【プレゼントあり】ワクワク・ドキドキを詰め込んだ、このみんの新番組がスタート! 『鈴木このみのOPEN HEART!』第一回配信レポート

By saeki, 2020年6月7日


人気アニソンアーティスト・鈴木このみの“素”が楽しめる生配信チャンネル『鈴木このみのOPEN HEART!』が「OPENREC.tv」にてスタートし、6月5日に第一回の放送をむかえた。

今回は初回ということで全編無料配信。
畑亜貴さんが選んでくれた衣装で登場した鈴木さん。番組冒頭のフリートークでは、彼女の近況を報告。おうち時間で『あつまれ どうぶつの森』で遊んでいたということを明かした。
ちなみにチャンネル名の由来は「私の心のうちをみんなに届けて、羽ばたけるように」とのこと。

なお、配信中に支援として送ることができる「エール」機能。1度に800エール以上贈ることで画面左下に登場する「御礼イラスト」は、鈴木さんご自身が1分で描いたそう(笑)。

ここからは怒涛のコーナーラッシュ! 鈴木さんの座るソファの後方に並ぶコーナー一覧のなかから、まずは「マル秘映像公開」。こちらは、鈴木さんのライブ動画やリハーサル動画、プライベート動画など、様々な動画をお見せするコーナーだ。

今回は、先日ツイッターでもチラ見せした、2018年のツアー「鈴木このみ 4th Live Tour ~Magic Hour~」の日比谷野外音楽堂公演の映像を紹介。
「マジックアワー」というライブタイトルがついているということもあり、ぜひマジックアワー(夕陽が落ちるか落ちないかのギリギリの時間帯)に合わせて歌いたい、ということで、タイムキープにも苦労したそう。なお、照明にもこだわっていて、「ひとつの『作品』としても観てもらいたい」というコンセプトのツアーだったと明かした。

また、会場は野外ということもあって「音量制限」や「時間制限」があり、当日も限られた時間内でのミニマムなリハーサルだったそうだが、物販に並んでいるファンに「あとでよろしく!」と叫んで伝えたりと、ファンサービスにも余念がなかったご様子(笑)。

さらに本邦初公開の「二十歳当日のバースデーイベント@幕張メッセ イベントホール」の裏側の模様を紹介。たくさんのスタッフの手でステージセットを組み上がっていく様子が超高速で流された。
本番では「ステージのバックウォールが180度回転してケーキが出てくる」仕様になっていて、鈴木さんはもちろん、事前にギミックを見たスタッフも驚いたそう。毎回このようなマル秘映像がどんどん公開されるとのことで、いまから楽しみだ。

続いては「LINEスタンプを作ろう!」コーナー。鈴木さんはLINEスタンプを作りたいと常々思っていたそうで、生で視聴しているこのまにあ(ファン)のコメントのなかから、お気に入りのワードを選び、絵を描いていく。初回は「いいね!」と「おやすみ」のスタンプを作成! 今後もどんどん増えていくそうなので、画伯の芸術作品に期待しよう!

お次は「公開レコーディング」コーナー。先日自身のツイッターにアップした、映画『天使にラブソングを』のひとりゴスペル動画(20回ほど声を重ねたそう)を例に、鈴木さんの持ち歌のなかから1曲1コーラスの主旋、ハモリ、コーラスなどを重ねていき、完成させる。
「ゆくゆくは、みなさんからの音声も組み込んでいきたい」とのことなので、「鈴木さんと一緒に歌ってみたい」人はぜひ応募しよう!

