【プレゼントあり】【アニラジアワード受賞番組 企画】新コーナーも開始し、ますますパワーアップ!『告RADIO 2020』古賀葵、小原好美 インタビュー

By saeki, 2020年4月10日


【関連記事】
授賞式後の「本音トーク」の模様も紹介! 豊富な写真で振り返る『第6回アニラジアワード』授賞式
http://repotama.com/2020/03/126146/

『第6回 アニラジアワード』にて「BEST FEMALE RADIO 最優秀女性ラジオ賞」を受賞した、テレビアニメ『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』公式WEBラジオ番組。
4月よりテレビアニメ第二期が放送開始することにあわせ、『告RADIO 2020』とタイトルも新たに、コーナーもリニューアルして放送開始!
今回は、メインパーソナリティの四宮かぐや役・古賀葵さん、藤原千花役・小原好美さんに受賞のよろこび、番組の魅力について語っていただきました!

―まずは、受賞のよろこびの声をお聞かせ下さい。

小原好美さん(以下、小原):「『アニラジアワード』、受賞してたんだ……」と静かに驚きました(笑)。番組でも昨年末くらいから「賞を狙っていこう」という話をしていたのですが、実際に受賞したと聞いたのは、マネージャーさんとスケジュールの話をしていたときだったと思います。 

古賀葵さん(以下、古賀):受賞を目標に頑張ってきたとはいえ、まさか本当に叶うとは思っていませんでしたので、本当にうれしかったですね。私はラジオ収録のときにスタッフさんから聞いて「獲ったんですか、やった~!」と大よろこびしました。

―受賞できた要因は何だと思いますか?

古賀:『かぐや様は告らせたい』のラジオということになっているのですが、番組内ではほとんど作品の話をしない、という斬新なスタイルがウケた……のかな?
毎回ここちゃん(小原さん)が私のことをいい感じに転がしてくれるので(笑)、それをリスナーさんが面白がってくれたのかもしれないと思うと、ここちゃんには感謝、感謝です!

小原:あおちゃん(古賀さん)が言ってくれましたが、恋愛を扱うコーナーでも、ただキュンキュンするだけでなく「え、そんなことある?」というギャグテイスト満載のエピソードを面白おかしく紹介することもあります(笑)。そういう意味では、『告RADIO』は『かぐや様』という作品とは別のコンテンツとして楽しんでいただいている人も多いのかな? と。

最初は「なぜ受賞できたの!?」と驚いたものの、実際に「番組、楽しいです!」というファンレターをもらったりすると、その理由がわかったような気がしました。

―2018年12月に『平成最後の告RADIO』として始まった番組ですが、番組初期のころは覚えていますか?

古賀:最初は緊張していました。

小原:アニメのアフレコは始まっていましたが、まだそんなに進んでいなかったことも緊張の要因かもしれません。私たちもこれだけ毎回掛け合いがある作品は初めてでしたし。

―では、お互いの最初の印象は?

古賀:ここちゃんは「柔らかくて優しそうな感じの人」というのが最初の印象でした。「私も、変なところは見せられないな」と気を引き締めたのを覚えています。

小原:もうだいぶ見えちゃってるけどね(笑)。

古賀:確かに……(笑)。でも、そんなところも優しく受け入れてくれるここちゃんが大好きです!

小原:ありがとう(笑)。私もあおちゃんとはほとんど面識がなかったので「かぐや役」ということは、さぞかしクールでキリッとした人なのかなと思っていました。そしたら想像とかなり違って驚きました。
それはもちろんいい意味のギャップで、キャラクターを演じるときは役者として全然別のスイッチが入るのはすごいな、と。

ですので、彼女が困っていたら助ける……と言うとおこがましいですが、少しでも協力できればいいな、と思うこともあります。もう1年以上やってきたので、あおちゃんがどんなことを言いたいのかも段々わかってきましたし(笑)。

古賀:ここちゃんがいるとすごく安心して、ともすると安心し過ぎてしまうことがあるんです。ほかの現場でここちゃんを見つけると「あ、一緒だ~!」って気持ちが一気に楽になってしまって……。ある意味、依存症ですね。

小原:どうぞ、依存してください(笑)。

―今後もこの関係は続けていきたいと。

小原:そうですね。ずっと仲良くしていきたいと思います!

