【プレゼントあり】本条楓役の本渡楓が本作の本当の魅力をお伝えします! 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』 本条楓役・本渡楓さん インタビュー(後半)

By saeki, 2020年1月30日


どこにでもいる、ごく普通の女の子が何気なく始めたMMORPGで防御力を特化させた成長をさせ、やがてどんな攻撃も防ぐことができる大盾使いとなり、ゲームを席巻していく……。テレビアニメ『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』(以下、『防振り』)が現在好評放送中!
主人公・本条楓(メイプル)を演じる本渡楓さんに本作についてお話をうかがいました。
インタビュー後半では、いよいよ作品の魅力に迫っていきます。裏話も飛び出すかも!?

―最初に役が決まったときのことは覚えてらっしゃいますか?

本渡楓さん(以下、本渡):オーディションに臨む上で、主人公の子が、ネット上では「メイプル」と名付けたキャラクターでプレイしているのを知って「そう言えば、私もたまにメイプルちゃんって呼ばれたことがあるなあ」と何となく思っていたんです。で、彼女の本名を見たら「本条楓」だったので、「これはオーディションに落ちたら絶対に悔しいだろうな」と(笑)。名前は関係ないですが、これだけ似ていると、どうしても親近感がわいてくるじゃないですか。ですので、受かったときのよろこびはひとしおでしたね。そして、「本条楓役の本渡楓です」と早く名乗りたいな、と思いました(笑)。
役をいただいたあとは「VRMMO」と呼ばれるゲームが舞台で、登場キャラクターもたくさんいるため、どんな冒険になるのか? どんな方とご一緒できるのかを色々と想像していました。ふたを開けてみたらキャストさんがものすごく豪華で驚きましたが(笑)。

―聞いた話ですと、原作者の夕蜜柑先生に「私、もしかして名前で選んでくださったんですか?」と聞いたら「いえ、たまたまです……」と言われたとか(笑)?

本渡:そうなんです(笑)。ファンの方も「びっくりした」とか「面白いね」と、おおむね肯定的な反応が多かったです。
ここでしっかりと言っておきますが、決して最初から決まっていたわけではありませんので(笑)!

でも、エンディングのクレジットで名前が並んでいるのを見ると、最初は「ちゃんとオーディション、やったよね?」と自問自答してしまう自分もいました(笑)。
それと、原作者サイドの方がアフレコ現場に来られたときに「本渡さんは、ゲームをプレイするときはどんな名前を付けられるんですか? もしかしてメイプルですか?」と聞かれたんです。「実際にキャストの方の名前を見たらびっくりしたんですよね」、と言われまして……(笑)。

―普段はどんな名前でゲームをプレイをされるんですか?

本渡:そうですね……「おとも」を連れて敵を倒していく某ゲームをプレイする際は、自分の名前を「楓」、おともの名前を「本渡」にしたら、まさかゲーム中ずっと一緒に移動すると思っていなかったので、おかげで周りに自己紹介をしながら旅をしています……(笑)。

現在好評配信中のアプリゲーム『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。~らいんうぉーず!~』では、ぜひ「メイプル」の名前でプレイしたいですね。もし「同名がすでに使われています」と表示されたら「メイプル2号」や「メイプル3号」とかになるのかなぁ……(笑)。

―『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。~らいんうぉーず!~』はプレイされました?

本渡:はい、少しだけ遊ばせていただきました! アニメの第1話をご覧いただいた方は分かるかと思いますが、メイプルは最初アジリティ(敏捷性)のパラメータが低く、すごく動きが遅かったので「ゲームでも再現されていたらどうしよう?」と思ったのですが、それは杞憂に終わりました(笑)。

みなさんが空いている時間にスマホでサクッと楽しめるように快適な環境でプレイしていただけると思いますし、ゲームでもアニメ同様たくさんのキャラクターが登場するんです。そして、キャラクターがデフォルメ化されて、よりゲームっぽくなったな、と思いましたので、ぜひゲームのほうもプレイしていただきたいですね。
『~らいんうぉーず!~』、サクサクできます! よろしくお願いします!

―アフレコの話に戻りますが、ほかのキャストさんとの掛け合いは、しっかりとできたのでしょうか?

本渡:そうですね。基本的には同じ時間に集まって録ることができたのですが、先ほども言いました通り、登場キャラクター数がすごく多い作品ですので、「このシーンで出番のない人はちょっと外に出ていてください!」となることもありました。大御所の方々との掛け合いはとても緊張しましたが、戦闘シーンではその緊張感が生きたと思います。

みなさん、収録の合間にはすごく気さくに話かけてくださり、「オリンピックは観る?」とか「この前、髪の毛を切ったんだ」とか他愛のない話で和やかな雰囲気を作ってくださるので、とても感謝しています。

―本渡さんは今回「座長(主役)」という立場ですが、何か意識をされたことはありましたか?

