世界中の映画ファンを虜にした、前代未聞のゾンビミュージカルムービー『アナと世界の終わり』ブルーレイ・DVD・デジタル配信発売を記念して、日本語吹替声優発表&コメント到着!!

By saeki, 2019年9月24日


“ミュージカル×ゾンビ”という夢のコンセプトが映画ファンの心をときめかせ、その楽曲のクオリティの高さとサービス満点のゾンビ描写で、世界のファンタ系映画祭に熱狂の嵐を巻き起こした話題の映画『アナと世界の終わり』のブルーレイ&DVDが2019年10月23日(水)に発売、デジタル配信は先行して10月9日(水)にスタートする。

この発売を記念して、日本語吹替えを担当した声優の発表と、同時に声優陣からのコメントが到着した!

『アナと世界の終わり』は、イギリスの田舎町で日々を過ごす高校生たちのサバイバルを主軸に、ポップでキャッチ―な楽曲とゾンビパニックをフュージョンさせた青春ミュージカルエンターテインメント。

2011年英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)で受賞した短編映画 『ゾンビミュージカル』をベースに長編映画化した作品なのだが、この元になったショートムービーは、『ラ・ラ・ランド』等で知られる人気俳優ライアン・ゴズリングの映画出演シーンにシリアルを食べさせようとする、ユニークすぎる動画を作り話題を呼んでいた、ライアン・マクヘンリーの監督作だった。

しかしライアン・マクヘンリーは長編映画化企画進行中の最中に亡くなってしまってしまう。彼の遺志を引き継ぎ、ジョン・マクフェール監督とスタッフたちは、ついに映画化を成し遂げたのだった。

完成した『アナと世界の終わり』は、海外の批評家からは “ 『ショーン・オブ・ザ・デッド』と『ラ・ラ・ランド』の出会い” と評され、スペインシッチェス ・カタロニア国際映画祭ミッドナイト・エクストリーム部門での最優秀作品賞受賞を始め各国の映画祭で怒涛の快進撃を見せた。

日本でも話題を呼び、新宿武蔵野館では満席続出となるヒットを記録した”アナせか”パンデミックがついにブルーレイ&DVD、デジタル配信でいよいよ日本のお茶の間にまで拡大。
今回初めて収録された日本語吹替え版には、フレッシュかつ実力を兼ね備えた精鋭声優たちが集結。彼らから思いの詰まったコメントが到着した!

————————————————————

【アナ役:小清水亜美】

こんなゾンビ作品初めて!と思わず口に出して言ってしまうくらい、キュートさを感じる世界観。
ミュージカル×ゾンビの新しさに感動しました。
歌われる曲も全て素晴らしくて、何度も聞きたくなるほど魅力的。
笑いあり涙あり、ホラーが苦手な方もこれなら大丈夫かも?!
是非、お友達と一緒に観て欲しい作品です!
私は「2が作られたら良いのに!」と思うほど、大好きな作品になりました!

【ジョン役:広瀬裕也】

『ゾンビ×ミュージカル』ということで、ゾンビだから怖いのか!   
それともミュージカルだから楽しくノリノリなのか!この絶妙な加減が   
この作品の見どころであり、新しい感覚を味わうことができると思います! 
僕は、アナの幼馴染のジョンを演じさせていただきましたが、ジョンの想いや困難に立ち向かう姿を是非みなさまに見届けていただきたいです!

【トニー役:高宮俊介】

今回、アナと世界の終わりで、ヒロインの父親トニーを演じさせていただきました。
トニーの人物像は、早くに妻を亡くし、男手ひとつで、最愛の一人娘を育て上げた、
とても心根の優しい父親です。 今回、この優しさを様々な状況の中で、どのように演じ分けていくのかが、難しくもあり、またやりがいにもなりました。是非お楽しみください!

【サヴェージ役:うえだゆうじ】

確かにゾンビ映画です。
ですがそのストーリーに根差すのはティーンが経験する様々な想い。
そして巣立ち。その数々のシーンを彩るのが練り上げられた楽曲。
そんな『ゾンビ青春ミュージカル』映画…。
心に鮮烈な印象を残してくれる一作です。    
そして、とても良い日本語吹き替え版に仕上がって
いると思いますよー!

【ステフ役:三瓶由布子】

ゾンビ映画なのに、笑いをこらえながら演技をするという事態に大混乱でした。
ステフの美しさにドキドキして、やがて調理器具を握りしめてシャウトする姿に大爆笑。                
ゾンビ映画特有の生死をかけた展開に、青春映画の葛藤や成長。でもコメディ。
もう魅力が溢れすぎています。ぜひご覧ください!

