【プレゼントあり】3人はまだまだ進化の途中! 7月22日(水)に『Theory of evolution』をリリースするイヤホンズ インタビュー

By saeki, 2020年7月21日


2015年にテレビアニメ『それが声優!』とともにデビューを果たした、高野麻里佳、高橋李依、長久友紀による3人組声優ユニット・イヤホンズの3枚目のアルバムが発売! 活動5周年を迎え、初回限定盤は、彼女たちの無限の可能性を示す「進化の過程盤」としてリリースされる。
メンバーにアルバムの聴きどころ、これまでの、そしてこれからのイヤホンズについて語っていただいた。

―まずは、アルバムが出ると聞いたときの感想をお願いします。

高橋李依さん(以下、高橋):CDという、目に見える形でみなさんに作品をお届けできるのが、すごくうれしかったです。

高野麻里佳さん(以下、高野):「3rdアルバムが出ます!」という話を聞いたとき、「これまでのイヤホンズの楽曲作りを考えると、いままでに発表してきた曲だけでなく、なにか新しいものを打ち出せるんだろうな」、という期待感が高まったのを覚えています。

長久友紀さん(以下、長久):「イヤホンズらしい曲がこんなにたくさん歌えるんだ」とワクワクしました。イヤホンズは毎回歌うためのハードルが高い曲が多いのですが、今回の場合は「また新たな曲に出会えるんだ」というワクワク感が強かったです。

―今回の初回限定盤は別名「進化の過程盤」と呼ばれていますね。

高橋:既存の楽曲をレコーディングし直すことについて、コマクちゃん(ファンのみなさん)はどのように感じるのか、不安でした。
でも実際は、「主線を録り直した」、「曲を構成している要素も違う」、そして「そもそも前回は私たちが作中に登場する『イヤホンズ』として歌っていた」ということで、結果的に全然違う曲に仕上がった印象です。

高野:一度答えが出ている楽曲を、別の答えとして改めて提示するということになりますので、これはこれでひとつの「進化論」なんだろうな、と感じました。

長久:「キャラクターとして歌っていたときは、とても難しかったな……」と懐かしい気持ちになりました。もしかしたら私と同じ様に当時の懐かしさを感じるコマクちゃんがたくさんいるんじゃないか、ということに気づいたんです。今回生まれ変わった楽曲は、「リミックス」ではなく、「リメイク」です!

―『Theory of evolution』というタイトルは、みなさんのこれまで歩んできた道を示しているものだと。

長久:おしなべて、インタビュアーのみなさんはそういった解釈で話を聴いてくださっていると思うのですが、実は厳密に言うとそうではなく……(笑)。

高橋:私たち、「進化した」と言い切るにはまだ早いと思っているんですよね……。

長久:私たちにとって雲の上の存在である声優の先輩方がたくさんいますし、そんななかで「私たち、進化しました! ドヤァ!」とは言えませんから(笑)。

―『ダーウィンの進化論』で有名な、人類の進化の過程を描いた絵で言うと、どのあたりでしょう?

高橋:ようやく棒を持って、火を起せるようになったくらいでしょうか(笑)? まりんか(高野さん)は「進化論」のイメージは、アウストラロピテクスだったんだよね?

高野:うん。「進化論」というと、やっぱりあの絵を想像しちゃうじゃない(笑)?「イヤホンズは、これからもどんどん進化していきたい!」、という意志をCDに込めたということを考えると「進化論」という言葉はピッタリだと思います!

―息もピッタリのイヤホンズですが、5年間活動してきてなにか想い出はありますか?

高橋:そうですね……肉にまつわる想い出が多いかな?

高野:『それが声優!』のアフレコ終わりにみんなでパスタを食べに行ったの、覚えてる? あのときはまだお互いに気を遣って「まあ、パスタなら無難だろうな」という考えで行ったと思うんだけど。

長久:覚えてる! でもいまや一緒に食べに行くのは「焼肉」……(笑)。

高野:3人の距離が近づいたことで、一緒に食べるものも変わってきたね(笑)。

高橋:「匂いがついたら次の日の仕事に響いて迷惑かも?」、「いやいや、自分で(消臭剤を)シュッシュするから」みたいな(笑)。

―お仕事での想い出は?

