【5/19開催】『蒼穹のファフナー THE BEYOND』舞台挨拶 オフィシャルレポートが到着!!

By saeki, 2019年5月21日


5月17日(金)より劇場先行上映が開始となった「蒼穹のファフナー THE BEYOND」第一話「蒼穹作戦」第二話「楽園の子」第三話「運命の器」。先行上映3日目を迎えた5月19日(日)、新宿ピカデリーにて主要キャスト3名が登壇した舞台挨拶が開催された。
「蒼穹のファフナー」シリーズは、少年少女たちが人型兵器“ファフナー”に乗りこみ、“フェストゥム”と呼ばれる未知の存在と命を賭して戦う姿を描くSFアニメーション。2004年にTVシリーズ第一期の放送がスタートし、15周年を目前に控えた今年5月17日、完全新作「蒼穹のファフナー THE BEYOND」全12話のうち第一話、第二話、第三話が劇場先行上映開始。公開初日には、新たな物語をいち早く目撃しようと平日にも関わらず多くのファンが劇場に詰めかけ、SNS上でも大きな盛り上がりを見せた。

新宿ピカデリーでおこなわれた舞台挨拶には、真壁一騎役・石井真、御門零央役・島﨑信長、水鏡美三香役・石川由依が登壇。今回は本編上映後の舞台挨拶ということで、ネタバレOKの自由なトークとなった。
衝撃的な展開が繰り広げられた本編終了直後、未だ驚きと興奮が冷めやらぬ様子の劇場へキャスト陣が登場すると、客席からは盛大な拍手が沸き起こる。
まず、「蒼穹のファフナー」シリーズの続編として、新たな物語が制作されることを聞いたときの印象を尋ねられる。キャスト陣は、前作「EXODUS」の終わり方から続きがあるはずだと予想していた様子。しかし石川は、新作について嬉しく思う反面、再び辛い戦いが始まってしまう苦しさもあったと、常に痛みと隣り合わせにある「ファフナー」らしい複雑な心境を語った。
前作から数年が経過し、日野美羽や鏑木彗、近藤剣司など、各キャラクターの成長や変化も見られた「THE BEYOND」。以前からは想像もつかないような姿へと成長を遂げた御門零央については、演じている島﨑も一瞬「誰?!」と思ったほどだと言う。中でも大きく変化した人物といえば、外見だけでなく内面も異なるキャラクターとして本作に登場している皆城総士。総士と対峙する立場である石井は、過去シリーズの総士とは別のキャラクターとして接しながらも、総士への思いはシリーズ通してブレずに1本通ったものを持って演じていると話す。また、総士を演じる喜安浩平については、総士というキャラクターをより人間らしく演じるのは大変だと思うが、楽しんでいるところもあると思うと予想していた。
また、最近発売となった「蒼穹のファフナー」シリーズ初のLINEスタンプについての話題も。「あなたは、そこにいますか」などおなじみの名台詞の数々に、キャスト陣からは使い所がわからないというツッコミが口々に飛んだ。

シリアスな内容の本編でありながらも、「蒼穹のファフナー」のイベントらしい和気藹々とした雰囲気で進んだ舞台挨拶は、登壇者3名から観客へのメッセージで締めくくられた。

石川由依 「『THE BEYOND』、ついに始まりました!こんなに長く続いている作品に、自分も『EXODUS』から続けて出させていただけるのは本当に嬉しいです。これからどうなるかわかりませんが、精一杯美三香として生き抜いていけたらなと思っています。物語はまだまだ続いていきますが、きっと希望が描かれていると信じて、これからも演じていきたいと思います!」

島﨑信長 「作品を愛せば愛すほどちゃんと中身で応えてくれるというのは、本当に素晴らしいことだと思いますし、僕自身もそういった作品がすごく好きです。真っ直ぐでかっこいい御門零央というキャラクターも大好きで、更に今回は見た目もめちゃくちゃかっこよくなっていて。そんな零央の活躍や、零央と美三香がどうなるかにも注目しつつ、みんなが幸せな結末を掴みとれるように零央と一緒に戦っていきます!」

石井真 「これから先一騎がどうなっていくのか、第三話までを見ていろいろと思うところはありますが、行く末に対して覚悟は持っています。でもそれは、絶対に何らかの希望はあると信じた上での覚悟です。新しい皆城総士を中心として繰り広げられていく物語、そして島の人たちがどうなっていくのか、どうか最後まで追いかけていただけたら本当に嬉しいです。」

