を観ていて、耳にスッと入ってきて、すんなりと理解できるような話し方や雰囲気を心がけていますが、「応援」というコンセプトがある番組ですので、生身で応援しているような気持ちで臨ませていただいております。 ―平野さんご自身の子ども時代はどんな子でした?また、今現在の夢は? 平野さん:10歳の頃から芸能活動をやらせていただいていて、この世界でやっていくのが夢だったのですが、最初にレギュラーの仕事をいただいたのがNHKさんでしたので、今回こうしてまた番組に関わらせていただけるのがとても嬉しいです。 私は、今は活発なイメージを持たれる方が多いかもしれませんが、10代の頃は真面目なイメージがあったとよく先生にも言われていて(笑)。内面でしっかり考えていくタイプだったのですが、そこで読書や勉強で得た知識がここで活かされていたり、「あの時がなければ今の自分はない」ということは感じていますね。 10代では悩みもたくさんあると思いますが、この番組に出て、少しでも解決していって欲しいな、と願っています。 私の夢は昔から変わらず、今はそれをつきつめていくところまで来ています。常にたくさんの目標や夢を持つように心がけていますので、10代の皆さんにも是非夢を持ち続けて欲しいと思います。 ―ナレーションをされるにあたっての面白さを教えて下さい。 平野さん:ナレーションは「平野綾」としてやらせていただいていますので、より自分の言葉で語りかけられる、感情移入できるところが魅力だと思います。 出演する子達を後押ししてあげられる部分が、今回のナレーションで出ればいいな、と思いますし、今回勉強させていただくところはそこの部分だと思いますので、これを機会にステップアップできたら、と思います! <Text・Photo/ダンディ佐伯> 【番組概要】 「ティーンズプロジェクト フレ☆フレ」 Eテレ 2012年4月5日より毎週金曜日 18:55~19:25 (※再放送)毎週土曜日 ひる12:00~12:55 放送開始 ●番組公式サイト http://www.nhk.or.jp/teens/ ●公式Twitter @nhk_furefure