【プレゼントあり】『応援部+野球部=∞!』注目の新プロジェクト『Cheer球部!(チアキューブ!)』川端華役・鈴木陽斗実さん、真田歩役・片平美那さん、山科ほたる役・古川未央那さん インタビュー

By saeki, 2020年8月28日


ホビージャパンとランティスが展開する次世代メディアミックスプロジェクト『Cheer球部!(チアキューブ!)』が本格始動! 

インターネットラジオステーション<音泉>にて毎月配信中の『Cheer球部!全校応援ラジオ ちあたま、さくよ!』では援川千明役・伊藤梨花子さん、春原珠希役・田中有紀さん、入野沢さくら役・岩淵桃音さんがパーソナリティを務め、『Cheer球部!』の魅力をたっぷりと紹介している。
今回は現在配信中の第2回放送にて、ミニドラマにゲストとして出演した川端華役・鈴木陽斗実さん、真田歩役・片平美那さん、山科ほたる役・古川未央那さんにお話をうかがってきました!


▲現在配信中の第2回のミニドラマには、川端華役・鈴木陽斗実さん、真田歩役・片平美那さん、山科ほたる役・古川未央那さんも出演中!

―まずは、演じたキャラクターの紹介をお願いします。

鈴木陽斗実さん(以下、鈴木):華ちゃんは、しゃべるのがあまり得意ではないタイプですが、そこは正直私と似ています(笑)。

片平美那さん(以下、片平):歩ちゃんは、その真面目な性格ゆえに、全力で突っ走ってしまう子です。

古川未央那さん(以下、古川):ほたるちゃんは、朴訥で真面目で、個人的にはポニーテールが女子っぽさを高めていると思います!

―本作の舞台は高校ですが、ご自身の学生生活を教えていただけますか?

鈴木:音大に通っていたので、クラリネットが得意です。今後、役にも活かせていければいいな……と思っています。

片平:声優コースがある学校に通っていて、1年だけ演劇部に在籍していましたが、『キミコエ・オーディション』に受かってからは学校と仕事を両立させていました。

古川:小中高と部活動が運動部で、小学校がサッカー部、中学校が陸上部、高校が弓道部だったんです。今後、役に……活かせるでしょうか(笑)?

―本作に関するイメージは?

鈴木:外で思いっきり応援と野球ができるところがいいですよね。私自身、音楽しかやってこなかったので、作品を通して、部のみんなでワイワイできそうで楽しみです!

片平:私が所属しているNOW ON AIRが「超応援型コトダマ発信ユニット」というコンセプトですし、今回も「応援」にスポットが当たった作品に自分が参加できるのがうれしいです。青春をもう一度味わうことができることにワクワクしています!
なにより、「ジャンルの違うふたつの部活がひとつになる」という、突拍子もないストーリーに大変興味を持ちました!

古川:私はずっとプレイヤー側でしたし、ほたるちゃんも元々野球部だったので、これから応援も頑張っていくという意味では「似たような境遇かな」、と思います。
歌って踊りながら、たくさんの人を笑顔にできたらいいな、と思いつつ、朴訥な性格のほたるちゃんがしっかりと応援できるのかどうか心配しつつ(笑)、頑張ります!

―プロジェクトはまだ始まったばかりですが、今後、どんな展開を見てみたいですか?

鈴木:ラジオドラマの物語でもあったのですが、部活のあと、みんなでご飯を食べに行くところなど、日常的なシーンをたくさん演じたいです。部がくっついたことで生じた問題や悩みをお互いに相談し合ったり、ときには衝突したり、「青春物語」を見てみたいですね。

片平:自分が想像できないような未来を見たいですが、かわいい衣装を着た10人がライブをしているところなども楽しめたら嬉しいです。。

古川:作品のコンセプトらしく、やっぱり球場で大勢のファンを前にパフォーマンスを披露している姿を見たいですし、私たち自身でも、そんなステージをやってみたいです!

