メモリアルなイベントは親友と一緒に! 「『近藤玲奈のれいれいワールド~にちょっとこいや~』1周年記念SP WEBイベント(第1部)イベントレポート

By saeki, 2020年9月30日


『ドロヘドロ』ニカイドウ役、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』ロニエ・アラベル役などでおなじみ、2020年10月からは『おちこぼれフルーツタルト』にも出演が決定している声優・近藤玲奈。
彼女が毎回ゲストをお呼びし、れいれいワールドに引き込んでいくWEB番組『近藤玲奈のれいれいワールドにちょっとこいや』がこのたび放送1周年を迎えた。
9月20日には、これを記念したWEBイベントが開催され、旧知の仲である新田ひよりさんがゲストに登場! 様々な企画で盛り上がった。
ここでは第1部の模様をお届けする。

メインは「ふたりが持ち込んだゲームによる対決企画」。お互いに持ち寄ったゲームで濃密なバトルが行なわれ、ゲームに勝利することによりポイントを加算。合計ポイント数で争われ、敗者には罰ゲームが用意されている。

まずは、新田さんの持ち込み企画、いま流行りの『はぁって言うゲーム』に挑戦。
「好き」や「うん」などの一言を、ランダムに選んだシチュエーションカードに従って感情を込めて演じ、リスナーが正解すればポイントを獲得することができる。
なかには「ウインク」というお題もあり、キュートなウインクを披露したふたりに、賞賛のコメントが浴びせられていた。

近藤さんへのお題「(早口言葉)すもももももももものうち」は「『も』を1回多く言う」という難しいシチュエーションだったのだが、見事リスナー正解! 新田さんは「さすがレイリアン(番組ファンの総称)!」と感心した様子だった。

続いては、近藤さん提案の「おっ寿司ゲーム」。ブロックがお寿司のネタの型をした「ジェンガ」ゲームで、サイコロを振ってどのネタ(ブロック)を引き抜くかを決定する。ブロックを抜くと、なかには「+1ポイント」「-1ポイント」のほか、「●●をせよ」といったの罰ゲームの指令も……。

近藤さんは「変顔をする」「キメ顔をする」という罰ゲームを当ててしまったうえ「わさび増量寿司」の餌食に……。しかし、「美味しいサーモン」のおかげで、なんとか耐えきったのだった。なお、最終的にジェンガを崩してしまったのは、こちらも近藤さんだった(笑)。

「みんなで作ろう!れいれいカルタ」は、番組発の「カルタ」をリスナーとともに作り上げるという内容の番組レギュラーコーナーだ。
昼の部では「な」の段を紹介。「なんかクセになるれいれいワールド」、「脳をたぎらせ伝えろ、エレベーター!」といった、作品にまつわる読み札が採用された。
なお、「ぬ」の段は新田さんが考案。「(水槽の)ぬめりがとれて よろこぶ れいれい」という読み札が寄せられた。

続く「レイリアン イケてるコーディネートチェック」コーナーでは、事前にツイッターに投稿してもらった、レイリアンの着こなし画像(Tシャツ、トートバッグ)を紹介。
なかには『おちこぼれフルーツタルト』や『八月のシンデレラナイン』など、近藤さんゆかりの作品グッズと一緒に撮影したレイリアンも。
たくさんの投稿から、ふたりがグランプリに選んだ投稿者には、近藤さんと新田さんのサインが入ったスマホケースがプレゼントされた。

「レイリアンをだませ!『●●しているのはどっち?』」クイズは、箱のなかに入ったモフモフウサギのぬいぐるみをどっちが触っているのかをリスナーに当ててもらう、というもの。
もしも見破られてしまったら、ふたりには「演技力アップ」の試練が課されることに。どちらが演技力が上かをアンケートで判定してもらい、評価が高かった方にポイントが与えられる。

なお、ウサギを触っていたのは近藤さん。一方、新田さんは「人間の腕」のイミテーションを触っていたことが判明……(笑)。リスナーに見破られてしまったため、ウサギと「人間の腕」のシュールな掛け合いが展開された。

そして、いよいよ運命の結果発表! 近藤さんは「5P」、新田さんが「4P」ということで、近藤さんの勝利!
負けてしまった新田さんには、罰ゲームとして「夏の終わりのジュース」(そうめんとお酢)が提供され、あまりに粘性の強いドリンクに悶絶していた。ゲストと言えども、手を抜かないのが「れいれいワールド」流なのだろうか(笑)?

