【プレゼントあり】今から聴いても最古参を名乗れます(笑)! 『河瀬茉希と赤尾ひかるの今夜もイチヤヅケ!』インタビュー

By saeki, 2020年1月8日


2019年10月期より毎週月曜25:00~文化放送「超!A&G」にて好評配信中、注目の若手声優・河瀬茉希と赤尾ひかるがパーソナリティの『河瀬茉希と赤尾ひかるの今夜もイチヤヅケ!』。フレッシュなふたりが毎回様々な爆笑企画で、あなたの一夜漬けライフをサポートします(?)。日々勉強に励む学生さん以外のリスナーさんももちろん大歓迎! 河瀬さんと赤尾さんに、番組の聴きどころについて語っていただきました!

―どんな番組ですか? コンセプトを簡単にご説明ください。

赤尾ひかるさん(以下、赤尾):「明日のためになる」……と番組内では言っていますけど、楽しく一夜漬けしよう! という感じのゆるい番組です(笑)。

河瀬茉希さん(以下、河瀬):一夜漬けしたことって、次の日は覚えているかもしれないけれど、長期的に覚えるのは中々難しいじゃないですか。それくらい軽いノリで、夜を楽しもうじゃないか、というコンセプトでやっております。

―おふたりは、番組が始まる前はどのくらいお会いしたことがありました?

赤尾:番組が始まる直前に生放送番組に出たんですけど、絡む機会は確かなかったんじゃないかな……。

河瀬:『イチヤヅケ!』の初回の放送でも言ったんですけど、私はその段階では番組の話を聞いていたので、ぴ(赤尾さん)に「新番組のこと聞いてる?」って尋ねたら「え? 何のこと」と言われてしまったものだから「あ、もしかしたら別の人に変わっちゃったのかな……」とすごく焦りました(笑)。

赤尾:話がくるまでに、ちゃんまき(河瀬さん)と時間差があったみたいで(笑)。

河瀬:でも、そのあとに連絡先を交換して、ぴが「番組が始まる前に、ご飯でも」と誘ってくれたので一緒に行ったり。楽しく収録本番を迎えられました!

―ちなみに、お互いの第一印象は?

赤尾:すごくしっかりしている印象があったのですが、始まってからはお茶目な一面も持っていてかわいいな、と思いました。

河瀬:ぴは髪型やファッションなど、私の友達にいないようなタイプなので、正直なところ「絶対に話が合わないだろうな」と。私のなかでは「妖精さんとしゃべるんでしょ?」って思ってましたから(笑)。

赤尾:妖精? 何それ(笑)!

河瀬:とにかく「どんな子なんだろう?」というドキドキ感が強かったです。

―初回の放送を終えて、いかがでしたか?

赤尾:すごくやりやすかったですし、毎回この現場に来るのがすごく楽しみになりました。

河瀬:素敵! 『情●大陸』みたいな素晴らしいコメントをしてくれてありがとう(笑)。ぴと一緒にやってみたら「すごく気遣いのできる人なんだな」というのが分かりました。

―番組冒頭では「今週の目覚めの逸品」としてさまざまな飲食物を紹介していますが、印象的だったものはありますか?

赤尾:漢方のような成分がたくさん含まれたエナジードリンクを飲んだんですけど、あれは衝撃的でしたね。

河瀬:「身体にいい成分しか入っていないな」というのがよくわかる……、そんな味でした(笑)。収録の際は、うまく隠し切れたと思っていたのに、オンエアを聴いたら、ぴが最後に「苦っ!」と叫んでいる声が入ってたのを覚えています(笑)。

赤尾:ほかのコーナーでも食べ物や飲み物が出てくることが多いので、収録前に「今日は食べ物がたくさん出てきそうだから、食事は食べないでおこう」とか予想しながらスタジオに来るんですよ。番組が始まるまで、何が出てくるか分からないですからね(苦笑)。

―そのコーナーですが、番組では現在「明日から人気モノ!」、「明日〇〇します!」、「イチヤヅケシミュレーション!上手なお付き合い講座!」、「イチヤヅケでできました!」の4つのコーナーがあります。それぞれ簡単にご説明いただけますか?

赤尾:「明日から人気モノ!」は、リスナーさんから送ってもらった、簡単な質問に対して私たちが制限時間内にどんどん答えていく、というコーナーです。

河瀬:答えるほうはもちろん大変なのですが、質問の内容もその場で初めて知るので、読み上げる側もかまないようにしなければならないので、緊張するんです……。でも真面目な質問から、よく分からない「ゴリラ」ネタまで(笑)、幅広く送ってくれるから、楽しいですね。

―「明日〇〇します!」はいかがでしょう?

