頼れる後輩たちと一緒に番組をお祝い! 「『大地・みなみのカレーチャーハン』真夏のニコ生2020」レポート

By saeki, 2020年8月14日


声優・大地葉と篠田みなみがパーソナリティを務めるラジオ番組『大地・みなみのカレーチャーハン』(通称『カレチャ』)の生放送番組が8月9日に配信された。
今回の配信は、先日放送200回を達成した『カレチャ』を祝福すべく、第1部と第2部の二部構成で開催された。

☆第1部

第1部には今年3月より放送開始された後輩番組『峯田・和泉のぽてまぼ!』からパーソナリティの峯田茉優さん、和泉風花さんがゲストに登場した。

ふたりは『カレチャ』のイベントにも遊びに来たことがあるそうで、和泉さんは「声優さんのイベントとは一味違う内容で、お客さんの満足度の高さがすごいと感じました!」と感想を語った。
また『ぽてまぼ!』のふたりが「私たちはパートナーです」と紹介したのに対抗し、大地さんと篠田さんは、「ならば、私たちはバディ!」と宣言! ここにきて、お互いの絆がさらに深まったようだ。

峯田さんと和泉さんを迎えての、まず最初のコーナーは「王様ゲーム」ならぬ「ファラオゲーム」。4人がそれぞれ紙を引き、「ファラオ」に選ばれた人が、残り3人に対するお題を出す。大地さんいわく「闇のゲーム」と呼ばれる無茶ぶりが展開することに……(笑)。

最初にファラオとなった篠田さんからは「1番(の数字を引いた人)が、カメラの前で告白をする」というお題。「1番」の数字を引いたのは和泉さん!「お前の確定申告、俺が全部やるよ」とイケメン風に言い放ったが、篠田さんは納得いかない様子……(笑)。

和泉さんは「3番(大地さん)が2番(峯田さん)をイメージした詩を作る」という変化球ミッションを提案。大地さんは即興の詞を見事に作り上げ、大きな拍手を浴びていた。

最後は、この日大当たりの「ファラオ」和泉さんから「私以外の3人が即興オフ会をする」というミッションが提案され、大地さんと篠田さん、峯田さんがハンドルネーム同士で「推し」について語り合い、そのオタクっぷりも遺憾なく発揮されることとなった(笑)。

続いては番組対抗の「オタジャンル 食わず嫌い王決定戦」
4人がそれぞれの興味があるジャンルについてアツく語っていくのだが、その中には、番組本番前に詰め込んだ、にわか知識だけで紹介するジャンルが混ざっており、それが何かをお互いに当てる……という対決コーナー。

なお、
和泉さんは「色気のあるおじさん」と「ランドセル」
篠田さんは「マイティ・ソー」と「ファイナルファンタジー9」
峯田さんは「ガンプラ」と「バンドリ!」
大地さんは「僕らのヒーローアカデミア」と「戦国BASARA」
の2ジャンルを語っていった。

みな演技がうまく、高レベルの争いが展開し、お互い最後まで当てることができず、痛みわけに終わった。

続いては、『カレチャ』の名物コーナー「みなみの目指せ優勝!」。大地さんが篠田さんを“優勝”させるためのコーナーなのだが、今回は『ぽてまぼ!』のふたりも参戦!

大地さんがシチュエーションを細かく設定し、篠田さんのデモンストレーションもキマッたところでいよいよ本番!
篠田さんがプロデュースしたシチュエーション「小学生のとき、キャンプ中、みんなで焚き火を囲んでいると、意中の彼が隣に座ってきた」の告白に峯田さんが挑戦! 3人をキュンキュンさせると、その峯田さんが和泉さんに向けて「高校2年生の夏休みに、自分の気持ちに気づいてくれていない野球部の彼に、水着姿で近づく」という設定を提示。
大地さんは「後輩たちに、ただただ優勝をさせるだけのコーナーになった」と笑いながら感心していた。

先輩・後輩番組らしく、パーソナリティ同士が強いシンパシーを感じられた90分だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