さらに、この日の最後におこなわれた舞台挨拶では、嬉しいビッグサプライズが!当初、石井真1名での出演が予定されていたが、なんと皆城総士役の喜安浩平が急遽登場!自身の舞台公演「芸術家入門の件」真っ最中の多忙を極める中で合間を縫い、駆けつけた。「蒼穹のファフナー」シリーズの中心的存在である2人揃っての登壇に、会場に集まったファンからは歓喜の声が上がる。生まれ変わった姿の皆城総士を演じる上での苦労なども交えながら、15年の長きに渡ってシリーズを作り上げてきた2人らしい、息の合ったトークが繰り広げられた。

いよいよ、「BEYOND(向こう側)」の物語が動き出した「蒼穹のファフナー」。この先にどのような展開が待ち受けているのか、期待ばかりでなく不安を抱くファンも多いことだろう。今後順次先行上映される残りのストーリーを含め、皆城総士・真壁一騎ら登場人物たちの行く末、そして生き様を、どうか最後までしっかりと見届けてほしい!

【作品概要】

■「蒼穹のファフナー THE BEYOND」
第一話「蒼穹作戦」、第二話「楽園の子」、第三話「運命の器」
3話同時にて5月17日より劇場先行上映中!

・第1話「蒼穹作戦」PV(YouTube)URL>>

・第2話「楽園の子」PV(YouTube)URL>>

・第3話「運命の器」PV(YouTube)URL>>

●公開館
「蒼穹のファフナー THE BEYOND」公式HPをご確認ください。
http://fafner-beyond.jp/theater/

<STAFF>
原作:XEBEC
シリーズ構成:冲方丁
キャラクターデザイン:平井久司
メカニックデザイン:鷲尾直広
CGアニメーションディレクター:井野元英二
美術監督:鈴木路恵・野村正信・松田春香
美術デザイン:青木薫
色彩設計:関本美津子
撮影監督:師岡拓磨
編集:伊藤潤一
音楽:斉藤恒芳
演奏:ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団
音響監督:三間雅文
主題歌:angela
エグゼクティブプロデューサー:中西豪
プロデューサー:須藤孝太郎
アニメーションプロデューサー:明官ゆう子
アニメーション制作:XEBEC
アニメーション制作スタジオ:XEBECzwei
監督:能戸 隆
製作:FAFNER BEYOND PROJECT

<CAST>   
皆城 総士:喜安 浩平
真壁 一騎:石井 真
遠見 真矢:松本 まりか
春日井 甲洋:入野 自由
来主 操:木村 良平
日野 美羽:諸星 すみれ
近藤 剣司:白石 稔
西尾 里奈:白石 涼子
御門 零央:島﨑 信長
鏑木 彗:小野 賢章
水鏡 美三香:石川 由依
マリス・エクセルシア:斉藤 壮馬  ほか

<チケット>
「蒼穹のファフナー THE BEYOND」公式HPをご確認ください。
http://fafner-beyond.jp/theater/ticket.html

■「蒼穹のファフナー THE BEYOND」舞台挨拶情報
※すでに完売している回もございますので、「蒼穹のファフナー THE BEYOND」公式HP、及び各劇場の公式サイトをご確認ください。

<5月25日(土)>
・ユナイテッド・シネマ キャナルシティ博多 (全2回)
〈1回目〉 12:30 開映
※本編終了後14:00ころより舞台挨拶を予定しております。
〈2回目〉 15:00 開映
※本編上映前の15:00ころより舞台挨拶を予定しております。
登壇者:石井 真(真壁一騎役)、田中正彦(真壁史彦役)

・福山駅前シネマモード (全2回)
〈1回目〉 17:30 開映
※本編終了後19:00ころより舞台挨拶を予定しております。
〈2回目〉 20:00 開映
※本編上映前の20:00ころより舞台挨拶を予定しております。
登壇者:石井 真(真壁一騎役)、田中正彦(真壁史彦役)

・MOVIXさいたま
11:00 開映
※本編上映前の11:00ころより舞台挨拶を予定しております
登壇者:angela (atsuko×KATSU)

<5月26日(日)>
・なんばパークスシネマ (全2回)
〈1回目〉 10:30開映
※本編終了後12:00ころより舞台挨拶を予定しております。
〈2回目〉 13:00 開映
※本編上映前の13:00ころより舞台挨拶を予定しております。
登壇者:石井 真(真壁一騎役)、田中正彦(真壁史彦役)

・伏見ミリオン座 (全2回)
〈1回目〉 15:30開映
※本編終了後17:00ころより舞台挨拶を予定しております。
〈2回目〉 18:00 開映
※本編上映前の18:00ころより舞台挨拶を予定しております。
登壇者:石井 真(真壁一騎役)、田中正彦(真壁史彦役)

●「蒼穹のファフナー THE BEYOND」公式HP
http://fafner-beyond.jp/
●「蒼穹のファフナー」公式Twitter
@fafnerproject

(C)XEBEC・FAFNER BEYOND PROJECT