『ゾンビランドサガ』本渡楓、竹中プロデューサー、唐津市長・峰氏、佐賀県広報広聴課・近野氏、のインタビューも! 『全国ふるさと甲子園』PRステージで佐賀の魅力を発信!!

By saeki, 2019年9月6日


日本全国から映画・ドラマ・アニメのロケ地となった町が、さらなるPRのため集結した『第5回 全国ふるさと甲子園』が8月24日、東京・秋葉原のアキバ・スクエアで開催された。
13時から始まった佐賀県のPRステージには同県を舞台にしたTVアニメ『ゾンビランドサガ』で源さくら役を演じた本渡楓さん、本作でプロデューサーを務めている竹中信広氏(Cygames)、唐津市長・峰達郎氏、佐賀県広報広聴課・近野顕次氏(司会)、が登壇した。

4人が登壇すると、まず、司会を務める近野氏がつかみとばかりに作中でもおなじみの「おはようございま~す!」の掛け声を叫び、それに合わせ、客席からも大きな歓声があがった。竹中プロデューサーは、今回「チーム佐賀」として一緒に秋葉原へやってきた嬉野市の特産品「嬉野茶」を手に登場し、客席後方でステージの様子を見守っていた村上大祐・嬉野市長も笑顔。

佐賀の印象について聞かれた本渡さんと竹中プロデューサーはともに、最初の印象は「正直ピンとこなかった」そうだが(笑)、本渡さんは7月に唐津・ふるさと会館アルピノで行なわれた「ゾンビランドサガLIVE~フランシュシュみんなでおらぼう!~in SAGA」で地元の温かさや盛り上がりに触れ、竹中プロデューサーも「実際に行って体感しないと分からない魅力があることを知りました」とコメント。

 

峰市長は『ゾンビランドサガ』とのコラボについて「フランシュシュのみんながかわいいので、子どもたちにも大好評です」と手ごたえを感じているそう。続篇も決まっている本作で、佐賀のさらなるにぎわいと発展を願い、最後は本渡さんの「私たちのいるここが佐賀だ~!」の掛け声に続き、竹中プロデューサーがアニメOPテーマを熱唱し、盛大な拍手に包まれたままステージは終了した。

なお、唐津市は、のちに行なわれた来場者投票の結果、見事「行きたいまちNo.1」に輝き、「佐賀県・唐津・嬉野ブース」としてともにエントリーした嬉野市とともによろこびをわかちあった。

ステージを終えたばかりの登壇者のみなさんにお話をうかがってきたので紹介しよう。

―まずは、本日のトークショーの感想をお願いします。

竹中プロデューサー:温かい雰囲気のなかで佐賀県、唐津市、嬉野市のPRができてよかったです。トークショーの最中に「佐賀を好きになるのに、理由はいらない」とカッコいいことを言いましたが、これは色々なところで言ってますからね(笑)。

本渡楓さん(以下、本渡):ステージが始まる前に会場を散策したのですが、おひとりで来られている方や家族連れなど、様々な層のお客さんがいらっしゃっていて。「PRステージはどんな人たちが見に来てくれるのかな?」と思ったら、佐賀に行ったことがあるという人がたくさんいたのが驚きでした。

―本渡さんが「佐賀に行ったことがない人~?」と聞いたときに、ほとんど手が上がらなかったですね。

本渡:本当、それなんですよね! 来場者のみなさんのノリもよかったですし、朝早くからステージを楽しみにしてくださっている方もたくさんいて、うれしかったです!

峰市長:今日はどれくらい『ゾンビランドサガ』のファンが来られるのかにも注目していたのですが、たくさん来てくださり、ありがたかったです。アニメファンはみんな目が純粋なんです。ステージを見つめる純粋な目を見ていると「僕らも街の活性化を頑張っていかないと」と思えるんです。

近野氏:市長がおっしゃったように、たくさんの作品ファンに来ていただけて、大げさかもしれませんが「佐賀を救ってくれてありがとう!」という気持ちです。

峰市長:ファンとお話しする機会があったのですが、「まだ佐賀に行ったことがないんです」と正直に話してくれて「僕は千葉に住んでいるのですが、今度成田から飛行機に乗って必ず行きます!」と言ってくれたんです。ああいうのはとてもうれしいですよね。

―おすすめの佐賀県の特産品はありますか?

本渡:今回アルピノの凱旋ライブで佐賀牛の焼肉をご馳走になったのですが、すごく美味しかったです! これまでもしゃぶしゃぶやすき焼きのような食べ方をさせていただきましたが、どれもごはんが進みました!