―みなさんの地元の球場でやれたらいいですね。

鈴木:私の出身地・千葉には千葉ロッテマリーンズの本拠地「ZOZOマリンスタジアム」があります!

片平:私は宮城出身なので、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地「楽天生命パーク宮城」でやりたいです!

古川:私は青森出身でプロ野球の本拠地はないのですが、高校野球でも使用されるような立派な球場がありますので、ぜひ凱旋公演を行いたいです!

―公式サイトには、各キャラクターのインタビュー音源が紹介されています。オーディション以外では初めて演じられたそうですが、やってみていかがでした?

鈴木:華ちゃんの、途中で言葉に詰まったり、途中で変な間が入ってしまうところは、私の素が出たと言いますか(笑)。インタビュー自体は短いのですが、途中でなぜか犬が乱入してきたり(笑)、盛りだくさんで楽しめました。
ほかのメンバーの性格も知ることができましたし、キャストのみんなと雰囲気が合っているな、と感じました。

片平:歩ちゃんには、私としてはポジティブな気持ちで常に突っ走るイメージがあったのですが、「実直さをもうちょっと出してほしい」というディレクションをいただいてからは「生真面目だからこそこんなに全力になれる子なんだな」というのがわかりました。
走るだけじゃない、「歩」とはそういう意味なんだな、と私のなかで納得がいきましたね。

古川:ほたるちゃんはとにかくバットでボールを遠くに飛ばすことにこだわりがあるということで、その真っすぐさは歩ちゃんと同じかもしれません。これからどんなほたるを演じることができるのか、楽しみです!

―最後に一言メッセージをお願いします。

鈴木:華ちゃんが苦手な会話を克服しようとする姿が強いと思うので、私も華ちゃんに負けないように、おしゃべりがうまくなれるように頑張ります!

片平:たくさん応援していただけるように、歩ちゃんを精一杯演じていきます!!

古川:プレイヤー側から応援する側まで、幅広く盛り上げていければと思っておりますので、ほたるちゃんたちについてきてください!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>
☆ページ下部に写真一覧あり。

【ラジオ番組概要】
『Cheer球部!全校応援ラジオ ちあたま、さくよ!』
インターネットラジオステーション<音泉>にて毎月1回更新予定

<番組紹介>
月刊ホビージャパンで連載中の、応援歌×青春球技プロジェクト「Cheer球部!」をリスナーと一緒に応援して盛り上げていくラジオ番組です!
パーソナリティは援川千明役・伊藤梨花子さん、春原珠希役・田中有紀さん、入野沢さくら役・岩淵桃音さんの3名です!
番組ではリスナーからのメールを募集しております!

<コーナー紹介>
【ふつおた】

パーソナリティへの質問やメッセージなどを大募集します。
みなさんの日常、最近あったことなど、普通のお便りでもOK!
応援して欲しいこと、アドバイスが欲しい悩みなども、どしどしお送りください!
パーソナリティの3人が全力で応援します!

【なんでも三三七拍子!】
応援の時に使われる三三七拍子。
そんな三三七拍子のリズムに乗せて様々なことを言っちゃうコーナーです!
みなさんからも日常に潜む三三七拍子を募集します!

(例)
・たまご ちくわ 今夜はおでん
・夜中 ゲーム 気がつけば朝

【滑り込みセーフ!】
リスナーのみなさんのやっていることに対して、パーソナリティの3人が
「アウト!」か「セーフ!」かジャッジします!

(例)
バスタオルは毎回洗濯ではなくて、3日使ってから洗濯!
これって、滑り込みセーフ?orアウト?

●番組サイト
https://www.onsen.ag/program/cheerkyubu/

●ホビージャパン『Cheer球部!』メインキャストインタビューページ
https://cheerkyu-bu.jp/special/interview1/

●『Cheer球部!』公式サイト
https://cheerkyu-bu.jp/
●『Cheer球部!』公式ツイッター
‎@CheerKyuBu

【プレゼント】

鈴木さん、片平さん、古川さんの寄せ書きサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「Cheer球部!」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)
応募締め切り:2020年9月18日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)