【プレゼントあり】まったく新しい形の「アイドルモノ」を目指す! 2021年1月新アニメ『アイドールズ!』廣川浩二プロデューサー インタビュー

By saeki, 2020年11月9日


アニメーション制作会社のシンエイ動画と声優事務所の81プロデュースによる共同オーディション企画「What 声 You?」。
このたび、オーディションで選ばれた留冬藍名、水野亜美、花岡志織、屋代瑠花が出演するアニメ『アイドールズ!』の放送時期が、2021年1月に決定! 
モーションキャプチャーを使用し、3DCGを駆使した新感覚アニメで、アイドルアニメの新たな形を提言している。
企画の立ち上げから今後の展望まで、シンエイ動画の廣川浩二プロデューサーにたっぷり語っていただきました!

―そもそも『アイドールズ!』のプロジェクトが立ち上がったきっかけは?

廣川浩二プロデューサー(以下、廣川):弊社はテレビ朝日の子会社なのですが、今回制作協力で入って頂いているRayさんも同じテレビ朝日グループでして。
お話しを聞いたら3DCGとモーションキャプチャー技術を使った「ラムネプロジェクト」という企画に携わっていることを知りました。それとほぼ同時期に声優事務所の81プロデュースさんから「YouTubeを使った企画をやりませんか?」との話をいただいたんです。
それが『アイドールズ!』の前身にあたるオーディション企画「What声You?」の始まりでした。

―具体的にはいつごろ発足したのでしょう?

廣川:準備期間を含めると、2019年の1月には動き始めていました。81プロデュースの養成所生(81ACTOR’S STUDIO)を対象とした企画だったんですが、どのくらいの人数でオーディションをするか具体的に決めずに、いざ募集をかけてみたところ84名もの希望者が集まりまして……(笑)
嬉しい事なのですが、個人参加だとひとり当たりの露出機会が減るのでグループに分けてのオーディション、という方法をとりました。選ばれるのは4名なので、もちろん最終ステージは個人戦ですし、敗者復活などの救済措置を組み込んで形にしていきました。

―オーディションには、81プロデュースの先輩声優も駆けつけました。

廣川:オーディションの模様は、いまもシンエイ動画と81プロデュースさんとで共同開設したYouTubeチャンネル「What 声 You?」にてご覧いただけます。
19年5月30日のキックオフイベントから始まり、今年3月31日の最終オーディションイベントまでと長丁場のオーディションだったのですが、吉岡茉祐さんや高木美佑さん、奥野香耶さんらの出演で、さらに盛り上がりました。

―10月3日に放送されたYouTube生配信でも、高木さんと楽しい掛け合いをされていましたね。

廣川:リスナーから、たくさんのコメントをいただけて……。おかげさまで、4人にも「ファン」がついてくれたみたいでなによりです。

―オーディションで大変だったことは?

廣川:やはり、最後まで残った人たちから4人を選ぶのは難しかったです。最終選考まで進んだだけあって、みんな個性が光っていましたからね。

―モーションキャプチャーの強みはどこにあると思いますか?

廣川:「アイドルの日常」を描くうえで、モーションキャプチャーってすごくいいんです。なにせ演者の動きが、そのままキャラクターの動きになるので、すごくリアルな芝居が実現できるんですね。等身大のアイドルを感じていただければ、と。

―ほかのアイドル作品とは一線を画すような作品にしたいということですね。

廣川:はい。実は『アイドルマスター』が好きで、千早P(プロデューサー。『アイマス』でのファンの呼称)なんですが(笑) ちょっとした事で悩んだりオロオロしたりする日常シーンが好きなので、いわゆる「正当派アイドル作品」とは別のベクトルで描いてみようと思っています。もちろんアイドルは輝いてこそなので、ちゃんとキラキラしたシーンもありますよ(笑)

―同じく10月3日の生配信では、4人のVTuberとしての活動も発表されました。

廣川:毎週日曜日の20時から、2人ずつ生でトークをしています。「キャラクターが出ているWEBラジオ」という感覚で作っていているのですが、初回から実写が混ざっていますし中の人トークも多いので、VTuberを名乗っていいのか迷いますね(笑) 観てくださるキャラとキャストのファン両方にゆる〜く楽しんで貰えたらと思っています。

―アニメの話に戻りますが、今回は普通のアニメとは違う作り方をしているので、4人にとっては難しい演技が要求されるのでは?

廣川:声優なので、モーションキャプチャーのレッスンは受けていないと思いますが、舞台演技などのレッスンや経験は活かされています。それでも難しかったと思いますが、だからこそ試行錯誤を繰り返すことで型にはまっていない独特な「強み」になりました。

―撮影にかかる時間は、アフレコに比べてどうですか?

廣川:一概には言えませんが、前例があまりない形式なのでスタッフも試行錯誤をしながら収録しています。使用している赤外線カメラの設置数を、撮り始めの頃から倍にしたり、毎回あれやこれや調整しながら頑張っています。

―具体的には、どのような制作工程になっているのでしょうか?

