愛と笑顔に満ちた開幕戦! 杜野まこ「私今、LIVEがしたい!!」(昼公演)レポート

By saeki, 2020年10月31日


今年4月で芸能生活11年目を迎えた声優・杜野まこが自身初となるライブを10月25日、東京・渋谷ストリームホールで開催した。

オープニングでは、声優仲間の金子有希さん、山口立花子さん、渡部優衣さんからライブの開催を祝福される映像や、公演に向けて衣装を選ぶ杜野さん、アシスタント犬のひゅうちゃんがライブ会場への道(?)を可愛らしく歩く姿など、観ているだけで楽しくなってくる映像が次から次へと飛び出し、いよいよ本編がスタート!

杜野さんいわく「A-POPを踊らせたら右に出るものはいない」というダンスパフォーマンスユニット・ACE SPECの3人(超妖怪弾頭ネオたんさんは所用で来られず)とともにカバー曲を歌唱。Folder5の「Believe」では、青いラメ入りのノースリーブ姿で、けん玉の「世界一周」という技に全員で挑戦! しかし、間奏中に成功させることができず、罰ゲームとして、4人で腕立て伏せをすることに……(笑)。

そんな、杜野さんらしさ全開のパフォーマンスを見せたあとは、ミニアルバム『11』(じゅういち)からみんなで盛り上がれるアッパーソング「もりのワールド」を披露。青いタオルを振り回しながら熱唱した。
続いてもミニアルバムから「my place」を歌唱。幕間では作曲をした伊良波大空さん、「もりのワールド」を手がけた鍋谷卓摩さんが登場した、レコーディングの模様を収めた映像が紹介されると、ここからはスペシャルゲストの登場! キーボーディストで作曲家の渡部チェルさんとギタリストの坂本光久さんがサプライズで登壇し、渡部さんが手がけた新曲「Sky Blue」や浜崎あゆみさんの「Who」を初披露した。
ちなみに、杜野さんが渡部さんに声をかけたところ、ふたつ返事でOKしてくれたうえに「じゃあ、坂本さんも呼んじゃう?」と提案してくださったそう。
MCでは「Sky Blue」の制作秘話が語られたほか、坂本さんが持参したギターが「スカイブルー色」という、粋な計らいも!
しかも、渡部さんと坂本さんがステージで共演するのも始めてということで、杜野さんのライブもあわせ、くしくも「初めて尽くし」の公演となった。

ACE SPECがブレイクダンスのレクチャーを行なったあとは、杜野さんがふたたび登場。「こんな状況のなか、来てくれてありがとう!」と感謝の気持ちを伝えつつ、TBS系プロ野球中継『野球烈島』のテーマソングとして使用されていた、島谷ひとみさんの「Perseus-ペルセウス-」を披露。「私がやりたいことをたくさんやらせてもらった」と満足げな杜野さんは、最後にファンへの気持ちをありったけ込めた「手紙」を歌い上げ、ステージは終了。「また必ずやるから、絶対来てね!」という声に、オーディエンスは大きな拍手で応えていた。

昼の部を終えた杜野さんにお話を聞いたので紹介しよう。

―ライブの感想をお願いします。

杜野まこさん(以下、杜野):まずは、開催できてとてもうれしかったのと「まだまだやれる」という気持ちが入り交じった、不思議な気持ちですね。
「楽しかったよ」とおっしゃってくださるみなさんの気持ちに感謝しつつ、そこに甘えないように鍛えなおしていかないと、と改めて気持ちを引き締めました。

―ACE SPECさん、サプライズゲストの渡部さんと坂本さんも、公演を盛り上げました。

杜野:映像出演してくれたみんなも含めて、甘えてばかりのステージになってしまったので、今度は自分でステージを引っ張っていけるようにしたいですね。

―元々は4月に開催予定の公演が延びてしまったことにより影響はありましたか?

