【プレゼントあり】10年間の想いを凝縮した10周年記念ベストアルバムが完成! 11月13日に『AIKA YOSHIOKA 10th Anniversary BEST ~うたのしずく~』をリリースする吉岡亜衣加 インタビュー

By saeki, 2019年11月11日


『薄桜鬼』シリーズの楽曲ほか、数多くのアニメ・ゲームソングを担当してきた吉岡亜衣加がメジャーデビュー10周年を記念したアルバム『AIKA YOSHIOKA 10th Anniversary BEST ~うたのしずく~』をリリース。彼女の歌手生活を彩ってきた数々の名曲に加え、アルバムのために制作された新曲「夢はきっと」も収録。
聴けば歴史を振り返ることができ、彼女の名刺代わりにもなる1枚となった。初回生産限定盤のDVDに収録されている、気になる映像についてもお聞きしました!

―10年を振り返って、いかがですか?

吉岡亜衣加さん(以下、吉岡):本当にあっという間でした。やっぱり「感謝」の気持ちが一番最初に来ますね。CDを手にとってくださったり、ライブに参加してくださったり、カラオケで歌っていただいたり。私の歌を受け取ってくれるみなさんに感謝したいです。
そして作品のめぐり合わせですね。『薄桜鬼』をはじめとしたすばらしい作品に関わらせていただき、私なりに世界観を表現させていただいたり、内容の濃い活動をさせていただきました。

―アルバムに関しては、前々から制作のご予定はあったのでしょうか?

吉岡:10周年を迎えた際に「これまでを振り返られるようなことをしたいよね」というお話はティームさんからもいただいていたので、「じゃあ、10年を振り返ることのできるアルバムを作りましょう!」と。いう流れになりました。

―「うたのしずく」というタイトルはどのような意図でつけられたのでしょう?

吉岡:水の雫が床などにポトンっと落ちると、波紋のように広がるじゃないですか。私の歌が、雫のように周りに広がっていけばいいな、という願いを込めてつけました。私の歌う曲名って、普段から日本語のものが多いので、「ここは敢えて英語がいいのかな?」なんて思ったりもしたのですが(笑)、やっぱり普段どおりの私がいいなと思い、このタイトルになりました。

―たくさんの楽曲を歌われてきましたし、収録曲を決める際は相当悩まれたのでは?

吉岡:もう悩みに悩みました(笑)。周りの人にもどの曲を入れたらいいかを聞きましたし、ライブでたくさん歌った曲や、ファンのみなさんから反響のあった曲も参考にしながらじっくりと選んでいきました。

―曲順を考えるのも大変だったと思われます。

吉岡:そうですね。でも、デビュー曲の「はらり」は絶対に入れたくて、そして1曲目にしたいという想いは最初からありました。この曲があって私の歌手としての人生が始まりましたから。ほかにも疾走感があったり、明るい楽曲だったり、そしてしっとりとした楽曲もあったりと、ライブのセットリストを組むようなイメージで流れを考えようと思い、「最後は新曲で締めよう」と。

―先ほども名前が挙がっていましたが、『薄桜鬼』の楽曲は特に多く収録されていますね。

吉岡:私のデビューから10年間、一緒に歩んできた作品で、たくさんの楽曲を歌わせていただきましたので、収録曲を絞る際にもすごく悩みました。

―そして2曲目の「舞風」から7曲目の「紅ノ絲」までは『薄桜鬼』関連楽曲が続きます。

吉岡:「舞風」は疾走感のある力強い楽曲で、「風遙か」は火をイメージしたようなアツい楽曲になりました。
「嵐の中で咲く華」は私がこれまで歌ってきた曲のなかでもとくにテンポが速く、歌っているとテンションが上がってくるナンバーです。
「遠音」では、使用されている笛の音が印象的で、アルバムの前半を盛り上げていきたいという意味でここに入れさせていただきました。
アニメのOPテーマである「十六夜涙」は私の『薄桜鬼』曲のなかでも代表曲と言えるナンバーで、この曲をきっかけに私のことを知ってくださった方もたくさんいるんじゃないかと。
そして、劇場版第一章の主題歌「紅ノ絲」は、「前奏を聴くとないちゃう」と言ってくれるファンの方もいるほど、作品に寄り添った楽曲になっていると思います。

