あの頃の思い出と戦いがよみがえる! 舞台『幽☆遊☆白書』全国4都市で開催!!

By saeki, 2019年9月2日


冨樫義博さんの人気漫画を原作とした舞台「幽☆遊☆白書」が8月28日、東京・北千住のシアター1010で開幕した。初日に開催された会見では、浦飯幽助役・崎山つばさ、桑原和真役・郷本直也、蔵馬役・鈴木拡樹、飛影役・橋本祥平、コエンマ役・荒木宏文が登壇した。

本作は、霊界探偵として交通事故からよみがえった主人公・浦飯幽助とケンカ仲間の桑原、そして妖怪の蔵馬、飛影らとともに凶悪な妖怪たちを倒していく物語。今作では彼らの出会いが霊界を統べるエンマ大王の息子・コエンマにより

浦飯幽助役・崎山つばさ:演劇として見てもらいたい部分もありますし、「2.5次元」という部分も合わせて楽しんでほしいです。原作を知っている方には「懐かしい」と思ってもらえるような、初めて見る方にはこんな舞台見たことないなんて思ってもらえるような舞台になっていると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

桑原和真役・郷本直也:原作が大好きな方にも、初めて見る方にも観やすい作品になっていると思います。本当に良いチームワークで毎日稽古してきたので、チームワークも本番に影響してくると思います!

蔵馬役・鈴木拡樹:僕も小さいころに『幽☆遊☆白書』を読んでいて、アニメも見ていたので、幽助の第一声を聞いた瞬間に「『幽☆遊☆白書』が帰ってきたんだ」ということを強く肌で感じました。皆さまに、新しいけれどどこか懐かしさを感じる舞台「幽☆遊☆白書」を届けたいですね。

飛影役・橋本祥平:これほどまでにプレッシャーや緊張というものを感じる顔合わせは初めてでした。連載が始まった当初は、僕はまだ生まれてなかったんですけど、作品は知っていますし、学生のころに漫画も読んでいました。幅広い世代の方に愛されている作品ですので、生半可な気持ちではここに立ってはいません。最後までプレッシャーと緊張と戦いつつ楽しみつつ、最高の作品を皆さんにお届けできるよう頑張ります。

コエンマ役・荒木宏文:稽古初日から大変クオリティーの高い芝居が見られて、すごく刺激をもらいながら最終日まで作品を作り上げてきました。周りからも注目されていて、大きなプレッシャーがあるんですけど、それと同時に「見せつけてやろう」と思います!

 

 

 

 

 

 

<Text・Photo/ダンディ佐伯>

【公演概要】
舞台『幽☆遊☆白書』
8月28日~9月2日(月)

【東京】シアター1010

9月4日(水)~8日(日)
【大阪】森ノ宮ピロティホール

9月10日(火)~13日(金)
【福岡】ももちパレス

9月20日(金)から22日(日)
【愛知】一宮市民会館

※9月22日(日)の大千秋楽公演は全国の映画館でライブビューイングが実施され、さらにWOWOWとニコニコ生放送でも中継される予定。

●舞台『幽☆遊☆白書』公式サイト
http://officeendless.com/sp/yuhaku/
●舞台『幽☆遊☆白書』公式ツイッター
@yuhaku_stage