☆第2部

第2部は大地さんと篠田さんのふたりでお届け。

最初は放送200回への祝福メッセージが次々と紹介されていく。
最初は1クール(3ヶ月)で終了する予定だった(笑)という『カレチャ』。200回記念回では、大先輩である森久保祥太郎さんからのメッセージが贈られるなど、大きく育ったことに感慨深そうな表情を浮かべる大地さんと篠田さんだった。

続いて、今回放送200回記念のグッズとして制作された「エコバッグ」のPRタイム。
ふたりがお買い物に行くというシチュエーションで、かさばるものも次々と入れていく。
大地さんは自分の推し作品や森久保さんの映像作品のPRが強めになってしまった感もあるが(笑)、多くのリスナーの心をつかんでいたようだ。

「あつまれ カレチャの森」コーナーでは、大人気ゲームソフト『あつまれ どうぶつの森』で作った、自慢の「しま」を紹介。大地さんは「自分の推しキャラクターを連れ込む部屋(笑)」などを、赤裸々に紹介。篠田さんの「しま」は、チャーハンにちなんで中華街のようなエリアがありつつ、「いけにえを捧げる」という謎のスポットも……(笑)。
最後は、リスナーの「しま」を紹介。物販コーナーやステージなど、『カレチャ』のイベント会場をイメージしたエリアが作りこまれていた。

続いて「カレチャ マニアッククイズ」
これまでに番組内で起こった出来事を、リスナーからクイズ形式で送ってもらい、正解の合計数で勝負をする、というもの。

「23歳になったばかりの篠田さんが『電車の中で○○をしたい』と発言。さて、何をしたいと発言した?」という問題の正解は「電車の中で単語帳を開いている人がいるので、自分もやってみたい」。

大地さんからは「だーみな(篠田さん)が、まだ自分をさらけ出していない時期だったのかな?」とツッコミが。
一方で、際どいワードの聞き間違いに関しては、ふたりとも正解するというシンクロぶりは「さすが」の一言(笑)。

最後は、「みなさんに聞きたいことがあります!」コーナー。ふたりがリスナーに聞きたいことを、コメントで募集していく。

「おうち時間の過ごしかた」についての質問では「アニメを動画サイトでたくさん観ていた」、「アニメグッズを断捨離した」などの回答が。
そして、「今後『カレチャ』で叶えてほしいことは?」という質問には、「コラボカフェ」、「(イベントでの)カラオケ大会ふたたび」、「バンジージャンプ」などの案が。たくさんの案に感謝の気持ちを述べつつ、「ギャルゲー化」という要望には「私たちをコウリャクするのは難しいぞ~!」と笑っていた。

第1部、第2部を通して「オンラインイベントということで、新しい、面白いことに挑戦できた」というふたり。「次は300回を目指して頑張ります!」と決意を新たにしていた。

<Text/ダンディ佐伯>

【番組概要】
『大地・みなみのカレーチャーハン』
ラジオ関西にて毎週土曜24時~

●アニたまどっとコムch
https://ch.nicovideo.jp/anitama-ch

にて放送中!

<番組グッズ>
『カレチャエコバック』
3,300円(税込)

レジ袋有料化に伴い、カレチャも番組エコバックを作りました。
クルっと丸めてゴムバンドで留められるので、カバンやリュックに入れておきやすいですよ。
QRコードは番組ホームページに飛びます。
環境に配慮しつつも番宣できるスグレモノ!

サイズ:縦36㎝×横29㎝×マチ10㎝(平置き)
素材:ポリエステル
『アニたまSHOP』で販売中!
https://anitama-shop.jp/?mode=cate&cbid=2242034&csid=0

●『大地・みなみのカレーチャーハン』公式サイト
http://anitama.com/cc/
●『大地・みなみのカレーチャーハン』公式ツイッター
@taichiminamicc
●『大地・みなみのカレーチャーハン』番組チャンネル
https://ch.nicovideo.jp/taichiminamicc

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『峯田・和泉のぽてまぼ!』
毎月第2・第4日曜22時~『アニたまどっとコムch』で最新回を2週間動画配信

●アニたまどっとコムch
https://ch.nicovideo.jp/anitama-ch

●『峯田・和泉のぽてまぼ!』公式ツイッター
@minedaizumipm