文化放送『青山二丁目劇場』×青二プロ創立50周年記念 手塚治虫の名作『火の鳥 ~未来編~』3月2日(月)より3週連続放送!!

By saeki, 2020年2月12日


▲上段左より…桐本拓哉(モニタ少佐)、真地勇志(ナレーション)、國府田マリ子(タマミ)、久川綾(火の鳥)、渡辺菜生子(ロビタ)、松風雅也(ロック)

下段左より…柴田秀勝(猿田博士)、増山江威子(ハレルヤ)、野島健児(山之辺マサト)、山口奈々(ダニューバー)、野田圭一(山之辺マサト)
※( )は本作における役名

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

文化放送で2006年より放送している、人気声優によるラジオドラマ番組『青山二丁目劇場』(月曜午後8時30分~9時00分)。このたび3月2日(月)・9日(月)・16日(月)のオンエアで、青二プロダクション創立50周年企画として手塚治虫原作『火の鳥 ~未来編~』を3週にわたってお送りすることが決定しました。

『火の鳥』は、人間の「生と死」をテーマに描かれた壮大な物語で、手塚治虫が晩年まで手掛けた長編大作です。
これまで映画化や舞台化が数多く行われており、2020年2月29日(土)と3月1日(日)には、青二プロダクション創立50周年を記念して、当シリーズのプロローグ「黎明編」を『TOKYO MX 開局25周年×青二プロダクション創立50周年 「Symphonic Drama 火の鳥 ~黎明編~」』として朗読劇化、上演することが決まっています。

そしてこのたび、その連動企画として、西暦3404年以降の舞台を描いた「未来編」を新たにラジオドラマ化し、文化放送『青山二丁目劇場』の中でお送りする運びとなりました。

本企画は、『ポケットモンスター』『進撃の巨人』など数々のアニメーションで音響監督を務めた三間雅文氏が演出を手掛け、作品を彩るキャストには野島健児や増山江威子をはじめとする青二プロダクション所属の豪華声優陣が登場します。
そして最終の3月16日(月)オンエア回では、ドラマ本編に加えて、当番組の劇場支配人を務めている古川登志夫と、今回火の鳥役を演じた久川綾によるロビートークもお届けします。

【ラジオドラマ『火の鳥 ~未来編~』概要】
西暦3404年、文明は衰退し、人類は深い地下に都市国家を建造して、そこに居住空間を築き、生活していた。
メガロポリス・ヤマトの2級戦士・山之辺マサトは、宇宙生物ムーピーの変身した娘タマミを隠していたため追われる身となる。マサトとタマミは、メガロポリス・レングードへ亡命しようと、荒れ果てた地上へと脱出し、猿田博士のドームにたどり着く。人口生命の研究を一人孤独に続けていた猿田博士。平和に見えたこのドームにも、死の影が忍び寄る。そんな山之辺マサトの前に『火の鳥』が忽然と姿を現す。

【番組概要】
■番組名 『青山二丁目劇場』
■放送日時

毎週月曜午後8時30分~9時00分
※『火の鳥 ~未来編~』: 3月2日・9日・16日放送

■出演
青二プロダクション・古川登志夫(青山二丁目劇場支配人)、青二プロダクション所属声優陣
3月16日(月)放送トークゲスト:久川綾