最後のコーナーは、番組冒頭から本人もこのまにあも気になっていた「指令」。
手元に用意された、謎の手紙の中身は「6月14日(日)開催のスタジオ限定ライブのセットリストを、このまにあのみなさんに考えてもらう、というもの。
曲の並びはもちろん、ライブコンセプトに加え、MC部分(※時間指定のみ)も含めてセットリストを完成させるという、本格的な内容となっている。
鈴木さんいわく「セットリストのコンセプトに沿って衣装を選ぼうかな~」とのこと。また、「バージョン違いの曲もあるので、どのバージョンが来るかも楽しみ!」と目を輝かせていた。

番組は、あっという間にエンディング。
「最初は緊張したけど、今は「家」って感じです(笑)。今後もこのまにあのみんなとチャットで盛り上げてもらったり、一緒に楽しんでいきたいです!」と話し、配信は幕を閉じた。

【第一回 配信終了後 インタビュー】

―第一回の配信を終えての感想をお願いします。

鈴木このみさん(以下、鈴木):久しぶりにみなさんの前でしゃべったので、最初はなかなかうまく話せませんでしたが、番組の最後になってようやくノってきて「もっとしゃべりたい!」と思えるようになりました(笑)。
みんなのコメントがリアルタイムで見られて楽しかったですし、チャンネルが今後どのように完成していくのかが楽しみです!

―本日の衣装は、鈴木さんにとって「第二の母」のような存在である畑亜貴さんが選んでくださったそうですね。

鈴木:私の誕生日(11月5日)に、「プレゼント、どんなものがいい?」と言っていただいて。
自分ではフワッとした服を選びがちなので、「楽屋入りしたときに『あの人はアーティストだ』とすぐわかってもらえるような、アーティストらしい服をお願いします」と頼んだんです(笑)。
この服を着ているとすごく背筋が伸びますし、これからも「ここぞ」というときに着たいと思います!

―「LINEスタンプ作ります!」コーナーでは、相変わらずの(?)画伯ぶりを発揮されていました。

鈴木:前々から自分のLINEスタンプを作りたいと思っていましたので、こうして企画で実現できてよかったです! 初回は2種類のスタンプの絵を描きましたが、回が進むにつれて、どんどんマニアックなセリフのリクエストが出てきそうで、楽しみですね。
描いていくうちに絵が上達していくのか、お題が難しくなって画力も下がっていくのかわかりませんが、今後も頑張ります。(笑)。

―「マル秘映像公開コーナー」では、これまで鈴木さんが活動してきたなかでの秘蔵映像が毎回紹介されていくそうですね。

鈴木:4Kで映像化されているライブもあるのですが、Blu-rayやDVDになっていない公演が結構ありますので、この機会にたくさん観ていただきたいですね。
初回からかなり貴重な映像を見て頂きましたが、まだまだこんなものじゃないので、楽しみにしていてください!

―「公開レコーディング」コーナーでは、リスナーがまるでレコーディングスタジオにいるような感覚を味わえるとか。

鈴木:そうなんです! 初回は私が自宅で録音したゴスペルの動画を聴いてもらったのですが、今後みなさんからの声も募集するかも?です。もし私とみんなの声が重なったらどんなことになるのか、想像がつきません!
また、ハモだけを録った音源は世に出していないですし「そこでこのメロディにいくんだ」というハモりも多いので、堪能していただきたいですね。

初回は3つのコーナーをお届けしましたが、まだやっていない企画もあるので、今後の配信に期待していただきたいです!

―忘れてはならないのが、6月14日(日)開催『鈴木このみの OPEN HEART!OPENREC限定スタジオライブ Vol.1 』のセットリスト募集企画です。

鈴木:ライブまで1週間ちょっとしかないのに、セットリストが決まっていないので、リハーサルができないのがなんとも……(苦笑)。でも、どんなセットリストを送ってきてくれるのか、楽しみのほうが大きいです!