廣川:一般的なアニメの場合は、絵コンテを切ってカメラアングルを決めて、作画さんが絵を描く、という流れなのですが、今回は最初に演者の位置データと音声を同時に撮って、カット割りやカメラアングルを決めるのはその後なんです。
どの角度からも撮れるので、監督が「ああでもない、こうでもない」と、アングルをいじる感じですね。

―中野翔太監督は、異例の抜擢だったみたいですね。

廣川:中野さんは、実写作品をメインに作られている監督です。キャスト4人のインタビューで「ドラマの撮影のよう」という言葉を使っていましたが、まさにその通りです。
先ほども申し上げましたが「アイドルの日常」をフォーカスしたかったので、そこは敢えてアニメ監督にこだわらずに選考させていただきました。

監督は今回のキャスト選びの際に「キャラクターに合っているか、合っていないか」という点に特にこだわりました。声をあてるだけでなく動きもつけなければなりませんので、演技力はもちろんですが、性格も大事なところなんですよ。ちょっとした動きに滲み出るので。今回選ばれた4人はキャラクターとシンクロしてくれるのではないかと期待しています。

―今回の作品が成功したら、別タイトルの制作もチャレンジしたいですか?

廣川:そうですね。また新たな挑戦になるかと思います。ジャンルは……やっぱり、アイドルかな(笑)。モーションキャプチャーでダンスがそのまま撮れる、というのは大きいですからね。

―そう言えば、VTuber配信で彼女たちがいる部屋は、どこですか?

廣川:オーディションで演じてもらった、4人の出会いの物語を描いた台本のなかで、彼女たちが見つけてきた「古民家」です。4人がシェアハウスとして住んでいる、という設定ですね。
彼女たちが普段暮らしている場所をメインに出していきたかったので、彼女たちの「配信部屋」として、あの場所を選びました。

―彼女たちも、自分の部屋にいるような、落ち着いた気持ちで配信できそうですからね。

廣川:はい。キラキラしたステージがバックにあるよりも、生活感がある背景で、のびのびとおしゃべりしてもらいたいです。

―最後に、メッセージをお願いします。

廣川:「身近な等身大アイドル」をモットーに作っておりますので、ぜひ4人を近くに感じていただきたいです。世の中の情勢次第になってしまいますが、ゆくゆくはライブも開催したいですし、ちゃんと儲かったら二期作る気まんまんなので(笑) 何卒よろしくお願い致します!

<Text/ダンディ佐伯>

【配信概要】
(1)『アイドールズのすたでぃ4U!』
日時 12月5日(土)20時放送開始

【出演者】
留冬藍名、水野亜美、花岡志織、屋代瑠花

【ゲスト】
未定

【配信】
YouTube(アイドールズ!公式チャンネル)、ニコニコ生放送(公式生放送)

<内容>
2021年1月に放送開始するアニメ『アイドールズ!』の新着情報を毎月1回のペースでお届けします!
キャスト4人(留冬藍名、水野亜美、花岡志織、屋代瑠花)がアニメ『アイドールズ!』の最新情報をお届けするために奮闘します!

(2)アニメ『アイドールズ!』V-Tuber生放送
日時 毎週日曜日20時放送開始

【出演者】留冬藍名、水野亜美、花岡志織、屋代瑠花(うち二人が出演予定)

【配信】
YouTube(アイドールズ!公式チャンネル)、ニコニコ生放送(アイドールズチャンネル)

<内容>
毎週日曜日20時から「アイドールズ!」のメンバーが交代制でV-Tuberとして番組を担当!
ゲーム実況やトークなど、ゆるーくお送りする1時間の生放送です。

<番組URL>
YouTube、ニコニコ生放送にて毎月放送!
配信詳細やアーカイブは公式サイトよりご確認ください。
https://wsy-idolls.com/live_stream

<チャンネルURL>
●アイドールズ!公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCPbxsEH-uW-pZhwvtj9nUZw
●アイドールズチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/wsy-idolls

【アニメ概要】

「アイドールズ!」
◆放送情報
BS朝日にて2021年1月放送開始

◆キャスト
あいな:留冬藍名
あみ:水野亜美
しおり:花岡志織
るか:屋代瑠花

◆スタッフ
原作 シンエイ動画
監督 中野 翔太
シリーズ構成 宮本 武史
キャラクター原案 渡会 けいじ
3DCGデザイン 久保田 将司
制作 シンエイ動画
制作協力 Ray
キャスティング 81プロデュース
音楽プロデューサー 木皿 陽平
音楽制作 Stray Cats
音楽制作協力 APDREAM、HANO
ダンス振り付け 新垣 寿子

◆オープニング曲
タイトル「WE ARE THE ONE」
作詞・作曲・編曲 藤井健太郎(HANO)
うた アイドールズ!(あいな(CV:留冬藍名)、あみ(CV:水野亜美)、
しおり(CV:花岡志織)、るか(CV:屋代瑠花))

●公式サイト
https://wsy-idolls.com/
●公式Twitter
@wsy_idolls ( https://twitter.com/wsy_idolls )

●YouTubeアイドールズ!公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCPbxsEH-uW-pZhwvtj9nUZw
●niconicoアイドールズチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/wsy-idolls

【プレゼント】

キャスト4人の寄せ書きサイン色紙を1名、キャストのソロ色紙を各1名、計5名にプレゼント!
ご希望の方は、「アイドールズ!」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)
(※どのサイン色紙が当選するかは選べません。あらかじめご了承ください)

応募締め切り:2020年12月11日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)