―「Wish~出逢いを越えて~」はゲーム『ふしぎ遊戯DS』のOPテーマに起用されています。

吉岡:「立ち止まってしまうことがあるかもしれないけれど、仲間がいれば前に進んでいく力をもらえる」という内容の歌詞で、聴く人の背中を押すような曲です。

―「七色挿話」は『二世の契り 想い出の先へ』のEDテーマ。

吉岡:こちらも前向きな曲で、くじけそうなときも頑張れるような曲になっています。歌詞のなかに「想い色」や「願い色」「あなた色」など、いろいろな「色」が出てくるので、数えてみるのも楽しいかもしれません。

―「優しく廻る」は『L2 Love×Loop』の挿入歌になっています。

吉岡:私は自分で作詞・作曲をすることはあるのですが、詞を別の方に書いてもらう、というのは初めてでした。先に歌詞をいただき、そこに曲をつけたのですが、シンガーソングライターとして転機になりました。
自分で曲を作るときはメロディと詞が一緒に出てきたりするのですが、詞がしっかりとあって、そこに曲をつける作業は初めてでしたので、とても新鮮でした。

―「夢ノ浮舟」はOVA『薄桜鬼 雪華録』のOPテーマになっています。

吉岡:この曲は「いろんなことがあるけれども、それでも夢に向かっていく」という信念の強さがすごく表れていて、『薄桜鬼』曲のなかでもすごく作品に寄り添った楽曲の一つだと思います。
そして、続く「蒼穹ノ旗」は、私のなかで特に好きな曲なんです。表現者としての吉岡亜衣加を高められた1曲になったと思いますし「命とは何なのか?」など考えさせられ、私のもとに来てくれてありがとう、と御礼を言いたいです。

―「永恋詩」は『和奇伝愛~永恋詩~』の主題歌です。

吉岡:切なかったり苦しい気持ちを歌っている楽曲もたくさん歌ってきましたが、「永恋詩」はとても幸せな気持ちになれる曲です。
純粋で美しい、きれいな心を歌っていて、「月を見ながら大切な人を想う」という美しさがすばらしいです。歌っていると、キラキラしたオーラをまとっている気分になります。

―タイアップ曲最後の「想い出はそばに」は、ゲーム『薄桜鬼ポータブル』EDテーマです。

吉岡:実はこの曲、仮歌も入っていない、デモ音源を聴いただけで涙がポロポロとこぼれてしまいました。最初に聴いた瞬間に「歌いたい!」と思ったんです。優しくもあり、切なくもあるメロディラインで、かけがえのない1曲ですね。

―「おかえり」はご自身が作詞・作曲をされています。

吉岡:地元・静岡にいる家族のことを想いながら作りました。私がくじけそうなとき、見えなくても家族が見守っていてくれる家族。自分が帰ったら「お帰り」と言ってくれる場所があると思うだけでもうひと頑張りできると言いますか。

―吉岡さんのご家族が実際に登場されていますね。

吉岡:はい、少し恥ずかしいですが(笑)。そんな家族がいるからこそ、私はここまでこられたと思いますし、大事に大事に歌いました。

―公開されているMusicVideoには、―最後に収録されているのは新曲の「夢はきっと」です。

吉岡:アルバムを制作する際に、応援してくれたみなさんへの感謝の気持ちがありまして。曲やスタッフさんとの出会いも含めた感謝の気持ちもあわせて曲にしました。「みんな、いつも支えてくれてありがとう、すごく心強いです」という想いを詞に乗せました。

―作曲には時間はかかりました?

