【プレゼントあり】この曲とともに、ライブで心を揺さぶられてほしい! 初のデジタルシングル「close to you」を10月23日(水)にリリースする立花理香 インタビュー

By saeki, 2019年10月23日


立花理香が初めてのデジタルシングルとなる「close to you」を10月23日(水)配信開始! 11月30日に3 rdライブを控える彼女が繰り出す原点回帰も意識したナンバーとなっている。そして早くも11月にリリースが決定した新曲についてもお話をうかがってきました!

―立花さんにとっては初のデジタルシングルとなります。

立花理香さん(以下、立花):最近は今までの楽曲がサブスクリプション(定額サービス)で楽しめるようにしていただきましたし、私自身も電子書籍も読んでいますし、そんなデジタルづいてきた(笑)私がついに配信シングルという形で曲をリリースさせていただくことになりました!

―11月30日開催のワンマンライブに先駆けての配信という位置づけだそうですね。

立花:今回のライブ開催が発表されてから結構な時間が経ってしまっているので、テンションを維持するのが大変になってきた方もいるんじゃないかと思いまして。そんなみなさんに向けてのリリースです!

―最初に曲を聴いたときの感想をお願いします。

立花:ライブを意識していたので、「こんなスタイリッシュな楽曲をどう歌うんだろう?」と考えながら聴きました。レコーディングもそのままの気持ちで臨んだのですが、いままでにこうした1曲のみという形でレコーディングをしたことがなかったので新鮮でしたね。ミニアルバムはコンセプトがあったり、シングルだとカップリングがあるので。

―歌詞もいままで歌われてきた曲とはかなり違うとのことですが。

立花:英語詞がとにかくたくさんあります。みなさんにちゃんと歌詞の意味が伝わるように歌えればいいな、と。歌詞ではすごく情熱的で積極的なことを言っているので、なんというか恥ずかしさもありつつ(笑)。情熱的なんだけど、クールさもある楽曲なんですよね。そのちょうど間と言いますか。

―「close to you」という曲のタイトルについてはいかがですか?

立花:「あなたのそば」という意味合いのタイトルなのですが、これまでの私の曲は別れや別れたあとのことを歌った曲がどちらかというと多かったので、ちょっとドキッとしてしまいますね。

―歌う上で大変だったところは?

立花:日本語の歌詞は一語一語を音符に一文字一文字をあてて歌っていくことができるのですが、英語はそれとは違うところがあるので、どう歌おうかと思いました。ですがそこは中土(智博)さんがしっかりとレクチャーしてくださり、よりカッコよさが際立つような歌い方ができました。

―歌詞のなかで気になるフレーズは?

立花:「I wanna be by your side(あなたのそばにいたい)」という歌詞が何度も出てくるのですが、恥ずかしくて日本語ではちょっと歌いづらいですよね……(笑)。それと、自分で追っかけるところがたくさんあるので、実際にライブでどのように歌うことになるのかも楽しみです。
それと、みなさんがこの曲を聴いてどういうリアクションを取ってくれるのか、興味があります。自分のなかでは「みなさんに曲を受け取っていただいてようやく完成」ですので!

―11月にリリース予定の配信曲「Sky Diver」は、ご自身が作詞を担当されたそうですね。

立花:明るめで前向きな楽曲をいただいたのですが、今まではどちらかと言うとちょっと大人な歌詞を書くことが多かったので、どういうアプローチの仕方をすればいいのか悩みました。「close to you」がカッコいいお姉さんのようなイメージなので、この曲は、逆に「男友達」を意識して詞を書いてみました。
テーマを決めるまでは時間がかかりましたが、定まってからは早かったですね。よく「詞を書くときは、日頃からメモを取っていたらいいよ」とアドバイスをいただくのですが、曲や人にもよると思いますが別々の場所や時間で集めた言葉って、私にとっては中々つながらないんですよね……。今回は缶詰状態で集中して書きました。

―どのようなメッセージが込められているのでしょう?

立花:例えば「応援ソング」ってよく言いますけど、そういう曲を聴いている人って、すでに頑張っているんじゃないかと思うんです。頑張りすぎている人に対して「少し肩の力を抜いてみたら?」という。言ってみたら「翼をさずけるソング」ですか。……どこかで聞いたことのある言葉ですが(笑)。

―曲の印象は?

立花:この曲のサウンドは私のなかでは「青春ソング」のイメージがあって。でも詞を書く際にそっちに引っ張られると全然フレーズが出てこなかったので「青春はやめよう」と思ったら、途端に出てきました(笑)!

―ライブタイトルは「Heart shaker(ハートシェイカー)」に決まりました。意気込みをお願いします。

立花:5月に発表したときは「すごく先だなあ」と思っていましたが、あっという間に迫ってきたな、と。いまは昂揚感が強いですね。これまでハイペースでリリース、そしてライブやイベントもたくさんさせていただいてきたのですが、今回は久々にライブができるということで、私の歌でみんなにこぶしを振り上げ、心を揺さぶられてほしいという気持ちを込めてタイトルをつけました。
ライブタイトルを発表した際、みなさんから「心を震わせにいきます!」という反応があって「最近あまり心を震わせる機会がないのかな?」なんて心配もしつつ(笑)、私も存分に楽しい時間を過ごしたいと思っています。

―今回も1日2公演の構成です。

立花:私のなかの気持ち的には、いわゆる「2回回し」という表現はちょっと当てはまらないステージになるんじゃないかと。それぞれで来ているお客さんも違いますし、まったく別の公演にしたいと思います!

―カバー曲を披露する機会もあったり?

立花:いままではライブのタイトルにかけた楽曲をセレクトして歌ったりしていましたので、今回も何かしらの形でカバー曲を歌えたらいいな、と思っています。みなさんから歌ってほしいリクエストを送っていただいて、残念ながら本番で歌えなかった楽曲を開演までの場内BGMとして使ったりと、凝ったステージを心がけています。現在セットリストを絶賛考え中なので、当日を楽しみにしていて下さい!

―最後にメッセージをお願いします。

立花:ライブ開催を発表してから新曲も仕込むことができました。デジタルシングルという形態はカッコよくて、心が動いています。11月30日は品川インターシティホールで、ぜひ一緒に心を動かしていただきたいです。よろしくお願いします!

<Text/ダンディ佐伯>

【楽曲概要】
■デジタルシングル「close to you」■
2019年10月23日(水)
より各配信サイトで配信中

■デジタルシングル第2弾「Sky Diver」■
2019年11月下旬
配信開始予定

【ライブ概要】
『立花理香 3rd LIVE~Heart shaker~』
2019月11月30日(土) 
【東京】品川インターシティホール

<1st>開場13:00 開演:14:00 
<2nd>開場17:30 開演:18:30
チケット代:¥5,800(税込) ※全席自由 ※入場時ドリンク代別途必要
チケット一般販売中

●立花理香公式HP
http://www.teichiku.co.jp/artist/tachibana-rika/

【プレゼント】
立花さんのサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「close to you」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2019年11月29日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)