峰市長:お肉については、佐賀に来てくれた人には「どんな形でもいいから、取りあえず食べてみて」と勧めるようにしています。「からつバーガー」は某大手ハンバーガーチェーンの進出を阻んだ、という話もあるので、もし唐津にいらした際はぜひ食べてみて欲しいです。

竹中プロデューサー:僕は佐賀に行ったときにどうしても買ってしまうものがふたつありまして。ひとつは「みかん」です。獲れたてのものが食べられるというのもあると思いますが、本当に美味しいんですよね。あとは『ブラックモンブラン』と双璧をなす『ミルクック』です。僕はこっち派ですね(笑)。

峰市長:佐賀は柑橘類は年がら年中作っていて、糖度が高くて甘い品種もあるんです。冬場はデコポンも美味しいですよ。

近野氏:佐賀を巡る際は、みかんはぜひ食べてみてください!

本渡:そう言えば私、初めて買って帰ったお土産が「いかしゅうまい」でした。そのときは「蒸し」で食べたので、今度機会があれば今度は「焼き」や「揚げ」で食べてみたいです!

―11月27日(水)に『ゾンビランドサガ フランシュシュ The Best』の発売が予定されていますが、収録される新曲はお聞きになりました?

本渡:私は全部録り終えました! フランシュシュは、作中で流れた分で、どのジャンルの楽曲も網羅したと思っていたのですが、「こっちの方向性は考えてなかった~!」というジャンルの曲がきれいに出てきて(笑)。どちらも挑戦的で、とてもカッコいい曲になっています。すごく感動しました!

竹中プロデューサー:考えてなさそうで、意外とちゃんと考えて作っているんですよ(笑) ちなみに新曲のMusicVideoアニメは鋭意製作中です!

―峰市長と近野さんは佐賀県、唐津市について「これだけは他県に負けない、他市に負けない!」というところはありますか?

峰市長:それは「全て」ですね。唐津のすべてが好きだから、誇れるから市長になったんです。じゃないと市長はやりません。市民のなかには「唐津にはあれもない、これもない」とおっしゃる人もいるのですが、観光や仕事で訪れてくれて「これがよかった、あれが美味しかった」とほめてくださる人がたくさんいるんですよね。
私が仕事で札幌に行ったときに、たまたま乗ったタクシーの運転手さんが「佐賀県産のハウスみかん食べてますよ!」と教えてくれたんです。生産者にすぐに伝えました。「みなさんのみかんを待ってる人が札幌にいますよ!」と。

近野氏:佐賀県民のみなさんが『ゾンビランドサガ』という作品をとても愛してくださっているのを肌で感じておりますし、「地元愛」に関してはどこにも負けないんじゃないかと思います!

―これから秋に向けて観光シーズンが始まると思いますが、県内での見どころはありますか?

近野氏10月30日(水)~11月5日(火)まで、『2019佐賀インターナショナルバルーンフェスタ 第40回記念大会(以下、バルーンフェスタ)』が開催されます。本渡さんにも昨年いらっしゃっていただきましたが、佐賀の秋の風物詩なので、ぜひお越しください。

本渡:私、前回は係留中のバルーンにしか乗っていないので、次は川を越えたいです!

竹中プロデューサー:あれって、競技じゃなくても乗れるんですか?

近野氏:乗れますよ! バルーンフェスタの時は競技のため乗れないのですが、佐賀では10月から2月と5月から6月までが、バルーンのシーズンであり、佐賀のバルーニストたちが、フリーフライトを楽しんでいます。その時であれば、乗れるチャンスはあります。ちなみに気球のパイロットになるためには自動車の運転免許と同じように、カリキュラムを組んで何時間か乗る必要があります。

本渡:だったら、気球のパイロットを目指す企画とかどうです? 楽しそうじゃないですか(笑)?

―本渡さんと竹中プロデューサーは佐賀でやりたいこと、やり残していることはありますか?

本渡:ずっと言っているのですが、やっぱり「鹿島ガタリンピック」に出場したいです! 最初から顔に泥を塗っておけば、誰だかわからないと思いますし、事務所を通さずにお忍びででも……(笑)。
あとはやっぱり、作品にゆかりのある場所にメンバー全員で行きたいですね。嬉野温泉の足湯に浸かりたいです。

竹中プロデューサー:僕は……現在建設中の弊社サイゲームス佐賀支社に勤務したいですね。「佐賀県民」になりたいです。

近野氏:佐賀県庁に一部屋ご用意しておきましょうか?(笑)

竹中プロデューサー:いえいえ、ちゃんと会社に勤務しますから(笑)!

―今後、『ゾンビランドサガ』とどんなコラボをしたいですか?

峰市長:「唐津くんち」ですね。曳山(ひきやま)と呼ばれる巨大な山笠が街を練り歩く行事があるのですが、そこでフランシュシュと曳山のコラボが実現して欲しいです。

竹中プロデューサー:「唐津くんち」これまで脈々と引き継がれてきた文化なので、すぐに実現できるかどうかは分かりませんが、市長のお力も借りてぜひ実現できたらと思います!

