【れポたま!独占】徳井青空“監督”が作品を語りつくす! 短編実写映画『時々は、眠れない夜に』インタビュー

By saeki, 2020年5月21日


声優・徳井青空が初めてメガホンを取った短編実写映画『時々は、眠れない夜に』が現在monogatary.com YouTubeチャンネルにて公開中!

本作は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが運営する小説・イラスト投稿サイト「monogatary.com」にて昨年実施したコンテスト『モノコン2019』内「徳井青空賞」に設定されたお題「決戦前夜の眠れないJK」に投稿された100を超える小説の中から、徳井監督自身が選定した大賞作品『時々は、眠れない夜に』(著・葉一朗)を原作とした映像作品。

主人公・夏美役に注目の若手女優・栗田桃花、そのお父さん役には数々の映像作品に出演経験のある俳優・山元隆弘を起用。親子の絶妙な距離感を見事に演じている。
また、夏美の友人・せっちゃん役は、徳井さんと交流のある声優・相良茉優が演じる。実写作品には初出演だという彼女の、見事な演技にも注目だ。

大役を果たした徳井監督に本作のことについて、たっぷりお聞きした。

―「モノコン2019」に審査員として選ばれた経緯を改めて教えて下さい。
また、選ばれたときの感想をお願いします。

徳井青空監督(以下、徳井監督):私が審査員なんていいのかなと驚きが大きかったです! 「モノコン2019」は大賞もたくさんあり、さらに盛り上げられるようにしないと! とすごく楽しみでした。

―「決戦前夜の眠れないJK」というお題はどのようにして決められましたか?

徳井監督:ショートムービーとして映像化できる題材で考えました。また、何か大きな戦いの前の目に見えないアツい気持ちがメラメラと湧いてくる雰囲気を女の子が出していたら面白いかなとも考えました。
シチュエーションを限定することで投稿もしやすかったら良いなと思いました。

―『時々は、眠れない夜に』を選んだ決め手を教えて下さい。

徳井監督:Jk目線の作品が多いなかで、もちろんJKが主人公の物語を募集していたのでそうなのですが、「時々は、眠れない夜に」は父の目線から娘であるJKの決戦前夜を描いていたのがとても印象的でした。

最後まで迷った作品は、JKが購買で売られる伝説のアンパンの事を考えて眠れない…という物語です。明るくポップな作品か受験前の複雑な親子関係か、すごく迷ったのですが、自身の挑戦してみたい気持ちも加味して「時々は、眠れない夜に」を選ばさせていただきました!

―キャスティングに関してはどのような形で行なわれたのでしょうか? それぞれのキャストさんの印象や、実際に撮影してみてイメージが変わったことなどあれば教えて下さい。

徳井監督:主人公の夏美役の栗田さん、父役の山元さんはご紹介いただいたキャストさんなのですが、役のイメージにぴったりで嬉しかったです。実際顔合わせでお芝居をしていただくと、一気に脚本が立体になった感じがしてとても感動しました。栗田さんは実際に高校生ということで等身大な雰囲気がすごく出ていて、リアルなお芝居がとても素敵でした。

山元さんはあまり父親役は演じられないということでしたが、器用すぎず明るすぎない絶妙なお父さんを完璧に作ってくださいました!
せっちゃん役の相良さんですが、せっかく徳井は声優をしているのでどなたか声優さんにも出演して欲しい…と考えていて、原作にあるせっちゃんのイメージにぴったりだったこともあり相良さんに出演をお願いしました。突然の実写にも関わらず引き受けてくださって嬉しかったです。夏美との親友感もバッチリ演じてくださってとても助かりました。

―ドキュメンタリー作品「徳井青空、眠れない夜に」でも紹介されていましたが、撮影前の打ち合わせでのエピソードがあれば教えてください。

徳井監督:脚本と絵コンテを書いてお渡ししたのですが、父目線の原作から夏美目線の脚本にする作業も難しかったです。原作との整合性もありつつ徳井の描きたい雰囲気に持っていく…。漫画を描くのが好きなので脚本を書いているうちにどんどん物語が長くなってしまって…なんてこともありました。映像としてわかりやすくコンパクトに、を意識して作りました。実際ロケ場所に行って打ち合わせをすると、またさらに脚本の変更が必要になる部分もあり苦労しました。

―撮影当日に印象的だった出来事があれば教えてください。

徳井監督:やはり夏美の涙が流れるシーンですかね!すごくいい表情で泣ける雰囲気が出ていたのですがテイク1では涙が流れず……。難しければ目薬を使いましょうかという案もあったのですが、その後の撮り直しではめちゃくちゃ綺麗な涙が流れて!「やっぱり女優さんて凄い!」と感じました。涙シーンの撮影中、感極まって思わず徳井も泣いてしまいました!

―両親の離婚や友人の死を直接的ではなく間接的に表現していましたが、その辺りの工夫や大変だった点などがあれば教えていただけますか?

徳井監督:原作では野球の試合に状況や気持ちがリンクしていて、そこが素敵だなと感じていたのです。なので映像にした時もその雰囲気は残したいと思っていました。離婚と死をどこまで明言するか最後の最後まで相談しましたね。

―ドキュメント映像にはご自身が作成されたと思われる絵コンテがありましたが、映画を作るにあたり漫画家経験が生きたところはありましたか?