古賀:ありがとう!

―さて、今回番組タイトルが変わったこともありまして、2つの新コーナーが始動するそうですね。

古賀:「アオハルかよ!」は、みなさんの感じる「青春」っぽさ全開な、思わず「アオハルかよ!」と叫んでしまいそうなエピソードやネタを募集するコーナーです。

とくに現役の学生さんは、ご自身の経験をそのまま書いて送っていただければ、私たちもキュンキュンすると思いますので、ぜひそういったネタをたくさん送っていただきたいですね。

小原:こうしてテレビアニメ第二期が始まるタイミングで、新コーナーができることにワクワクしています。「アオハルかよ!」では、みなさんの青春話を送っていただければ、私たちもうれしいです。

私たちから「こういうのを待ってた!」というコメントが番組内でもたくさん出ると思うのですが、うちのリスナーさんは色々と高度な考えをお持ちの方が多いみたいで……(苦笑)。
「おふたりはこういうネタを待っているかもしれませんけど、我々はこういうアプローチでいきますよ」という、変化球のようなおたよりもたくさんくることを確信していますので(笑)、そちらの方向性ネタもたくさんお待ちしております。

―リスナーの、恋愛をする上で「絶対に譲れない3ヶ条」を募集する「私の恋愛3ヶ条」はいかがでしょう?

古賀:こちらはすでにおたよりを読ませていただいたのですが、個人的な感想を言うと「ちゃんとした見解を持っている人が多いんだな」と(笑)。
それこそ、みなさんそれぞれに違った恋愛観をお持ちでしょうし、放送を聴いて「こんな考え方や価値観があるんだな」というのを知ってもらえたらうれしいですね。

小原:「3ヶ条」ということで、読むペースも上がると思います。すごくテンポも上がるでしょうし、私のイメージだとジェットコースターのようなコーナーになるんじゃないかな、と。

そして、もしかしたら一番騒がしいコーナーになってしまうかもしれないので(笑)、そこはぜひ古参リスナーの方々にも楽しみにしていただきたいですね。「アオハルかよ!」と同じく、私たちに罵倒されるようなネタもお待ち……しております(笑)。

ちなみに、コーナーのおたよりはいつも初見で渡されて読むので、私たちのリアルな反応を楽しんでいただきたいですね。

―毎回、おふたりの心に刺さったおたよりには、ステッカーがプレゼントされています。

古賀:面白いと思ったものはもちろん、思わず慰めたくなってしまうような(笑)エピソードにも差し上げています。

小原:心からほっこりするネタもね。純粋に「この人にあげたい!」というおたよりに対して差し上げております。

―どんなステッカーなんですか?

小原:かぐや様、もしくは藤原書記のイラストが入った、とってもかわいいステッカーになっています。
ステッカー獲得者の方には「転売したり、SNSに載せたりしないでください!」と強くお願いしているのですが、こういう煽り方をしたほうが、みなさんがおたよりを送りたくなってくれるんじゃないかという、ある意味“作戦”ですね(笑)。

古賀:届くまでどんなものかわからなければワクワクしますし、レア度が上がりますから。

小原:でもみなさん、実際にちゃんとルールを守ってくれているので「『告RADIO』リスナー、さすがだな!」といつも感心しています!

―これまでの放送では『かぐや様』関連のゲストを迎えての回もありました。

古賀:アニメ第二期が始まるタイミングになりましたので、また皆さんと一緒に収録できると嬉しいです!。石上優役の鈴木峻汰君は……う~ん(笑)。
クリスマスに実施した女子会は本当に楽しかったですね。大人数で集まってワイワイやることってあまりないので、またやりたいです!