吉岡:はい。ただ、なかなかメロディや詞が出てこない……という苦しみではなく、「あれも入れたい、これも入れたい」という意味で悩みまして……。そんな過程を経てできあがった楽曲なので、ぜひ聴いていただきたいです。

―ジャケットは見事に「白色」ですね。

吉岡:初回限定盤と通常盤で共通なのですが、ライブの衣装やこれまでのアルバムのジャケットなど、白い衣装が多いんです。10周年ということで「私らしさ」を出したいと思いまして、白でいくことになりました。今回の撮影で、改めて白が好きだということが分かりましたね。
ちなみに初回限定盤のジャケットには、よく見ると花びらが舞っています。スタッフさんに花びらを横からバサッと投げてもらい、カメラを連写して撮った「奇跡の一枚」になっています(笑)!

―初回限定盤には「10周年振返りトーク」と吉岡さんの地元「静岡県掛川市」のいいとこ紹介映像が収録されたDVDも付属します。

吉岡:「10周年振返りトーク」はデビューから10周年を迎えるまでに実施してきたイベントや出来事をひたすら振り返っています。ちょうどジャケット撮影の現場でカメラを回しているので、ジャケットの衣装姿の私がしゃべっている様子が見られます(笑)。
そして、掛川市の紹介映像ですが、静岡県で有名なお茶だけではなく、ほかにも見どころがたくさんあるということで、おすすめスポットを、私の運転する車で案内しています! 

―当日の天候はどうでした?

吉岡:実は……あいにくの雨模様でして……(苦笑)。でも、だからこそ見られた(?)動物もいたりしましたので、お楽しみに!

―地元でのイベントもたくさん参加、企画されてきましたが、印象に残っているものはありますか?

吉岡:「掛川農業祭」ですね。ステージで歌ったあとに、客席に向けてお餅を撒くんです。おめでたいことがあった年は紅白のお餅を提供するんですよ。参加させていただく際には毎回やらせていただいております。私が出演してもしなくても、ぜひ起こしください!

―CD発売記念のリリースイベントもたくさん開催されるそうですね。

吉岡:おかげさまで地元・静岡にも行かせていただきますし、関東以外では大阪にもお邪魔いたします。関東、関西地区ではミニライブも行なう予定ですので、ぜひ歌を聴きにきてくださいね!

―12月8日には東京・渋谷ストリーム ホールにて「オトメ♡コンサート2019 ~sweet dreams~」の出演も決定しています。

吉岡:織田かおりさんやmaoさん、love solfegeの真理絵さんとは久しぶりにお会いするので、とても楽しみです。SHOJIさんとは初めましてだと思いますし、新たな出逢いにも感謝です! セットリストはこれから考えますが、いいステージにしたいですね。

―そして誕生日当日・12月25日には東京・EKODA BUDDYにて「クリスマス&バースディライブ」の開催も決定しました。

吉岡:クリスマス&バースデーライブは毎年やらせていただいているのですが、今年は久しぶりに誕生日当日、クリスマス当日に開催させていただく運びとなりました! 今年最後のライブになると思いますので、ぜひ起こしいただけますと幸いです。

―最後に、メッセージと11年目に向けての意気込みをお願いします。

吉岡:これまでたくさんの方に支えていただいてここまで来ることができました。10周年を迎え、これから少しでも恩返しができるように素敵な歌を歌っていきたいと思っております。ライブも積極的に行いたいですし、自分の気持ちを込めて作詞・作曲をしていきたいです。
11年目からも変わらないところは変わらず、みなさんから「新しい発見があるな~、吉岡亜衣加!」と言ってもらえるような、そんな活動を目指していきます。引き続き、応援よろしくお願いします!