【クリス役:下川涼】

ゾンビとミュージカルってどんな感じなんだろうと思っていましたが、映像を観てすごく引き込まれました。特に曲が素晴らしくてサントラ探しました(笑)。                       
僕が吹替えをさせていただいたクリスは、凄くマイペースで優しい男の子です。
そういった意味では僕に似てるかも!?少しずつ成長していく彼に注目してください!    

【リサ役:飯田里穂】

今回リサ役の吹き替えを担当させて頂きました。アフレコが終わった後は、こんなに笑えてハートフルになるゾンビ映画があるのかと、とても驚きました。
実はゾンビ映画が得意ではなかったのですが、まさかのゾンビとミュージカルのコラボレーションがこんなに素敵な化学反応を起こすとは思ってもいませんでした。
リサは大好きな彼氏がいる少し大胆な女の子です。演じていてとても愛らしく、楽しかったです。今回この「アナと世界の終わり」に参加することが出来て私の視野も広がりました!皆さんも是非見てみて下さいね。

【ニック役:沢城千春】

ゾンビミュージカルというのが新しく、シリアスな設定の中にも笑いがあり、色々な楽しみ方が出来る作品だと思います!                                            
自分が演じさせて頂いたニックですが、ゾンビと戦うシーンで歌を歌うところが面白いので、是非見て頂きたいです(笑) 宜しくお願い致します!

【作品概要】
『アナと世界の終わり』

デジタル配信:2019年10月9日(水)開始
ブルーレイ・DVD:2019年10月23日(水)発売

【Blu-ray】
品番:PCXP.50684
価格:¥4,700(本体)+税

音声:1.オリジナル(英語)ドルビーTrue HD 5.1chサラウンド(Advanced 96k Upsampling)

    2.吹替(日本語) ドルビーTrue HD 5.1chサラウンド(Advanced 96k Upsampling)

    ※日本語吹替の歌唱部分は全てオリジナル音声となります。

字幕:1.日本語字幕 2.吹替用日本語字幕
収録時間:本編98分+特典映像77分
初回限定特典:特製スリーヴケース、スペシャルミニポスター
特典映像・仕様:

1.短編映画「ゾンビミュージカル」
2.制作の舞台裏
3.キャスト&スタッフによる「Hollywood Ending」
4.NGシーン集
5.撮影の裏側
6.未収録曲「Some Things Will Never Change」
7.幻のオープニングシーン
8.未公開シーン「ボウリング場のトイレ」
9.別バージョンオープニング
10.予告編集
11.ミュージック・チャプター機能付き

【DVD】
品番:PCBP.53967  
価格:¥3,800(本体)+税

音声:1.オリジナル(英語) Dolby Digital 5.1chサラウンド

  2.吹替(日本語) Dolby Digital 5.1chサラウンド

※日本語吹替の歌唱部分は全てオリジナル音声となります。

字幕:1.日本語字幕 2.吹替用日本語字幕
収録時間:本編98分+特典映像77分
特典映像:ブルーレイと同内容を予定

※DVDレンタル同時開始

発売元・販売元:ポニーキャニオン

【ストーリー】
イギリスの田舎町リトル・ヘブン。高校生のアナは、父トニーと二人暮らし。学校生活はくだらない連中に囲まれ、パッとしない毎日を送っていた。

こんな生活から抜け出したいアナは、父に黙って大学に進学せず世界を旅することを計画していたが、あるクリスマスの日この計画がバレてしまう。

トニーと大ゲンカしたアナは夢も希望もないこの町にウンザリしていたが、バイトの帰り道に幼馴染のジョンに励まされ、少しだけ元気を取り戻すのだった。

翌朝、気持ちを切り替えたアナはジョンと一緒にいつも通り学校へ向かう。

その途中、スノーマンの着ぐるみを着た血だらけの男が突如現れ、アナは公園にあったシーソーを使って男の頭を吹き飛ばす!なんと、男の正体はゾンビだったのだ…!

果たして、アナはこの町を脱出することはできるのか―!?そして、腐ったように生きてきたこの人生にケリをつけることができるのか―!?

【CAST(日本語吹替声優)】
エラ・ハント(小清水亜美)
マルコム・カミング(広瀬裕也)
マーク・ベントン(高宮俊介)
ポール・ケイ(うえだゆうじ)
サラ・スワイヤー(三瓶由布子)
クリストファー・ルヴォー(下川涼)
マルリ・シウ(飯田里穂)
ベン・ウィギンズ(沢城千春)

【スタッフ】
監督:ジョン・マクフェール
脚本:アラン・マクドナルド、ライアン・マクヘンリー
プロデューサー:ネイスン・アレ=キャルー、ニコラス・クラム、トレイシー・ジャービス
音楽:ロディー・ハート、トミー・ライリー
撮影監督:サラ・ディーン
美術:ライアン・クラチリー

(C) 2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.