高橋:私は……やっぱり、足を怪我したときのことでしょうか? 2016年6月18日にラフォーレミュージアム原宿で開催された「イヤホンズ一周年記念LIVE 東京声優朝焼物語」の直前に左ひざの靭帯を損傷しまして……。ライブには出演させていただいたのですが、あのときは辛かったです。
私はいつも「取りあえずやってみて、ダメだったら引き返す」というスタンスでやってきたので、「取りあえずやってみる」ことができなくなったのは本当に苦しかったですね……。
でもライブ当日は、私のぶんまでふたりがステージいっぱいにパフォーマンスを見せてくれて、そのおかげで、私はだらけることができました(笑)。

長久:思えば、りえりー(高橋さん)はあのライブをきっかけにだらける……じゃなくて(笑)、リラックスすることを覚えられたのかもしれないね。

高橋:確かに。強制的に任せなければならないようなシチュエーションになったからね(笑)。

高野:ある日楽屋でイヤホンズ関連のコメントを紙に書いていたのですが、りえりーは一足先に終わらせて、机の上にきちんとそろえて置かれていたのですが、がっきゅの姿も見えないんです。
机を見たら、がっきゅが書き終えたと思われる紙が散乱している状態でして……。無意識のうちにまとめておいたら、ちょうど楽屋に戻ってきたがっきゅが「あ、まとめておいてくれたんだ、ありがとう」って。

高橋:そこで面倒に思わないまりんかもすごいな、と思いました(笑)。

高野:長いこと一緒に活動していると、こういうやり取りも普通になってくるのかな……と思ったエピソードでした(笑)。

長久:自分でやっておいてなんだけど、それがストレスにならない、というのが一番いいよね(笑)。
その話に被せるわけではないのですが、私、最初のインストアライブのときにメイク道具を全部忘れてきてしまったことがあるんです。マネージャーさんにお願いして、近くの『ドン・キホーテ』に道具一式を買いに行ってもらいました(苦笑)。
イベントには『それが声優!』の原作・原案を担当された、あさのますみさんもいらっしゃったのですが、あさのさんにはうまくバレないようにして乗り切りました(笑)。

高橋:そう言えばあさのさん、私たちのMusicVideoの撮影現場にも顔を出して下さったんだよね。

長久:いま思うとありえないよね。

高野:ご自身が原作の作品ということもあってか、私たちのことをすごく気にかけてくださっているんです。最初にお会いしたときも、ひとりひとりにお土産をくださったり……。

高橋:最初のころは現場や社会人としての礼儀作法など、色々とアドバイスをいただいて「なんとか怒られないように……」と必死だったのですが、今回の5周年のタイミングはもちろん、様々な節目でコメントを頂く度に、見守って下さっている温かさを実感します。

高野:イヤホンズは、いまは別の作品とのタイアップもあったりして『それが声優!』からは少し離れた活動もしているのですが、それでもずっと気にかけてくださっているのがすごくうれしいです。
あさのさんには、感謝しきりです!

―イヤホンズにとっては、まるで、お母さんのような存在ですね。

長久:あさのさんが私たちの「お母さん」で本当によかったです!

―ではそろそろCD収録曲の話を。三浦康嗣(□□□)さんが手がけられた、リード曲の「記憶」についてお話いただけますか?

高橋:2ndアルバム『Some Dreams』に収録された「あたしのなかのものがたり」の続編になるような曲、と言われていたので、イメージは固めやすかったです。そのときのレコーディングの経験を生かし「今回はこんなことをやってみたい」という意欲が湧いていました。

高野:私は、りえりーの次にレコーディングしたのですが、彼女の録った音源を聴いたら、メチャクチャ弾けて歌っていてビックリしました(笑)。私の担当させていただいたパートが「青春を謳歌した高校一年生の夏」だったので、「私もこんな青春を送りたかったな……」と思いました。
主観で歌うというよりは「主人公の女の子の走馬灯のなかのひとつ」という意識で、俯瞰して歌ってほしい、というディレクションがあったので、胸にグッとくるような歌詞なのですが、「寂しくもあるけど、いい思い出だったな」という想いを込めて歌わせていただきました。

長久:最初は自分の感情を前面に出しすぎて、中々リズムに乗れなかったので、三浦さんから「まずはリズムにはめてみよう」というアドバイスをいただき、「楽曲で表現されている景色や音を伝える人」という立場で歌えるように頑張りました。
3人がそれぞれのパートでそれぞれの表現方法をしているものの、結局はひとりの人間のことを歌っているので「3人の歌声でそれを表現できるのかな?」と正直不安になりました。でも完成版を聴いたらスッと腑に落ちたんです。「三浦さんってすごい!」と改めて思いました。

―パート分けは最初からされていたのでしょうか?

高橋:はい。いただいた歌詞でパートが色分けされていて、たまたまレコーディング順も、女の子が若い頃から現在に向かって(5歳→高校一年生→OL)、という流れになりました。

長久:この曲に実写の映像をつけると、すごく味があっていいかも? 3人の女子を起用して……。そんな音楽に合わせた映像がほしいです!

