【リレーインタビュー】「カシワ愛」を胸にアニメ作品に挑戦! 『超普通都市カシワ伝説R』音楽担当・夏海ルイさん インタビュー

By saeki, 2020年7月27日


2015年に設立され、千葉県柏市を中心に「やりたいこと」の実現を目的として活動を続ける市民団体「できる街プロジェクト」。

これまでフラッシュアニメで制作されてきたご当地アニメ企画の第3弾作品『超普通都市カシワ伝説R』が、今夏千葉テレビ放送にて放送開始! 柏の街を舞台に、女子中学生と不思議な生き物たちが繰り広げる「普通の日常」を、シュールなギャグで彩ったショートアニメだ。

キャラクターデザインに柏市在住で『放課後さいころ倶楽部』、『ハルノクニ』、『月の蛇 ~水滸伝異聞~』などの作品でおなじみの漫画家・中道裕大先生を起用し、数々のテレビドラマの脚本を手がけてきた村井真也氏が脚本・監督を務める。

作品の制作に向けて行なわれたクラウドファンディングでは、「アニメに参加できる権利」など市民制作ならではの返礼品で、225名の支援者から約200万円を集めることに成功した。

今回は、『超普通都市カシワ伝説R』から音楽制作で参加することになった夏海ルイさんに本プロジェクトの魅力や音作りについてお聞きしました!

―プロジェクトに携わられたきっかけは?

夏海ルイさん(以下、夏海):最初に『カシワ伝説』の存在を知ったのが、ツイッターでの声優オーディションの告知です。
「主題歌はすでに決まってしまっているのですが、劇伴(アニメなどで流れる伴奏音楽)を担当してくださる方はまだ募集してますよ」とのことでしたので、応募させていただきました。

―夏海さんは、普段はどのようなお仕事をされているのでしょうか?

夏海:作曲活動やベースを弾いたりしています。最近ですとタイのドラマの劇伴をよく書いていますね。ゲームのBGMは作ったことはありますが、テレビアニメのお仕事は今回が初めてです。

―実際にやってみていかがでした?

夏海:先に映像をいただけて、参考にしながら作れたのはよかったですね。すごく楽しく作らせていただきました!

―『カシワ伝説』の過去作品はご覧になりましたか?

夏海:はい、応募する前にこれまでにYouTubeで上がっている作品を観させていただきました。ずっと柏に住んでいたので「ここが舞台のアニメってないのかな?」と前々から思っていて。
高校生のころから地元でバンドをやっていて、「みんなで柏を盛り上げたいね」と話していたので、こうした形で地元に貢献できたのはうれしいです。

―『カシワ伝説』の脚本・監督を担当された村井真也さんとは何度か打ち合わせをされたのでしょうか?

夏海:いえ、そこまでじっくりとはお話していないです。村井さんが経営している
「M’s BAR」にお邪魔したとき、たくさんのレコードが並んでいて「夏海さんのルーツはなんですか?」とか、色々聞かれるのかと思っていたら、元々演劇で活躍されていたとのことで、少し安心しました(笑)。

―今回の作曲作業でこだわったところは?

夏海:いつもはトラックを重ねたり、かなり凝った作り方をしているのですが、この作品にはフィットしないな、と思いまして、『カシワ伝説』らしさを考えながら作りました。
それと、普段は滅多にしない「作品に音をはめこむ」という作業まで担当させていただいたので、貴重な体験ができたな、と思います。

―夏海さんもそうですが、これまでテレビアニメの制作現場に携わったことがない方がたくさん集まって、ひとつのコンテンツを作るのってワクワクしますね。

夏海:そうですね。そんなメンバーが作った作品が、こうして地上波でオンエアされるのはすごいことだと思います。
しかも、放送時間が夜の21時54分からということで仕事や学校から帰ってきて、ご飯を食べてお風呂に入り、ちょうどゆったりとした空気のなかで観られるのはいいですよね。

―ちなみに、作品の印象は?

夏海:一言でいうと……「独特」ですよね(笑)。まず、パワーポイントで作られたアニメが地上波で流れる、というのがすごいな、と。地元スポットもたくさん出てきますし、柏出身としてとしてはすごく愛を感じる
内容になっているな、と。音楽をやっているので「吹奏楽と言えば市立柏高校、納得」みたいな。そういう視点で楽しませていただいております。

―『超普通都市カシワ伝説R』はすでにご覧になったそうですが、見どころはありますか?