徳井監督:ストーリーに関しては、漫画を描いていたので作りやすかったです。絵コンテもそうですね。また声優なので音が気になって気になって!撮影中も、「今のシーンの表情はどうですか?」と確認があったときに、「しまった!声の芝居は聞いていたけど表情見てなかった!」と思う事があったり。
普段の演技の中では全く表情は気にしないので、実写は音も画も完璧じゃないとOKが出ないなんて大変だな……と感じました。

―主題歌「眠れない夜 feat.徳井青空」を担当するにあたり、これまで歌ってきたキャラクターソング等の取り組み方との違いや難しかった点、意識した点などはありますか?

徳井監督:これまで歌ってきたキャラソンと全く違う雰囲気で挑みました! キーが高く、ウィスパーボイスを残したまま高音を歌うところが難しかったです。
素敵なメロディを作っていただいたので優しい雰囲気を壊さないように、夜のしっとりとした中で歌っている気持ちで収録しました。優しくてあたたかい本当に素敵な曲で、とても気に入っています。

―ベランダの木や夏美の部屋のピアノ、本棚などの小道具へのこだわりや込めたメッセージがあれば教えてください。

徳井監督:美術チームに用意してもらったものも多いのですが、自分もJKの部屋にありそうな物を買って集めました。夏美の部屋着一式もそうです。本棚には徳井の出演作のパンフなど私物も置いています。実は1番ミソなのがハートの貯金箱です。あれは私が実家から持ってきたものなのでかなり歴史がある物です。

夏美と父が暮らしてきた歴史を少しでもリアルに出したい気持ちがあったのでそういうものを組み込みたくて、「スタッフ全員15年以上使ってる小物を1人1つ持ってきてくれ!」と提案したかったのですが、さすがに迷惑かなと思いやめました。(笑)

―今回「映画監督」という立場で作品作りにこだわった点はありますか?

徳井監督:最初から、脚本を書く時点からずっと完成形が頭にあったのは監督だけです。それをみなさんに共有して伝えてみんなにイメージしてもらう。技術の知識はないので撮影スタッフに知恵を借り、どうやってこのイメージを具現化するか、の繰り返し。改めて、イメージを人に伝えるのって難しいんだなと感じました。声優の仕事よりも、より裏方に徹していましたね。

―上記の質問に通じるところもあるかもしれませんが、今作の物語は、原作小説とは違った視点で描かれていますが、このような形で作品作りをしようと思った経緯を教えて下さい。

徳井監督:私もJKだった時代があるので、JKの気持ちはわかるな、と。父の感情はイメージの範疇を超えませんが、JKであれば自分の経験を生かした感情が描けると思ったんです。夏美目線の方がリアルに書けると感じました。

―パンフレットも好評発売中ですが、見どころをお願いします。

徳井監督:監督補の西川さんに向けて手紙風のメッセージになっています。今回西川さんに本当に多くフォローをしていただいたき、とてもとても助かりました。文にするとやっぱり語り足りない事があったので、また改めて撮影秘話など披露したいですね。キャストさんのインタビューも写真付きであるので必見です!

―徳井さんはすでに漫画家としても活躍されていますが、これを機に小説も書いてみたいと思われましたか? どんなジャンルの作品を書いてみたいですか?

徳井監督:小説も書いてみたいと思いました! でも「文字にするより絵にした方が早い!」と思ってしまうタイプなのであまり向いていないかもしれませんね。
もし書くならSFですね! ロマンのある物語が大好きなので! ただこちらも場合によっては専門知識が必要なところもあるので、いろいろ勉強してから書くつもりです!

―ありがとうございました!

 

<質問案/ダンディ佐伯・山口智也>
☆ページ下部に写真一覧あり。

【映画概要】
徳井青空初監督短編映画『時々は、眠れない夜に』
現在「monogatary.com YouTube」チャンネルにて公開中!

【出演】
栗田桃花
山元隆弘
相良茉優
森川恵古

【スタッフ】
監督・脚本:徳井青空
監督補・編集:西川達郎
プロデューサー:屋代陽平
撮影:深谷祐次
助監督:大川実結
助監督補佐:岩倉まこと
録音:城野直樹
美術:手代木彩理
ヘアメイク:石松英恵

【企画製作】
ソニー・ミュージックエンタテインメント

【協力】
エイベックス・ピクチャーズ株式会社
エイベックス・マネジメント株式会社
株式会社リンク・プラン

原作:葉一朗「時々は、眠れない夜に」
(monogatary.com モノコン2019 徳井青空賞 大賞作品)
https://monogatary.com/story/38627

主題歌:「眠れない夜 feat.徳井青空」
(作詞・作曲:アサイウミ)

●「時々は、眠れない夜に」メイキングドキュメンタリー『徳井青空、眠れない夜に』

【前編】

【後編】

【出演】
徳井青空
栗田桃花
山元隆弘
相良茉優

撮影・編集:増田和由
撮影協力:島崎淳
プロデューサー:屋代陽平

【企画製作】
ソニー・ミュージックエンタテインメント

【協力】
エイベックス・ピクチャーズ株式会社
エイベックス・マネジメント株式会社
株式会社リンク・プラン

●monogatary.com
Webサイト:https://monogatary.com/
Twitter:https://twitter.com/monogatary_com

☆パンフレットのご購入はこちらから
https://monogatary.theshop.jp/