―今回のアルバムには、これまで歌ってきた楽曲に「!!!」がついた新録曲も、多く収められていますね。

高野:「背中のWING!!!」は2ndシングル「それが声優!」の『それが声優! 盤』のみに収録されている曲で、かなりレアな楽曲で、もしかしたら「新曲!?」と思う方もいるかもしれないです(笑)。
すごくメッセージ性が強いナンバーなのですが、今度は私たちの等身大の気持ちで歌い上げる機会をいただけて、すごくありがたいです。

長久:ライブでもほぼ歌ったことがない、まさに幻の曲です。昔から応援してくれているコマクちゃんたちの間では人気が高く、いまの私たちの想いを込めたこの曲を聴いたら、またオリジナルの「背中のWING」を聴きなおしたい、と思ってくれる方もいるかもしれないですし、歌い方がどう変わったのかも確認してもらえたらうれしいですね。

高野:オリジナル曲は「進化の過程CD」に入っていますので、ぜひ「初回限定 進化の過程盤」も手にとってもらいたいです!

―では、「わがままなアレゴリー!!!」はいかがですか?

高野:この曲は元々冬の曲というイメージがあったのですが、今回ゴスペル調になり、クラップが入ることにより「いつの季節でも歌っていいんだ」という気持ちが強くなりました。

高橋:元々の主線も好きなのですが、新しくできたメロディラインもすごくお気に入りで、途中のコーラスもすごくカッコいいんです。歌いながらついつい「ドヤ顔」をしてしまいます(笑)。

―「耳の中へ!!!」はデビュー曲のリアレンジということで、とりわけ思い入れが強いのではないでしょうか?

長久:そうですね。イヤホンズにとっては宝物のような曲ですので、デビューから5年経ってふたたび歌うことができるのが本当にうれしいです。出来上がった曲を聴いて「私たち、まだまだやれる!」と思えました。

―最後に、メッセージをお願いします。

高野:アルバムが完成したということは、みなさんと一緒に楽しむ場所が必要ですし、やっぱりライブをしたいです。

長久:私もしたい! 「ライブをしたい意欲」が私のなかでメラメラと燃えたぎっています!!

高橋:いつか今回のアルバム収録曲をみんなと一緒に楽しめるときを心待ちにしています。みなさんも準備をして、そのときを待っていてくれたらうれしいです!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【イベント概要】
<1.イヤホンズ オンライントークイベント「5年目の記憶」>

イヤホンズ3rd ALBUM『Theory of evolution』の発売を記念したオンライントークイベント「5年目の記憶」の開催が決定!期間内にタワーレコードオンライン・HMV&BOOKS online・楽天ブックスにて対象商品をご購入された方にオンラインでご視聴いただけます。
尚、「5年目の記憶」イベントの全日程は、これまでのライブ公演や、デビュー時から今に至って楽曲制作でも携わってきた月蝕會議のエンドウ.を司会に迎え、これまでのライブ&楽曲の”記憶”を、より深くトークします。

■イベント内容
イヤホンズメンバーのうち1人ずつと月蝕會議のエンドウ.でイヤホンズ5周年を振り返るオンライントークイベントを行います。

「5年目の記憶(長久 友紀ver.)」
日時: 2020年7月23日(木・祝) 20:00~

出演: 長久 友紀
MC: エンドウ.(月蝕會議)
販売:タワーレコードオンライン

●詳細はコチラ
https://tower.jp/article/feature_item/2020/07/06/0701

「5年目の記憶(高野 麻里佳ver.)」
日時: 2020年7月24日(金・祝) 20:00~

出演: 高野 麻里佳
MC: エンドウ.(月蝕會議)
販売: HMV&BOOKS online

●詳細はコチラ
https://www.hmv.co.jp/news/article/2007021023/

「5年目の記憶(高橋 李依ver.)」
日時: 2020年7月27日(月) 20:00~

出演: 高橋 李依
MC: エンドウ.(月蝕會議)
販売: 楽天ブックス

●詳細はコチラ
https://books.rakuten.co.jp/search?g=002&sitem=2100011956803+2100011956810&f=O

■購入特典
対象商品購入者対象に「耳の中へ!!!」配信ジャケットステッカープレゼント。さらに対象商品をお買い上げいただいた方の中から抽選で3名様に出演メンバーサイン入りポスターをプレゼント。
※「耳の中へ!!!」配信ジャケットステッカーは商品と同梱させていただきます。
※抽選特典「出演メンバーサイン入りポスター」はイベント中に抽選をさせていただき後日配送させていただきます。
※抽選特典「出演メンバーサイン入りポスター」の発送はCDのお受け取りと同住所とさせていただきますので予めご了承くださいませ。
※各法人のオリジナル特典は対象外となります。

■視聴方法
各販売サイトをご確認ください。
※各販売サイトにて商品購入時にご入力いただいたメールアドレスへご連絡いたしますので、お間違えのないようご注意ください。
※ドメイン指定等の設定をされている方は、各販売サイトのドメインからのメールが受信できるように設定変更をお願いいたします

