人気声優たちのキャラクターボイスによる 一大メディアミックスプロジェクト 「電脳戦隊ラストエンジェルス」が始動!!

By saeki, 2020年11月20日


日音は、人気声優たちのCVによる一大メディアミックスプロジェクト『電脳戦隊ラストエンジェルス』を始動する。

本企画は、竹内葵の原作で1996年にメディアミックス展開された「電脳戦隊ヴギィ’ズ☆エンジェル」誕生25周年の節目にあたり、
その世界観を踏襲した全く新しいストーリーと全く新しいキャラクターによるリブート企画として動き出しました。

キャラクターデザインは新進気鋭のイラストレーター RAYVON が担当。メインキャストには、竹達彩奈、上坂すみれ、花澤香菜、内田彩、長谷川瑞、その他キャストに、丹下桜、冬馬由美、檜山修之など、今をときめくスター声優陣を中心に、新人やベテランが名を連ねる。  

現在、ボイスドラマ・オープニングテーマ・エンディングテーマなど様々なコンテンツが制作進行中。  これからのプロジェクトの動向に是非ご注目ください!!

●『ラストエンジェルス』公式HP
https://last-angels.com/

【作品概要】

【物語】

自然の営みを破壊する環境汚染──
正義の名の下に覇権を巡って繰り返される戦争──
自己防衛を大義名分とする核兵器使用──
それらがもたらした世界に残るものとは?
滅亡へと向かう人類を否定するものとは?
これは、絶望の中で過酷な運命にあらがおうとする
五人のサイバノイド少女戦士たちの成長物語。

しかし、彼女たちの絆は、やがて国家同士の争いの中で分断されていく。
そして、ラストエンジェルスの最後の選択が、人類の存亡を決定することになる…
これは、その始まりの物語──
地球には二つの人類が存在していた…
かつて地上の主として君臨した地球人と、宇宙移民S・E、スペース・エミグラントとして、その地上を一度は支配下に置いたアリシア星人。
両者は百年にわたる長き戦いの末に共存する道を選び、不可侵条約を結んだ。自らこの星を滅ぼす愚をこれ以上、犯さないために…
しかし、それから更に150年の時を経た現在。
戦いの歴史における、負の遺産とも言うべき戦略システムの復活により、人類は再び存亡の危機にさらされることになる…
人類の最後の望みを託すL・A(ラストエンジェルス)プロジェクト──
それは、人類の希望という使命の下に、ラヴ、ジギー、グレイス、ニッキ、蛍の5人のサイバノイド戦士たちの過去から現在、そして未来への熾烈を極める
戦いの歴史の始まりを意味していた。

彼女たちがサイバノイドにならざるを得なかった過去とは?
スラムで育ち命を奪われたラヴ、野心家として上を目指すジギー、実験体として生まれたグレイス、弟の命と自分を引き換えたニッキ、不治の病に冒された蛍…
彼女たちは、決して選ばれた戦士ではなかった。
その彼女たちが、ラストエンジェルスとして戦うことに意味を見出すためには、より多くの犠牲を払うことが必要だった。

時は新西暦455年…

【プロジェクトチーム】
<企画>
株式会社日音
株式会社モモアンドグレープスカンパニー
株式会社コズミックレイ

発売:株式会社日音      

制作:株式会社モモアンドグレープスカンパニー
    株式会社コズミックレイ

●『ラストエンジェルス』公式HP
https://last-angels.com/

(C)竹内葵・コズミックレイ・モモグレ/日音