杜野:まず、春開催の予定だったのが秋になってしまったので、セットリストを大きく変えなくてはならなかったんです。また会場が大きくなったり、2回公演になったこともあり、演出の方法も練り直さなければならず、始めてみたらバタバタでした……。
今日のメンバーでなければ乗り越えられなかったんじゃないかと思います。

―そんななか、ミニアルバム『11』の収録曲もたっぷり披露されました。

杜野:「もりのワールド」は、いわゆる「タオル曲」なのですが、事前にレクチャーしたわけでもないのに同じタイミングでグルグル振ってくれたので、私たちのチームワークの強さを改めて感じることができてよかったです! 「すごいな」とステージ上から傍観してしまいそうになってしまいました(笑)。

「my place」は機材のトラブルで歌い直すことになってしまったのですが、あのまま歌い続けたほうがいいのか、もう一度最初から歌ったほうがいいのか、悩みました。でも、やっぱり手がけてくださった伊良波さんにもちゃんとした形で歌を届けたいと思ったので、もう一度頭から歌わせていただきました。
「手紙」は昨年のイベントでも歌わせていただいたので「一番素の私が出ているのかな?」と思いながら、みんなの笑顔に包まれて、幸せな気持ちで歌えました。

―4つめの収録曲「Sky Blue」は、本日のライブで初解禁でしたね。

杜野:(朝倉)路さんが私のことを掘り下げ、私とファンの皆さんとの関係性も知ったうえで作ってくださった詞と、(渡部)チェルさんの私に対する気持ちがたっぷり詰まったメロディで「私ってこういう人なんだ」というのを私自身が教えてもらった感じです(笑)。
今回のアルバムに収められた4曲はどれも、私の芸能活動とファンの皆さんとの歩みの奇跡。かけがえのない宝物なので、これからも大切に歌っていきたいです。

私としては、ようやく「開幕」を迎えた気持ちですので、ずっと歌い続けて「優勝」を目指したいです!

―ライブでは、出演陣に「またやるときはサポートしてください」とお願いされていました。

杜野:今回一緒にステージを作ってくださったみなさんはもちろん、クリエイターの方々もすごく尊敬していますし、そばで学ばせてもらいたい気持ちがすごくあるんです。
先ほども少し言いましたが、今日は「レギュラーを張っているメンバーのなかに私がお邪魔した」という感覚なのですが、今度は私がリードしていけるように、キャプテンになれるように頑張りたいです。

―杜野さんが応援する横浜DeNAベイスターズの佐野恵太選手も、今年キャプテンに抜擢されて素晴らしい成績を残しましたからね。

杜野:私も佐野選手になります! プロ野球ファンの方にしか通じないかもしれませんが(笑)。
「もりのワールド」のような曲は、みなさんのイメージどおりかもしれませんが、「my place」のような曲は、もしかしたら変化球のように感じられる人もいるかもしれません。実際にライブに足を運んでいただき、たくさんの「球種」を見てもらいたいですし、そこに向けて「三浦大輔さんのようなコントロール」を身に着けていきたいと思います。

―最後に、メッセージをお願いします。

杜野:こうして開幕できたことがうれしいですが、ここで止まってはいられない。早速次に向けてアイディアを練っていきたいですね。来てくださるみなさんに楽しんでいただけるようなパフォーマンスができるように頑張りますので、そんな成長過程も楽しんでいただきたいです。
初挑戦は、どんなことでも最初はドキドキしますが、チャレンジをするからこそ「楽しい思い」、「悔しい思い」を経て成長できると思っています。こんな私ですが、これからもよろしくお願いします!

<Text/ダンディ佐伯>

●杜野まこ 公式ブログ
https://ameblo.jp/morino-mako/
●杜野まこ 公式ツイッター
@makomorino

●Facebook 杜野まこ
http://www.facebook.com/#!/morinomako?sk=info
●Instagram:makomorino
https://www.instagram.com/makomorino/