【7/28開催】MF文庫J『夏の学園祭2019』高橋李依と内山夕実が『氷結の絆』を見せた!?『Re:ゼロから始める異世界生活』スペシャルステージの模様をお届け!

By saeki, 2019年8月21日


7月28日(日)、東京・ベルサール秋葉原にて開催された「MF文庫J『夏の学園祭2019』」にて『Re:ゼロから始める異世界生活』スペシャルステージが行われ、小林裕介(ナツキ・スバル役)、高橋李依(エミリア役)、内山夕実(パック役)が出演。『氷結の絆』や『クエスト』にちなんだコーナーで大いに盛り上がった。

MF文庫J『夏の学園祭2019』最初のステージはリゼロからスタート!大きな拍手に出迎えられて3人が登場、まずは『Memory Snow』に彩られたこの1年を振り返った。トークの最後では『氷結の絆』の話もしていきます、という言葉も飛び出し、客席の『リゼロ』ファンは期待感を膨らませていた。

告知を挟み、続いては高橋と内山が「2人の仲は、氷結の絆?犬猿の絆?」に挑戦!このコーナーは、11月8日から劇場公開となる『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』がエミリアとパックの出会いと絆が描かれていることになぞらえ、2人が氷結の絆で結ばれているのか、犬猿の関係なのかチェックするというもの。出された質問に対し1人は自分の解答を、もう1人は相方の解答を予想して答えるのだが、リゼロだけでも4年近い付き合いという2人は問題を前に自身を滲ませていた。

ところが1問目が発表されると内山の表情が一変、「内山夕実の尊敬するところは?」という問題文を聞き絶叫する姿に会場からは笑いが巻き起こっていた。悩みぬいた結果内山は「まじめなところ」、高橋は「包容力」と解答。正解とはならなかったが、高橋からのべた褒めの嵐に、最初こそ照れた声を上げていた内山も最後にはまんざらでもない表情を浮かべていた。

次のコーナーは、今回のテーマ『クエスト』にちなんで、原作第1章から3章までの冒険を3人で追体験する「リゼロクエスト!」を行った。
第3章の敵といえば白鯨、白鯨といえばヴィルヘルムが愛を叫ぶ場面。ということで最後は「白鯨入刀」と題し、白鯨に見立てたケーキにナイフを突き立て、映像に合わせて「私は、俺は、○○を愛してる」と愛を叫ぶクエストに挑戦。トリの小林から観客の気持ちを代弁するかのような熱い叫びが披露されるなど、客席を盛り上げた。

ステージも終盤にさしかかり、待望の『氷結の絆』の話題へ。まずは新作PVがスクリーンに映し出されると、エミリアとパックの会話から始まり意味深なセリフの数々に詰め掛けたファンは期待感を募らせていた。

最後には3人からこの日の感想や劇場公開へ向けてのメッセージが送られると、大盛況の中イベントの幕を閉じた。

<Text/山口智也>

●作品公式サイト
http://re-zero.com/
●アニメ公式サイト
http://re-zero-anime.jp/tv/