かるた札でアツい想いをぶつける! TVアニメ『ちはやふる3』合同記者会見

By saeki, 2019年7月18日


「競技かるた」を題材にした人気作品『ちはやふる』のテレビアニメ第3期が2019年10月より放送開始される。それに先駆けて7月某日、メインキャスト陣が登壇した合同記者会見が行われた。当日は綾瀬千早役・瀬戸麻沙美さん、真島太一役・宮野真守さん、綿谷新役・細谷佳正さんが登壇。意気込みを語った。

まずは、中谷敏夫統括プロデューサーからの挨拶。
「2011年に第1期が始まり、アニメシリーズでは今回が3期目となります。キャストのみなさんをご覧いただくと分かると思いますが、スタッフを含め8年前のメンバーをそろえるのは大変でした。あの頃の気持ちを思い出しながら制作していきたいと思っておりますので、ぜひ期待してお待ちいただきたいです」とコメントした。

続いてはキャスト陣の登場。記者会見用に用意された机の上には「かるた」を模した3枚フリップ(「ち」「は」「や」)が用意されており、MCからの質問に対し3文字を頭に使った大喜利形式で回答していき、各々が作品の見どころを語った。

宮野さんの回答は、細谷さん推し(笑)。
【やっと 仲良くなれたね 細谷さん】
「役において細谷さんとは距離がありましたが、いまでは『親友と言えば宮野と細谷』と呼ばれるほど仲良くやってますので、今作ではそれをご覧に入れられると思います!」

【近頃 元気そうだね 細谷さん】
「最近はお水もよく飲んで、とても健康そうです(笑)!」。

【はじめて 一緒にお風呂に入ったね 細谷さん】。
「福井県で作品関連のイベントに出席した際、現地で宿泊をしたのですが、『細谷さんと相部屋でいいですか?』と聞かれて。その時に近づけた感があります。部屋にあったお風呂に一緒に入り、星を見上げた思い出があります」と当時の思い出を語り、最後は

【(『や』を『せ』に直して)瀬戸が やっぱり 中心】
「瀬戸さんがまっすぐに千早に向かう姿が、作品を動かしていると思います」と締めた。

その瀬戸さんは
【(『は』を『ほ』に直して)細谷さん 宮野さん よろしくね】、そして【ちょうせんしゃ 決定戦に 出る気持ち】。「名人、クイーン決定戦に出るような気持ちで演じたいです!」と意気込むなど、物語にまつわる見どころも巧みに紹介していった。

そして細谷さんは【ちゃんとコミュニケーション 取りにいく】。「今までは福井弁を覚えるのが大変だったので、一人でイヤホンで音源を聴いていたんですけど、最近は大分覚えられたので、周りと雑談する余裕が出てきました。今までは宮野さんからのいたずらにリアクションがあまり取れなかったですが、最近はコミュニケーションを取れるようになってきました」とのこと。

そして、作品の見どころについては【はかなさは 無い】。「(キャラクターに儚さはなく)たくましさがあります!」、そしてアフレコ現場に着ついては【やじうまが 多い】。「スタジオに関係者が多く『注目されているんだな』と思いました」と、周囲の期待の高さをうかがわせるエピソードも披露した。

最後は3人を代表して瀬戸さんから「今回もアツい試合が描かれています。今回は大人たちのドラマもたくさん描かれていまして、たくさんの人たちに刺さる言葉が出てくると思いますので、老若男女、ぜひみなさんに見ていただきたいです!」とメッセージが送られ、会見は終了した。

<Text/ダンディ佐伯>

【アニメ概要】
『ちはやふる3』
2019年10月より放送開始

●『ちはやふる3』アニメ公式サイト
https://www.ntv.co.jp/chihayafuru/
●『ちはやふる3』アニメ公式ツイッター
@chihaya_anime