河瀬:平たく言うと、リスナーさんから送ってきてもらったお悩みにアドバイスをするコーナーなのですが、私が一言でスパッと回答するところを、ぴは文脈で表現するというか。

赤尾:一言でまとめるのが苦手なので、物語形式でやらせていただいてます(笑)。

河瀬:さっきの話にもありましたけど、ぴには相手のことを気遣う気持ちがあって、下から下からくるような回答が多いよね。優しいなぁ、と毎回思います。

赤尾:うれしい! ちゃんまきは、スラっとカッコいいことを言うからすごいと思ってるよ。

河瀬:本当はボケようと思っているのに……もしかして、すべってる(笑)?

―「イチヤヅケシミュレーション!上手なお付き合い講座!」も、おふたりの個性が爆発するコーナーですよね。

河瀬:世の中にいるかもしれない(?)不思議な人に、普通の人がどのように接すればいいのかをシミュレーションするコーナーです。

赤尾:不思議な人を演じる側も、それに対応する側も難しいんですよね……。

河瀬:毎回どちらを演じるかはくじで決めるんですけど、これまでは私のほうが「演じる側」をたくさんやってきた気がします。クジ運悪いですね、私(笑)。

赤尾:お互いに不思議な人を演じあうという対決形式も試しにやってみたのですが、これが定着してしまうと罰ゲームが増えてしまうかも……(苦笑)?

河瀬:ちょうど2020年になることもありますし、1年間通してのポイント制にして、その年の最後の放送で罰ゲームを執行する、ってのもよくない?

赤尾:でもそれって、たまった分だけの重い罰が来るってことなんじゃないの?

河瀬:それもそうか。例えばバンジージャンプとかね。外ロケもできるし、一石二鳥かも(笑)。

―リスナーさんにも「少なくとも1年は番組が続くんだ」と思ってもらえるかもしれないですし。

河瀬:夏くらいに「今日で最終回になってしまったので、これまでのポイントを集計しま~す……」なんて話を切り出すのはイヤだなぁ……(笑)。

赤尾:やめて~(笑)!

―「イチヤヅケでできました!」も毎回盛り上がりますね。

河瀬:「『○○』という遊びを『●●』しながらやってみよう」という感じで、元々ある遊びを、別の要素を加えて実践してみるコーナーです。

赤尾:作家さんが作ってくる案がすごく秀逸で、「なんでこんなにアイデアが出てくるんだろう?」と尊敬しちゃいます! 動画じゃないと伝わらないような企画もけっこうありますけど(笑)。

河瀬:このコーナーのおかげもあってか「動画配信してほしい」というお声もたくさんいただけるので、それはうれしいですね。

―ツイッターと連動して、「フォロワー数に応じて罰ゲームの動画を公開する」という企画も展開されてますね。

河瀬:詳しい内容は言えませんが、今日の収録分でも動画を撮りましたので、公開されるのを楽しみにしてて下さい(笑)。

―ところで、番組では「女子高生の流行語」など、「女子高生(JK)」がキーワードの制作者側の趣味(?)のような話題や企画がたびたび登場しますが、それについては?

河瀬:私たち自身の高校時代の送り方が違って、お互いにその話をよくしているので、JKネタが多いのかも。

赤尾:私たちが出演した最初のイベント『シーサイド大文化祭2019』でも、私たちが着たかった「制服」姿で出演したしね。一緒に原宿に行って購入してきたんですけど、楽しかった~!

河瀬:JKが読むような雑誌で特集が組まれるように、どんどんJKっぽさを出していければと思っています!

―そう言えば、番組では何度か「岩盤浴に行きたい」という話が出てましたが、それは実現したのでしょうか?

赤尾:「別の番組ではパーソナリティはみんな岩盤浴に行ってるよ」と言われたのですが、後になってウソだということが判明しましたので(笑)。でも、映画やご飯には行ってますし。

河瀬:2020年はハワイに行って親交を深めようと思っているので、この番組で行けたらいいな(笑)。

―チャンネル会員限定放送が隔週で配信されていますが、どんなことをしていますか?

赤尾:本編でやったコーナーのおまけといいますか、お題をもう一つ作ったり、罰ゲームも増やしています。

河瀬:本編よりも、かなりゆる~くやっていますし、本編では口にできないようなことも言っちゃってます。会員の方だけにそっと教える恋愛感とか!