【CD概要】
『AIKA YOSHIOKA 10th Anniversary BEST ~うたのしずく~』
2019年11月13日(水)発売


【初回生産限定盤】
品番:KDSD-01034,01035
価格:¥3,800+税


【通常盤】
品番:KDSD-01036
価格:¥3,000+税

【CD】
01. はらり(PlayStation®2「薄桜鬼」オープニングテーマ)
02. 舞風(アニメ「薄桜鬼 碧血録」オープニングテーマ)
03. 風遙か(PlayStation®2「薄桜鬼 黎明録」オープニングテーマ)
04. 嵐の中で咲く華(PlayStation®Vita「薄桜鬼 真改 華ノ章」オープニングテーマ)
05. 遠音(PlayStation®Portable「源狼 GENROH」オープニングテーマ)
06. 十六夜涙(アニメ「薄桜鬼」オープニングテーマ)
07. 紅ノ絲(「劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞」主題歌)
08. Wish~出逢いを越えて~(ニンテンドーDS「ふしぎ遊戯DS」オープニングテーマ)
09. 七色挿話(PlayStation®Portable「二世の契り 想い出の先へ」エンディングテーマ)
10. 優しく廻る(PlayStation®2「L2 Love×Loop」挿入歌)
11. 夢ノ浮舟(OVA「薄桜鬼 雪華録」オープニングテーマ)
12. 蒼穹ノ旗(「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」主題歌)
13. 永恋詩(オトメイトレコード「和奇伝愛~永恋詩~」主題歌)
14. 想い出はそばに(PlayStation®Portable「薄桜鬼 ポータブル」エンディングテーマ)
15. おかえり 
16. 夢はきっと (※新曲)

【初回生産限定盤DVD】
10周年振返りトーク
地元静岡県掛川のいいとこ紹介 

【リリースイベント概要】

■11/17(日)15:00- アニメイト静岡パルコ
■11/17(日)17:30- タワーレコード静岡
■11/23(土) 新星堂 サンシャインシティアルタ店 ※2 回公演
■11/30(土)13:00-@タワーレコード 梅田NU 茶屋町店
■11/30(土)17:00- アニメイト大阪日本橋店animateO.N.SQUAREHALL3F
■12/01(日)13:00-@タワーレコード 難波店
■12/01(日)17:00-@タワーレコード 梅田大阪マルビル店
■12/13(金)19:00- アニメイト新宿 B2F animate hall SHINJUKU
■12/14(土) エンタバアキバ by WonderGOO / SHINSEIDO 13:00-、15:00- ※2回公演
■12/15(日) タワーレコード 池袋店  13:00-、15:00- ※2回公演
■12/21(土) タワーレコード 町田店 13:00-、15:00- ※2回公演
■12/22(日)12:00-@タワーレコード 横浜ビブレ店
■12/22(日)16:30-@タワーレコード グランツリー武蔵小杉店

※イベント内容は会場によってことなりますので、公式サイトをご覧ください。

【ライブ概要】
『オトメ♡コンサート2019 ~sweet dreams~』
【公演日】2019 年12 月8 日(日)
 開場:16:45 / 開演:17:30
【会場】渋谷ストリーム ホール / SHIBUYA STREAM Hall

【出演者】
吉岡亜衣加、織田かおり、mao、love solfege(feat. 真理絵)、SHOJI

【チケット発売日】
イープラスにて発売中

2015 年に開催され多くのファンを魅了した「オトメ♡コンサート」が開催決定!
「薄桜鬼」「ピオフィオーレの晩鐘」「AMNESIA」「NORN9 ノルン+ノネット」
「Code:Realize ~創世の姫君~」「CLOCK ZERO ~終焉の一秒~」など
人気女性向けゲームブランド「オトメイト」作品の主題歌を歌唱するアーティストが一同に会し共演!
コラボレーションなど、ここでしか観ることのできないプレミアムライブ!

■ライブ特設サイト
http://www.team-e.co.jp/sp/otome_concert2019/

——————————————–

「吉岡亜衣加クリスマス&バースディライブ」
【日程】 2019 年12 月25 日(水)

【場所】EKODA BUDDY ( 東京・江古田バディ) 
http://www.buddy-tokyo.com/

【開場】 18:30  
【開演】 19:00

【プレゼント】
出演キャスト(13名)の寄せ書きサイン色紙を3枚セットで1名にプレゼント!
ご希望の方は、「光る猫爪キャスト」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2019年12月16日(月)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)