小原:リスナーさんは、私たちがいくら「和気あいあいとした現場です」と言葉として伝えても、実際にその場を見ることができないので、ゲストがいらっしゃるのを楽しみにしている方が多いと思うんですが、収録前や控え室でも本当にノリが変わらず、そのテンション感をそのままみなさんにお届けしているんです。

(富田)美憂ちゃんは第二期から合流したこともあり、最初はとても緊張していたみたいですが、実は女子会の前に一度、同じメンバーでプライベートで遊びに行きました。なので、女子会ではリラックスした彼女の姿をご覧いただけたのではないかと思います!

―先ほど古賀さんが言いかけた、鈴木峻汰さんが担当するミニコーナー「うるせぇバーカ!ラジオ」についてもお聞かせ下さい。

小原:「同じ時間にスタジオにいることがあるのに私たちと共演できない」という謎の壁がありつつ(笑)、ラジオを一緒に盛り上げてくれているひとりですので、今後一緒に何かできればいいな、と思っています。
放送初期のころから、いい意味で方向性がズレてきている感じがしますが(笑)。

収録後は息を切らしながらブースから出てくるので(笑)いつものテンションよりは高めにしゃべっていると思うのですが、鈴木峻汰という人物が、どういう人となりをしているのかがリスナーさんもよくわかるのではないかと。

本人が楽しんで収録に臨んでいるのが分かりますし、彼が石上くんを演じているからこそ、その魅力がとても伝わているというのもあると思うんです。

古賀:リスナーさんからしたら、鈴木くんに「うるせぇバーカ!」と毎回言ってもらえるのはうれしいと思います。リスナーさんと鈴木くんは、ある意味「友達」のような関係性が築いていけているのではないかと。

鈴木くん自身をいじるネタも多いのですが、どんな内容でも笑顔でしっかりと受け答えをしているところは素晴らしいと思いますし、毎回「うるせぇバーカ!」と感情的になっているようで、それぞれのおたよりに対する受け答えはしっかりしているところも人気のひとつではないでしょうか?

―最後に、メッセージをお願いします。

小原:アニメ第一期の放送にあわせて誕生した『告RADIO』ですが、こんなに長く続く番組になるとは思っていなかったので、これまで支えてくれたリスナーさんには感謝の気持ちでいっぱいです。この4月から始まったアニメ第二期ともども楽しんでいただけますと幸いです。

番組では私やあおちゃん、鈴木くん、スタッフ一同、そしてアニメ『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』の方でもキャスト・スタッフ一同と一緒に、みなさんに少しでも元気を出してもらえるように頑張りたいです。これからもよろしくお願いします!

古賀:アニメ第二期が始まるまでの間にブランクがあったにもかかわらず、みなさんが番組を聴き続けてくださったのがとてもありがたいです。
リスナーさんが面白いおたよりをたくさん送ってくださるのはもちろん、そのおたよりに対する別のリスナーさんからの反応があったりするのがうれしいですし「素敵な関係が築けているな」と、しみじみ思います。『告RADIO』では、アニメの話がどれだけできるのかわかりませんが(笑)、我々もアニメを盛り上げていけるように頑張ります。

「次回も『告RADIO』聴けるぞ!」と楽しみにしてくださっている方がたくさんいらっしゃいますので、私たちもその声にお応えして、楽しい番組作りをこれからも目指していきます!!

<Text/ダンディ佐伯>

【番組概要】
『告RADIO 2020』
インターネットラジオステーション<音泉>にて毎週金曜日配信

http://www.onsen.ag/program/kokuradio/

【パーソナリティ】
古賀葵(四宮かぐや役)
小原好美(藤原千花役)

(ミニコーナー)
『鈴木崚汰のうるせぇバーカ!ラジオ』

【パーソナリティ】
鈴木崚汰(石上優役)

●番組メールアドレス
kokuradio@onsen.ag

●おはがきの宛先
〒151-0053
東京都渋谷区代々木4-33-10 トーシンビル B1F
「告RADIO ROAD TO 2020 係」

【プレゼント】
古賀さんと小原さんの寄せ書きサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「告RADIO 2020」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

☆サインをSNSに掲載するのは禁止です! もらった人だけのお楽しみです!

応募締め切り:2020年5月15日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)