夏海:第4話でたくさんのキャラクターが出てくるお話があるのですが、あれは面白かったです。SEも担当させていただいたのですが、キャラクターが出るたびにその音が鳴って(笑)。
ほかにもツッコミどころが満載の物語になっていますので、ぜひ楽しみにしてください。気を抜いているとすぐに終わってしまうので、集中してご覧いただきたいです!

―コロナ禍で色々と大変かと思いますが、お仕事でも影響はありますか?

夏海:ベースの教室を開催していたのですが、こういう時期ですのでリモートでのレッスンがメインになりまして。防音設備が整っている家は多くないので、大変です。
ライブハウスも通常の状態に戻るのはまだ先でしょうし、苦しい状況ですね……。
こんなときだからこそ、『カシワ伝説』を観て元気になっていただきたいです!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【アニメ概要】

『超普通都市カシワ伝説』
2020年7月6日(月)21:55~千葉テレビ放送にて放送
(毎月第3月曜はお休みです)

<スタッフ>
【キャラクターデザイン:漫画家 中道裕大】
第50回小学館新人コミック大賞受賞。
代表作:小学館「月の蛇~水滸伝異聞~」「ハルノクニ」
小学館『ゲッサン』「放課後さいころ倶楽部」連載中。
柏市在住。

【主題歌プロデュース:作詞・作曲家 三浦誠司】
東京大学文学部国文学科 卒業 学生時代柏で過ごした。
「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」「アイドルマスター」などアニメ・特撮・アイドルなど幅広く楽曲を提供・

【脚本・監督:脚本家 村井真也】
第48回放送脚本新人賞 寺島アキ子記念奨励賞受賞。
第26回フジテレビヤングシナリオ大賞佳作受賞。
代表作:フジテレビ制作「ブスと野獣」。
柏市在住。

【音楽・音響:川嶋 弘治(元ままごとP)】
会社員の傍ら、音楽制作やWebデザインなどを行う。
アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」二期ED曲に採用された過去を持つ。
プログレッシブロックバンド「Evraak」のベーシストとしても活動中。
柏市在住。

【音楽・音響:夏海ルイ】
日本テレビ番組BGM、テレビドラマ「明日、ママがいない」「Mother」タイ版劇伴など幅広く楽曲を提供している。柏市出身。

●Twitter
https://twitter.com/rui_natsumi

【音楽・音響:宇田川翔】

【キャラクターデザイン:藤咲】
お絵描きとチョコが好きな会社員

●pixiv
https://www.pixiv.net/users/25819539/artworks
●Twitter
http://twitter.com/fujisaki_v

【キャラクターデザイン:ラッコくみちょう】

●Twitter
https://twitter.com/rakko_kumicho

【キャラクターデザイン:声優 冷水優果】

●公式HP
https://www.hiyamin.com/
●公式Twitter
https://twitter.com/hiyamin914

【キャラクターデザイン(似顔絵):いちろ】
千葉県船橋在住。
関東、インターネット活動を中心に似顔絵、イラストを描きながらフリーランスで様々な企業とのワークショップなども活動している。 

●Twitter
https://twitter.com/nigaoeichiro

【キャラクターデザイン(似顔絵):みちよつ(よつもとみちよ)】
自宅から自転車で行ける距離を中心に手芸&似顔絵活動。
ご近所のイベントやデイサービス施設から、DJイベント、サーキット場etc…
信頼できる人とのご縁が繋がり呼ばれたところにのみ出張する。

巨大なあみぐるみ作りの実演等をする編み物パフォーマーでもある。
2017年春、似顔絵の全国大会・名古屋似顔絵楽座「竜王賞」出場。
主な出没イベントは、 『柏に「流⁽ながし⁾」現る』

【主題歌動画:山根美香】

●Instagram
https://www.instagram.com/yummy_pinkey/

【プロデューサー:楠本慶彦】

【企画:できる街プロジェクト】

【制作:超普通スタジオ】

ほか

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【キャスト】
舎川あこ:ペチ子
田野ながれ:高里桃子
テガちゃん:秋山結可莉
橋舟一花:新田ほのか
安浦千代:本田しをん
鎌谷しの:冷水優果
マヌー:岡田めい
ほか

☆そのほかスタッフ・キャスト情報は公式サイトをチェック!!

●アニメ公式サイト
https://kashiden.dekimachi.com/story/03r/
●公式ツイッター
@kashiwaanime