―では最後に改めて『ゾンビランドサガ』の続編制作に向けて、意気込みを一言お願いします。

竹中プロデューサー:続篇を作ることができるほど応援をいただけたことにまず感謝したいです。「自分たちが面白いと思うものを作る」という初心を忘れずに制作していきたい所存でございますので「来るものを拒まず」精神でお待ちいただければ幸いです(笑)。
そしてタイトルどおり、これからも佐賀県さんと協力して作り上げていくことには変わりがないので、一緒に面白いものを愛を持って形にしていきたいですね。みなさんが生きているうちに届けられればと思っておりますので(笑)よろしくお願いします!

本渡:竹中プロデューサーの話にもありましたが、私たちキャスト陣はどんな展開になっても「これは『ゾンビランドサガ』だしね」と受け入れる準備はできておりますので(笑)、楽しみでしかないです!
『ゾンビランドサガ リベンジ』というタイトルに意味があるのかないのかもわかりませんが(笑)、前作でもフランシュシュメンバーの生前を知っている人たちの思わせぶりなセリフもありましたし、私のなかでは「シリアスなストーリーなんじゃないか説」がまことしやかに流れております。ゆうぎりさんや(山田)たえちゃんなど、意外に謎も多かったですし、見どころはたくさんありそうです。
みなさんも首を長くして待っていてください。あ、みなさんは生きているので、首が取れてしまったらダメですからね(笑)!

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

☆ページ下部に写真一覧あり。

●佐賀県の観光情報ポータルサイト「あそぼーさが」
https://www.asobo-saga.jp/
●旅Karatsu 唐津観光協会
https://www.karatsu-kankou.jp/
●嬉野市 観光情報
https://www.city.ureshino.lg.jp/sightseeing_culture.html

【イベント概要】
「『ゾンビランドサガ展』第十二.五話 WALKING WITH DEAD SAGA」

場所:東京アニメセンター in DNP PLAZA
〒162-0843 東京都新宿区市谷田町1丁目14-1 DNP市谷田町ビル DNPプラザ地下1階

【日程】     
2019年9月20日(金)~ 10月27日(日)

※火曜休館
営業時間 
11:00 ~ 20:00(最終入場 19:30)

価格:入場  1,500円 (音声ガイド付・税込)

【音声ガイド】
(A)さくら&サキ&たえ (B)愛&純子&たえ (C)ゆうぎり&リリィ&たえ
コースは入場時にお選びいただきます。

●企画展サイトURL
https://animecenter.jp/exhibition/zonbielandsaga
●前売りチケット販売URL
https://l-tike.com/zombielandsaga-animecenter  
※チケット販売開始 8月31日(土)12:00~

【入場者特典】

1回の入場につき、本企画展用の描き下ろしイラストの原画を使用したポストカードを1枚プレゼント!
※全7種。ランダム配布となります。

■「ゾンビランドサガ」ベストアルバム発売決定!
11月27日(水)に「ゾンビランドサガ フランシュシュ The Best」の発売が決定いたしました。
収録内容は主題歌はもちろん、Blu-ray全3巻の特典CDでしか聴くことができなかった劇中歌も全曲収録されています。
さらに、フランシュシュの新曲2曲と、新曲のアニメーションミュージックビデオも収録されることが決定。新曲の内1曲は、TVアニメ本編では描かれなかったゆうぎりのメイン楽曲が予定されているこも明かされました。大ボリュームの内容となり、まさにファン待望のベストアルバムとなっています。

【アルバム概要】
商品名:ゾンビランドサガ フランシュシュ The Best
アーティスト:フランシュシュ
発売日   :2019年11月27日(水)

品 番   :EYCA-12682/B
価 格   :5,500円(税別)

【CD収録内容】
ドライブイン鳥―フランシュシュ Ver.― / FANTASTIC LOVERS / 徒花ネクロマンシー / サガ・アーケードラップ /DEAD or RAP!!! /
目覚めRETURNER /ゼリーフィッシュ / アツクナレ /目覚めRETURNER(ELECTRIC RETURNER) / 特攻DANCE ~DAWN OF THE BAD~ /
To my Dearest / ヨミガエレ /FLAGをはためかせろ! / 光へ /ようこそ佐賀へ / 新曲① / 新曲② / ボーナストラック:宣誓!ALIVEセンセーション
Blu-ray収録内容:新曲①のアニメーションMV
※商品の収録内容は予告なく変更になる場合がございます。


■日清カレーメシとのタイアップが決定!
日清食品から発売されている、湯かけ調理で本格カレーが味わえる日清カレーメシと「ゾンビランドサガ」のタイアップが決定いたしました。タイアップの詳細はカレーメシくん公式Twitter(@currymeshikun)で順次発表を予定しています。

●作品公式サイト 
https://zombielandsaga.com
●作品公式Twitter 
@zombielandsaga (https://twitter.com/zombielandsaga

(C)ゾンビランドサガ製作委員会