赤尾:楽屋のノリに近いので、みなさんもゆる~い気持ちで聴いていただけると幸いです。

―今後番組でやってみたい企画などございましたら教えてください。

河瀬:やっぱり、公開録音イベントはやってみたいですね。

赤尾:実際にどんな人が聴いているのかを知りたいですし。『シーサイド大文化祭2019』ではたくさんの番組の合同イベントだったのですが、お客さんに向けて(番組のあいさつである)「みんな~、起きてる~?」って聞いたら「起きてるよ~!」と返してくれた人がたくさんいたのはうれしかったです。あと、グッズのお渡し会も面白そうだね。

河瀬:植木さん(シーサイドコミュニケーションズの社長)にプレゼンして、グッズをたくさん作って、年1で「福袋」として出すとか。……こうして話していると、「グッズを作ること」と「ロケに行く」ことしか頭になさそうでイヤですね(笑)。

赤尾:でも、グッズを作って売っていかないと、ロケにも行けないので……。とっても大事なことです(笑)!

―今後も合同イベントに出演される機会があると思いますが、どのように臨みたいですか?

河瀬:現状、まだまだ番組の個性や方向性というものが定まっていない状態なので、そこを明確にしつつ「『イチヤヅケ!』はこの分野なら負けないでしょう!」という部分も見つけたいですね。

赤尾:勝負していきたいです!

―河瀬さんは番組代表として今後もイベントに出演予定です。イベントに来てくださる方、また検討している方に対して意気込みをお伝えいただけますか?

河瀬:年末年始のイベントは、ぴが出演できないということで私一人で番組を背負って出ることになると思うのですが、ぴを感じながら臨めればいいと思いますし、番組を少しでも多くの人に聴いてもらえるよう、爪跡を残してきたいです。

赤尾:私もちゃんまきを背負って、某舞台作品の本番をやってくるから! 年末年始は、お互いを背負い合って頑張ります!

―読者に向けてメッセージをお願いします。

赤尾:まだまだ始まったばかりの『イチヤヅケ!』ですが、たくさんの方からおたよりを送っていただけていますので、どんどん紹介していきたいです。そしてイベントもたくさんやりたいですね。

河瀬:この番組は、言わば『た●ごっち』みたいなもので、どんなキャラクター(番組内容)になっていくのか私たちにも分かっていません(笑)。いまから聴いてくださっても全然古参リスナーですし、「俺が、私が育てた」と言ってもらえますので、ぜひたくさんのおたよりをください。そして私たちの成長を見守ってください! 目指せ、動画番組! でもそうなると、毎回メイクして来なくちゃいけないのか~(笑)。

赤尾:自分で言っておいて(笑)。でも、動画番組としてみなさんにご提供するのはひとつの夢ですので、そこを目指して頑張っていきます。応援よろしくお願いします!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【番組概要】
『河瀬茉希と赤尾ひかるの今夜もイチヤヅケ!』
毎週月曜25:00~文化放送「超!A&G」にて好評配信中

<パーソナリティ>
河瀬茉希
赤尾ひかる

●番組公式サイト
http://seaside-station.net/program/ichiyaduke/
●番組公式ツイッター
@ichiyaduke_ag

【イベント概要】
『SEASIDE NEW YEAR PARTY 2020』
2020年1月12日(日)

<昼の部>
開場13:00/開演13:45
<夜の部>
開場16:45/開演17:30
【東京】科学技術館サイエンスホール(〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園2-1)

【昼の部】
・利根健太朗、緒方佑奈(利根健太朗・緒方佑奈の検証TV!)
・西田望見、奥野香耶(西田望見・奥野香耶のず~ぱらだいす)
・大空直美、小澤亜李(大空直美・小澤亜李のsweet café time)
・永野愛理(永野愛理のあれか、これか)

【夜の部】
・照井春佳、諏訪彩花(春佳・彩花のSSちゃんねる)
・高田憂希、松田颯水(フレッシュたかまつ)
・井上雄貴、安田陸矢(TOKYO FINE BOYS)
・河瀬茉希(河瀬茉希と赤尾ひかるの今夜もイチヤヅケ!)

<チケット>
各4,400円(税込)

【一般発売】
チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/ssnyp/
楽天チケット
http://r-t.jp/seasidenewyearparty
ローチケ
https://l-tike.com/ssnyp2020
CNプレイガイド
http://www.cnplayguide.com/newyearparty2020/

●受付期間
2019年12月28日(土)10:00~2020年1月8日(水)23:59

※注意事項
お1人2枚までお申し込み頂けます。

【プレゼント】
ふたりのサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「イチヤヅケ!」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2020年1月31日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)