本渡:座長のありかたは色々とあると思うのですが、「座長だからこそこうあるべき」という信念のようなものは持っていないんです。
座長であろうがなかろうが「作品を盛り上げていこう」という気持ちはみんな同じだと思いますので。「みんなが楽しい気持ちでできる環境になればいいな」という想いはありましたし、先ほどでてきた先輩たちにも思い切って話しかけてみようと思ったり。私がなにかをするまでもなく、先輩方が雰囲気を作り出してくださったので、すごく助かりましたね。

―ムードメーカーはどなたかいらっしゃいました?

本渡:そうですね……山崎たくみさんは、みんなを巻き込んで楽しい雰囲気を作られるんです。ゲームが舞台の作品ということもあり「僕は昔はこんなゲームをやっていたんだよ。みんなはどうなの?」と話しかけてくださったり。
神奈延年さんは私の隣の席でずっとアフレコされていたのですが、最初は「ちょっと怖い人なのかな?」と思ってしまいました(笑)。でも実際はとってもチャーミングな方で、アフレコのテストのときに全然違うセリフを言って和ませてくださいました。

―第1話を観させていただきましたが、本渡さん(メイプル)は冒頭から最後までずっとしゃべってますよね。

本渡:原作を見て、物語の内容を考えたら「そりゃあこうなるだろうな」というのは正直ありました(笑)。私、事前に台本にルビをたくさん振るタイプなので、その作業だけでもすごく時間がかかりまして……(笑)。いつにもましてじっくりと台本チェックをした覚えがあります。

第1話はリアルタイムで視聴しました。アフレコ時にも思っていましたが、テンポの良さがすごくあるんですよね。サクサク進んでいくし、気づいたらボスだし、メイプルは何故かボスを食べてるし……(笑)。彼女をすごくかわいく描いていただいていて、うれしい気持ちになりました。
ゲーム内の風景も、少し青みがかった感じですごくきれいでしたし、出てくる敵キャラクターもすごくかわいくて「確かにこのウサギは倒したくないなぁ」なんて思ったり。

―このアニメを観て、ゲームをプレイする際に「防御力に全振り」する人が続出するかもしれませんね(笑)。

本渡:確かにそうですね(笑)。私は、普段は攻撃力に全振りして戦うタイプなのですが「防御に特化した形でこんなに無双できるんだ」と思いましたし、今度このプレイスタイルを試してみたいです。

―本渡さんのなかで気になるキャラクターはいますか?

本渡:クロムさんでしょうか? メイプルと同じ大盾使いということもありますし、第1話の最後でも出てきましたが「高速チャット」でクロムさんがテキストを書き込んでいるのを見て、「外の人」の性格が気になりました。ゲーム内ではすごく紳士に振る舞っていたのに、プレイヤーとしてはあんな感じなんだな……みたいな。

―現実世界のクロムは、どんな見てくれをしているのかも気になります。

本渡:確かに。第2話にはクリスマスローズというキャラクターが出てくるのですが、「実際にこいつを操作しているプレイヤーがいるんだよな」と思うとゾッとしますね。自分の理想の姿をゲーム内で表現しているのか、実生活でもそうなのか? 現場でも話題になっていました。

―物語の今後の見どころをお願いします。

本渡:第4話で早見沙織さん演じるカスミが出てきて、ちょっと不穏な空気になるのですが、そんななかでメイプルは、原作を知らない方がみたらどんな反応をするのかすごく気になる、ある「モノ」を手に入れるんです。そこでまた彼女は驚くような戦いを見せてくれるのですが、私も演じるのうえですごく悩みました。
見た目がすごくなっているし、戦い方もえげつないのですが、その行動に対して「管理人」と呼ばれる人たちが会議を開いたり。メイプルの「そっちの方向にいくのね」というのを見て欲しいですし、人って「誰かのためにやる」から強くなれるじゃないですか。そういうところも楽しみにしていただきたいですね。

第3話くらいまでは、彼女が使う毒竜(ヒドラ)やシールドアタックなど、言い慣れてなかったりするところがあるのですが、話数が進むと頼もしい女の子になっていくんです。また、彼女が強くなればなるほど強力になっていく敵にも期待してください!

―作品を楽しんでいる、そしてこれから楽しもうとしているみなさんにメッセージをいただけますか?