第1部を終えたおふたりにお話をお聞きしました!

―イベントの感想をお願いします。

近藤玲奈さん(以下、近藤):ひよりん(新田さん)は私がお仕事を始めたばかりのときから一緒だったので、一周年の記念放送には絶対呼びたいと思っていました。今日はひよりんの不思議な部分も見られたし、充実したイベントになってよかったです!

新田ひよりさん(以下、新田):れいれい(近藤さん)に「不思議」と言われるとは思わなかったよ(笑)。でも、私もこんなスペシャルな回に呼んでいただけてうれしかったし、これだけ番組で一緒に楽しんだのは「ぽにきゃん ぜん部!」で活動していたとき以来でしたので、懐かしい気持ちで時間を過ごせました。

―おふたりは、10月より放送開始される『おちこぼれフルーツタルト』で共演されていますね。

近藤:はい、ひよりんが桜衣乃役、私が前原仁菜役として出演させていただきます! たまに現場で一緒になることはあったのですが、レギュラーのお仕事で会う機会はほとんどなかったので、今回『おちフル』で久しぶりに会うことができて感激でした。
こういう時期なので、現場で会う機会は限られていたのですが、掛け合いもできましたし、毎回ワクワクしながらアフレコに臨みました!

新田:私も、すごく楽しくアフレコさせてもらっています! 早く大人数での掛け合いができるようになったらいいな、と切に願っています。

―近藤さんにお聞きします。『れいれいワールド』が始まって1年ですが、いかがですか?

近藤:毎回ゲストさんをお招きしているので、常に新鮮な気持ちで臨むことができていますし、1年経ったというのは、正直感じていないですね。
番組を通じて仲良くなれた方もいますし、これからも自分ならではの空気感を出しつつ、いろいろな方々と交流を深めていきたいです!

―「レイリアン イケてるコーディネートチェック」コーナーでは、レイリアンのみなさんがグッズを見事に着こなしていました。今後番組で作ってみたいグッズはありますか?

近藤:そうですね、真っ先に思い浮かぶのは「マスク」です。最近は「タイダイ柄(一部を糸で縛るなどして染色し、縛った部分を白く残す染色法)」が流行っているみたいですので、タイダイ柄のマスクを作ってみたいです。デザインによっては恥ずかしい気持ちになってしまうかもしれませんが(笑)。

新田:グッズに描かれている「宇宙人」みたいなキャラクターがいるじゃないですか。その子の頭にある触覚みたいなものを模した「カチューシャ」とかどう?

近藤:いいね!イベントでつけてくれたら、すぐにレイリアンってわかるし。提案しておきます!

―最後にメッセージをお願いします。

新田:まずは1周年おめでとう! れいれいとは高校時代からの付き合いということもあってか、仕事の現場で会っても、なんとも言えない不思議な関係なんですよね。
私はWEBイベントに出演するのが初めてだったので、れいれいが頑張って番組を回しているのを見てすごく感動したし、また呼んでいただきたいです!

近藤:『れいれいワールド』を1年間続けてこられたのは、レイリアンが日々増殖しているということもありますので(笑)、昔から応援してくれているレイリアン、そして番組を布教してくれているレイリアンには感謝の気持ちでいっぱいです。
いまは直接会える機会がなかなかありませんが、WEBなどでできることはどんどん発信していきたいですし、頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

●「近藤玲奈のれいれいワールドにちょっとこいや」番組サイト
https://ch.nicovideo.jp/reireiworld