■対象期間
2020年7月8日(水)16:00 ~ 2020年7月15日(水) 12:00(正午)まで

■対象商品
各販売サイトをご確認ください。

<2.アニメイトにてイヤホンズ3rd アルバム『Theory of evolution』の発売を記念したイベントの開催が決定!>
内容未定
※詳細は追って発表とさせて頂きます。

「5年目の記憶(イヤホンズver.)」
日時: 2020年9月12日(土)

出演: 高橋 李依・高野 麻里佳・長久 友紀
販売: アニメイト

【アルバム概要】
3rd ALBUM「Theory of evolution」
7月22日(水)発売


【初回限定 進化の過程盤(CD+CD)】
品番:KICS-93923
価格:¥4,000+税

<CD1>
M1:タイトル未定
M2:記憶【作詞・作曲・編曲:三浦康嗣(□□□)】
M3:渇望のジレンマ【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M4:チュラタ チュラハ【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M5:背中のWING!!!【作詞:渡邊亜希子 作曲:ツキダタダシ 編曲:月蝕會議】
M6:わがままなアレゴリー!!!【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M7:循環謳歌【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M8:耳の中へ!!!【作詞:あさのますみ 作曲:山本 奨 編曲:月蝕會議】

<CD2>
進化の過程CD収録予定
M1:あたしのなかのものがたり/2018.3.14【作詞・作曲・編曲:三浦康嗣(□□□)】
M2:予め失われた僕らのバラッド/2016.10.5【作詞:桑原永江 作曲・編曲:エンドウ.】
M3:ウィッチクラフト《テオフィルの奇蹟》/2018.3.14【作詞・作曲:J・A・シーザー 編曲:J・A・シーザー、a_kira】
M4:背中のWING/2015.7.22【作詞:渡邊亜希子 作曲・編曲:ツキダタダシ】
M5:わがままなアレゴリー/2018.11.28【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M6:忘却/2020.7.22【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M7:再生/2020.7.22【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M8:耳の中へ/2015.6.18【作詞:あさのますみ 作曲・編曲:山本 奨】


【通常盤(CD)】
品番:KICS-3923
価格;¥2,500+税

<CD>
M1:タイトル未定
M2:記憶【作詞・作曲・編曲:三浦康嗣(□□□)】
M3:渇望のジレンマ【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M4:チュラタ チュラハ【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M5:背中のWING!!!【作詞:渡邊亜希子 作曲:ツキダタダシ 編曲:月蝕會議】
M6:わがままなアレゴリー!!!【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M7:循環謳歌【作詞・作曲・編曲:月蝕會議】
M8:耳の中へ!!!【作詞:あさのますみ 作曲:山本 奨 編曲:月蝕會議】

【オリジナル映像DVD付きELR STORE限定盤(2CD+DVD)】
発売日:2020年7月22日(水)
品番:ECB-997
価格:¥4,600+税

<収録内容>
CD:「Theory of evolution」【初回限定 進化の過程盤】と同内容
CD:進化の過程CDと同内容
DVD:「イヤホンズ5周年の進化論」

<「Theory of evolution」オリジナル映像付きELR STORE限定盤 予約ページURL>
https://kingeshop.jp/shop/g/gECB-997/?elr=44749

【法人別オリジナル特典】
・アニメイト : 缶バッジ(56mm)
・楽天ブックス : アクリルキーホルダー
・とらのあな : L判ブロマイド(サイン&コメント入り)
・ゲーマーズ : L判ブロマイド(サイン&コメント入り)
・Amazon.co.jp : L判ブロマイド(サイン&コメント入り)
・HMV(一部店舗除く)/HMV&BOOKS online : L判ブロマイド(サイン&コメント入り)
・TOWER RECORDS(オンライン含む/一部店舗除く) : L判ブロマイド(サイン&コメント入り)
・玉光堂・バンダレコード/ライオン堂 : L判ブロマイド(サイン&コメント入り)
・セブンネット : L判ブロマイド(サイン&コメント入り)
・TSUTAYA RECORDS : L判ブロマイド(サイン&コメント入り)
・KING e-shop : L判ブロマイド(サイン&コメント入り)
※特典は先着となり、無くなり次第終了となります。
※サイン&コメントは直筆でなく複製になります。

●イヤホンズ 公式ホームページ
http://earphones-official.com/
●イヤホンズ 公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCJFiq8b262KUx2px_iIjaVw
●イヤホンズ期間限定5周年記念インスタグラム
https://www.instagram.com

【プレゼント】

3人の寄せ書きサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「進化の過程盤」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)
応募締め切り:2020年8月14日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)