本渡:放送開始から約1か月ですが、みなさん楽しんでいただけているでしょうか? ゲームでは戦いもあるので平和とは言えないのですが、彼女たち自身は温かい世界のなかで生きています。「ノンストレスな大冒険」ということもあって、きっとみなさんもノンストレスでご覧いただいていると思います。

のほほんとしているメイプルが突拍子もない思い付きでスキルを取得していき、どんどんすさまじい方向に向かっていきます。コメディ作品でありつつ、戦闘もガッツリと描かれていますし、登場するスキルも魅力的ですので、今後の展開も楽しみにしてください!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【関連記事】
【プレゼントあり】本渡さんの年末年始を直撃! 『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』 本条楓役・本渡楓さん インタビュー(前半)
http://repotama.com/2020/01/121411/

【プレゼントあり】「家宝にして匂いをいっぱいかいでください!」『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』 「本条楓役の本渡楓が配る楓の香り付き本条楓イラストカード」配布会
http://repotama.com/2020/01/121376/

【アニメ概要】

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』
【放送情報】
※放送時間は変更になる可能性がございます
AT-X:2020年1月8日から毎週水曜日22:00~
《リピート放送》毎週日曜日23:00~/毎週金曜日14:00~/毎週火曜日6:00~

ABC:2020年1月8日から毎週水曜日26:11~
TOKYO MX:2020年1月8日から毎週水曜日25:35~
テレビ愛知:2020年1月8日から毎週水曜日26:05~
BS11:2020年1月10日から毎週金曜日深夜1:00~

【配信情報】
dアニメストア1月8日(水)から毎週水曜日22時30分~
Amazon Prime Video1月8日(水)から毎週水曜日22時30分~
【1月15日以降、順次配信】
NETFLIXHuluバンダイチャネルU-NEXTアニメ放題ビデオパスJ:COMオンデマンドひかりTVAbemaTVGYAO!niconicoFODあにてれRakutenTVビデオマーケットDMM動画PlayStation VideoHAPPY!動画MOVIEFULL

<スタッフ>
原作:夕蜜柑
カドカワBOOKS『痛いのは嫌なので防御力に
極振りしたいと思います。』/ KADOKAWA刊
キャラクター原案:狐印
監督:大沼心・湊未來
シリーズ構成:志茂文彦
キャラクターデザイン・総作画監督:平田和也
アニメーション制作:SILVER LINK.

<キャスト>
メイプル:本渡楓
サリー:野口瑠璃子
カスミ:早見沙織
カナデ:新井里美
マイ:加隈亜衣
ユイ:諏訪ななか
クロム:杉山紀彰
イズ:佐藤聡美
ペイン:小野賢章
ドレッド:山崎たくみ
フレデリカ:竹達彩奈
ドラグ:神奈延年
ミィ:佐藤利奈
シン:山口勝平
マルクス:石田彰
ミザリー:皆口裕子
ドラぞう:丹下桜

【BD・DVD概要】
Blu-ray & DVD 第1巻
2020年3月25日(水)発売

【Blu-ray】
品番:KAXA-7911
価格:¥14,300 (税込)

【DVD】
品番:KABA-10851
価格:¥12,100 (税込)

◆初回生産特典
キャラクター原案・狐印描き下ろしアウターケース
キャラクターデザイン・平田和也描き下ろしデジパック
原作者・夕蜜柑書き下ろし小説付きブックレット(32P)
「防振り」スペシャル日めくりカレンダー

◆毎回特典
予告動画(第2話~第4話)
振り返り動画(第1話~第4話)
ノンクレジットOPBlu-ray & DVD 第2巻2020年4月24日発売
Blu-ray品番:KAXA-7912価格:¥14,300 (税込)
DVD品番:KABA-10852価格:¥12,100 (税込)

◆初回生産特典
キャラクター原案・狐印描き下ろしアウターケース
キャラクターデザイン・平田和也描き下ろしデジパック
スペシャルブックレット(32P)
スペシャルイラストカード(2枚)

◆毎回特典
予告動画(第5話~第8話)
振り返り動画(第5話~第8話)
ノンクレジットEDBlu-ray & DVD 第3巻2020年5月27日発売
Blu-ray品番:KAXA-7913価格:¥14,300 (税込)
DVD品番:KABA-10853価格:¥12,100 (税込)

◆初回生産特典
キャラクター原案・狐印描き下ろしアウターケース
キャラクターデザイン・平田和也描き下ろしデジパック
スペシャルブックレット(32P)
スペシャルイラストカード(2枚)

◆毎回特典
予告動画(第9話~第12話)
振り返り動画(第9話~第12話)
PV・CM集

【ラジオ概要】
『メイプルとサリーの防御特化とインターネットラジオ』
インターネットラジオステーション<音泉>にて隔週火曜日配信中!

<パーソナリティ>
メイプル役・本渡楓
サリー役・野口瑠璃子

●番組ページ
http://www.onsen.ag/program/bofuri/

●作品公式サイト
https://bofuri.jp
●作品公式ツイッター
@bofuri_anime

(C)2020 夕蜜柑・狐印/KADOKAWA/防振り製作委員会


【プレゼント】
本渡さんのサイン入り「楓の香り付きイラストカード」を3名にプレゼント!
ご希望の方は、「本条楓役の本渡楓」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2020年2月28日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)