私のなかでも特別すぎて歌えない曲があったり、普段あまり披露していない曲もあるし、もちろんライブの定番曲も捨てがたいし……。みなさんもすごく悩んでくださっていると思いますので、私も悩みながら選びたいと思います。

―これから発売予定のシングル「Realize」、「Theater of Life」についてご紹介ください。

鈴木:テレビアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』第2期OPテーマの「Realize」は、われながら、ものすごく気合いのこもった1曲になったと思います。
作家さんもスタッフさんも私と共通した認識を持っていると思うのですが、この曲はすごく大事にしているところがあるんです。「背景に色々なものを背負っている人の歌」という強い意識を持って歌いました。
主人公のスバルはこれまで「俺はエミリアを守りたい!」という一心で突っ走ってきたと思うのですが、第2期では「今度こそ本当に守るんだ」という、ある種、腹をくくったところがあるんじゃないかと。

私も、今年に入って事務所を移籍して「これからやってやるぞ!」と決意を新たにしたタイミングでこの曲をいただいたので、運命的なものを感じましたし、スバルと私、両方の想いを込められた楽曲になったと思います。ただ激しいだけでなく、色々な想いを内包している曲になりました。

テレビアニメ『デカダンス』のOPテーマ「Theater of Life」ですが、3rdアルバム『lead』に収録された「東のシンドバッド」を書いてくださったANCHORさんに手がけていただきました。
「東のシンドバッド」を披露するときは、いつも大きな歓声をいただくので、この曲もライブで盛り上がること間違いないと思います。

ANCHORさんとは約3年ぶりにご一緒したのですが「爽やかだけど泥臭い、でも清々しい生き方」というのがこの曲のテーマになっています。
『デカダンス』のキャッチフレーズにも通じるのですが「周りの環境に左右されず、自分で生き方をつかみ取る」という姿勢がすごくカッコいいな、と思いまして。
ANCHORさんとも「お互いに泥臭さを大事に」という話をしながらレコーディングしたので、そこも楽しみにしていただきたいです。みなさんも、きっと気に入ってくださると思います!

―最後に、メッセージをお願いします。

鈴木:最近はライブやイベントでお会いする機会が減ってしまっていますが、「OPENREC.tv」という場所でみなさんとお話したり、歌を歌ったりできるので、とてもありがたいです。
私はステージで歌うのが大好きですが、どこにいてもみなさんに歌声を届けられると思いますし、色々な言葉も届けたいので、今後は週に1回、「OPENREC.tv」の『鈴木このみのOPEN HEART!』でお会いしましょう。
みなさんの生活に、少しでも楽しさを加えることができたらうれしいです!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【募集概要】
『【スタジオライブ】鈴木このみのOPEN HEART!OPENREC限定スタジオライブ Vol.1』
あなたが考えたセットリスト募集!


1.歌唱曲は鈴木このみの楽曲の中から選ぶ。
2.セットリストは全体で40分に収まるようにする。
3.セットリストのコンセプトイメージも提案する。
4.曲と曲の間のMC部分も含めてセットリストを完成させる。
5.6月5日(金)~6月9日(火)まで、「OPENREC.tv」鈴木このみチャンネルの「概要欄」にある応募フォームにて受付とする。

以上の概要を踏まえ、セットリストを募集し、6月10日(水)配信予定の『鈴木このみのOPEN HEART!』第二回配信で歌唱するセットリストを決定。

なお、誰のセットリストが選ばれたかは、6月14日(日)のライブをもって発表となる。
鈴木このみのライブをプロデュースできる滅多にないこの機会、ぜひ応募してほしい!

【スタジオライブ】鈴木このみのOPEN HEART!OPENREC限定スタジオライブ Vol.1
https://www.openrec.tv/live/em8xkoe0pz2

【週1生配信】鈴木このみのOPEN HEART!
https://www.openrec.tv/user/OPENHEART_

■セットリスト募集フォーム
https://forms.gle/TobkxUP4atZ7Va2o8
■鈴木このみTwitter
https://twitter.com/Suzuki_Konomin

【プレゼント】

鈴木さんのサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「鈴木このみのOPEN HEART!」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)
応募締め切り:2020年6月30日(火)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)