クリエイターのこだわりを体感せよ!「『BEASTERS』展~東宝×オレンジの世界~展示会」

By saeki, 2019年10月11日


現在好評オンエア中のTVアニメ『BEASTERS』の放送を記念し、『BEASTERS展』が東京・有楽町マルイにて10月11日(金)~11月4日(月・祝)まで開催中。
期間中は登場人物の設定展示や、壁面一面に本作に登場する等身大のキャラクターを並べ、身長の対比を楽しめるほか、レゴシ、ハル、ルイ、ジュノの等身大スタンディも展示。
また、東宝とオレンジによる、丸井グループのオリジナルアニメーション『そばへ』の展示イベントも同時開催される。こちらはカラースクリプトを壁一面に展示して表現した作品の世界観、描きおろしされた等身大パネルの展示が行なわれ、さらに『そばへ×謎解きゲーム』の体験も可能となっている(無料)。

オープン前日には関係者・マスコミを招いた内覧会が開催され、アニメーション制作会社オレンジの和氣澄賢プロデューサーが本企画について語った。

―いよいよテレビアニメ『BEASTERS』が始まりました。

和氣:2017年に原作を読みまして、そこから始まった長い企画になりました。行きつけの本屋にある平積みの本を手に取って「おもしろいな」と。「CGの表現で、オレンジでどのような作り方ができるのか?」という挑戦的な気持ちを持って制作させていただきました。

―テレビアニメを観たファンの声を聴いていかがですか?

和氣:いい感想が多いのがうれしいですが、弊社の他の作品で知っていただいた人も多かったのが印象的でした。

―絵作りで大変だったところは?

和氣:顔周辺のフォルム(展覧会で映像を観ることが可能)や、髪の毛の表現を技術的に頑張りました。

―今後の見どころを教えてください。

和氣:展覧会で出している「オープニングアニメーションセット」になります。こちらはサイクロングラフィックスの加藤道哉さんにお願いしておりまして、コマ撮りアニメーションとして、1話目にはなかったオープニングが2話で流れるので、期待していただきたいです。

和氣:第一話放送段階ですので、まだ素材がそろっているわけではないのですが、今回のようなイベントで観られるのは魅力的だと思います。

☆『そばへ』について。

和氣:監督の石井俊匡さんと「短編映画のような作品にしよう」というコンセプトで、「雨」をひとつのテーマとして作りました。

―作品のみどころは?

和氣:新作を作る際は「これまでやったことのない技術を入れよう」という元でやっています。この作品では、水などの「流体物」の表現がどこまでできるのかを追求しました。

―展示物についてお聞かせください。

和氣:「カラースクリプト」を見ることができるのですが、普通のテレビアニメではあまり使わないような制作工程となっています。テレビシリーズでは使い続けるのは難しく、短編だからこそできたと思います。

―「カラースクリプト」を作る利点について教えてください。

和氣:CGのアニメーターやスタッフがアニメ制作に慣れていないので、最終形がイメージしづらいので、答えを出してあげると分かりやすいだろうな、というのを目的で作っています。

―ここでしかもらえないオリジナルの『うまい棒』がプレゼントされる「謎解きゲーム」もあります。

和氣:結構難しいですね。僕は1問しか解けなかったです(笑)。ヒントもあるので、ぜひ挑戦してみてください!

和氣プロデューサーは最後に「オレンジが毎回違うことをやっていることを知っていただき、我々が積み重ねてきたものをご覧いただけましたら幸いです」とのメッセージで締めくくった。

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【企画概要】

■BEASTARS
登場人物の設定展示、
壁面一面に等身大のキャラクターの身長対比
レゴシ、ハル、ルイ、ジュノの等身大スタンディ

■そばへ
カラースクリプトを壁一面に展示して表現した作品の世界観、描き下ろしした等身大パネルの展示
体験コーナーとして会場にて「そばへ×謎解きゲーム」を実施
(参加無料。謎が解けると「そばへ オリジナルうまい棒©やおきん」をプレゼント予定。)
『そばへ』に登場する猫「まっちゃ」のぬいぐるみマスコットのクレーンゲームもあり

●『BEASTARS』公式サイト
https://bst-anime.com
●『BEASTARS』公式Twitter
@bst_anime

●「そばへ」公式サイト
https://www.0101.co.jp/sobae/
●「マルイノアニメ公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCVGtaEkNfB9SKzRzZBURCjQ