魔族と魔法少女の対決のゆくえは!? 「まちカドまぞくすぺしゃるイベント ~お菓子をくれなきゃいたずらまぞくです!!~」昼の部

By saeki, 2019年12月10日


2019年9月まで放送されていたテレビアニメ『まちカドまぞく』のスペシャルイベントが11月16日、東京・山野ホールで開催され、吉田優子(シャミ子)役・小原好美さん、千代田桃役・鬼頭明里さん、リリス(ご先祖)役・高橋未奈美さん、陽夏木ミカン役・高柳知葉さんが登壇した。

昼の部の前にはホットミールを食べ、元気いっぱいでイベントに臨む4人。
まずは「伝えたい想い!! まちカドの思い出」コーナー。昼の部では魔法少女チームのベストシーンを紹介した。
「事務所の人に、自分のシーンを選んでくださいと言われなかったから……(苦笑)」と言い訳しつつ、高柳さんが選んだシーンは、桃の変身シーン。
「曲がこのシーンのために書き下ろされているうえに、回によって変身時間も微妙に違い、細かいこだわりが見られる」と絶賛。「続編があったらミカンの変身シーンも観たいです、えらい人よろしくお願いします!」と宣伝も忘れていなかった(笑)。

鬼頭さんは、桃がシャミ子に筋トレを勧めるシーンと、河川敷で桃がシャミ子に『期待しているぞ』と言い放ったシーン。「桃がこんなに生き生きしているのは、このシーンと(シャミ子たちが住むせいいき桜ヶ丘商店街のマスコットキャラ)たまさくらちゃんのシーンくらいかな……」と苦笑い。

そして桜井弘明監督の選んだベストシーンは「ミカンがご先祖を間違えて捨てようとしたシーン」。「この後のシャミ子の『普通の女の子だぁ…』のセリフにつながる、重要なシーン」と選んだ理由を説明した。
小原さんは「早口が多い作品ですが、ゆっくりしゃべれて幸せなシーンでした」と語った。

さらに桃の「センス……いやフォームが……」とシャミ子にフォローを入れるシーン。ずっとクールに演じていた鬼頭さんが、セリフのタイミング合わせに苦労しているので「おかしいな」と思ったら、尺が合ってなかったんです……(苦笑)。このあと謝罪しました」とアフレコ時のエピソードを語った。

最後は原作者・伊藤いづも先生の選ぶベストシーン。「ミカンと桃が家で団らんしているシーン」は、
「ミカンが目線をずっとフルーツに合わせていたのがいいですよね。ここで桃に目線を向けていたら違ったイメージになっていたはずです」とコメント。演技をほめられた高柳さんは「とてもうれしいです。最初は大人っぽく演じてしまったりしていたのですが、アフレコの終盤は『ミカンならこう言うだろうな』というのがだんだんわかってきました」と話していた。
そしてもうひとつは「桃がシャミ子に圧をかけるシーン」。「桃の顔がとにかくかわいいです!」と絶賛。なお、当シーンでは小原さんのアドリブも炸裂していたそうだ。
小原さんは「こうして振り返ってみると、細かいこだわりがたくさん詰め込まれているので、新たな発見をすることができました!」と笑顔で話していた。

続いては、これまでに放送されてきた「生放送特番」でもおなじみの「ひかりとやみのハロウィンウォーズ」コーナー。やみチーム(小原さん、高橋さん)、ひかりチーム(鬼頭さん、高柳さん)に分かれて3本勝負が行なわれた。

最初は「心研ぎ澄ませ!! こころまっちんぐクイズ」。相方の答えを見事当てることができればOK。昼の部は高橋さんと鬼頭さんがそれぞれパートナーの答えを当てる。

「好きなうどんは?」「怖いものと言えば?」「トレーニングときいて、思い浮かべるものは?」という問題に、ズルもありつつ(?)両チームが正解を重ねていった。

「予算拡大!! 1日1500円生活ゲーム」は、ステージ上に用意された商品を任意に選んでいき、1500円により近づけたほうが勝利、というもの。ちなみに1500円をオーバーしてしまうと失格となってしまう。両チームによる予想によると、ひかりチームがだいぶショートしているという結果に……。結果は、なんとやみチームが1450円とニアピンで勝利!

最後の対決は「雷轟電撃!! やみとひかりの禁断の儀式!!」。30センチのご先祖をハロウィン仕様にデコレートをする勝負。

やみチームは犬の絵が描かれた靴下を履かせたり、ファンシー路線。「ご先祖だって天使になっていいじゃないか!」というコンセプト。
ひかりチームは魔女の帽子や黒い羽根など、正統派のコーデ。「ハロウィンも意識したご機嫌ご先祖」。

勝者は拍手の大きさで決定されるのだが、僅差でひかりチームの勝利!
最後はご先祖に高橋さんが憑依し「ハロウィン、楽しみすぎて、ヒゲ生えちゃった~!」とコメントし、拍手が贈られた。

優勝したひかりチームには、キャラクターのイラストが描かれた特製のデコチョコが贈られた。
一方のやみチームには罰ゲーム「変身!決めポーズ」。変身シーンの音楽の後、各々が考える決めポーズを披露。

「夢ドリーム再び!! まちカドまぞくすぺしゃる朗読」は、シリーズ構成の大知慶一郎氏が書き下ろした朗読劇を披露。
ハロウィンを舞台にした物語で、色々あってご先祖が本来の姿で現世に降臨。「ひかりとやみのハロウィン対決」が行なわれることに。ハロウィン仕様の衣装になった4人が、作中では準レギュラーレベルの活躍をみせる、吠える犬のモノマネ対決。

高橋さんと高柳さんがガチ勝負を挑んだ結果、リリスの独断でやみチームの勝ち! しかし、残る3人はしらけムードに……。せっかくのハロウィンということで仲直りした4人はハロウィンを楽しむのだった。シャミ子と桃の仲睦まじい姿も描かれ、朗読後は温かい拍手が贈られた。

最後はお待ちかねのライブパート。客席で「光るごせんぞうペンライト」が光るなか、小原さんと鬼頭さんでOPテーマ「町かどタンジェント」、4人でEDテーマ「よいまちカンターレ」を披露した。

イベントでは東京・池袋のプリンセスカフェにてコラボカフェが12月7日(土)~、「まちカドまぞく クリスマスフェア in アトレ秋葉原」が12月1日(日)~12月25日(水)開催されることが決定。さらに新規描きおろしイラストも初公開された。今後も『まちカドまぞく』から目を離せない!

<Text/ダンディ佐伯>

☆最新情報は公式サイトをチェック!

●番組公式サイト
https://www.tbs.co.jp/anime/machikado/