「考えすぎず、楽しんでやれたらいいな」5月8日(水)にデビューミニアルバム『コバルト』をリリースする田中あいみ インタビュー

By saeki, 2019年4月24日


声優・田中あいみの音楽の才能を最大限に引き出し、新進気鋭のクリエイター陣と作り上げた渾身のデビュー作が登場!

今作品の楽曲提供には数々のアニメソングを手掛ける”篠崎あやと”氏、デジタルユニットとして人気急上昇中の”Neko Hacker”にゲーム楽曲や楽曲アレンジを手掛ける”瀧澤純一”などを迎え制作された。また、本人自らが歌詞のみならず、曲名やアルバムタイトルもすべてセルフプロデュース! 声優としての枠を飛び越え1人のアーティストとして、女性として、等身大の彼女が映し出す世界観に魅了されること間違いなしだ。

デビューを控えた田中さんに現在の心境や楽曲についてお伺いしました!




――デビューが決まったときの感想をお願いします。どういうシチュエーションでデビューの話をお聞きになったのでしょうか?

田中あいみさん(以下、田中):今から3年ほど前に事務所で「アーティストデビューのお話がきてるんだけど興味ありますか?」ときかれました。その後何度か話し合いを重ね決心がつき、「やってみよう!」となった感じですね。


――周りの反応はいかがでした?

田中:「おめでとう」と声をかけてくださる方も多く、SNSでの反響も大きく、とても嬉しいです。


――アルバムタイトルの『コバルト』の意味をお聞かせください。

田中:リード曲の「サウダージブルー」の中に出てくる単語です。曲に寄せて、青をイメージできる言葉を選びました。今回は全曲作詞もさせていただいたので、曲名やアルバム名も自分で考えました。


――元々学生時代に軽音楽部に所属されていたりと、歌うことは元々好きだったかとお見受けしますが、自分名義の曲を歌うということで、プレッシャーと楽しみ、どちらのほうが大きいですか?

田中:今はプレッシャーかもしれません。音楽に打ち込む時間を重ねれば重ねるほど、自分に足りない部分がみえてきて悩んだりしますが、昔から音楽は好きなので、考えすぎず楽しんでやれたらいいなと思います。


――レコーディングに臨むうえで準備したことや意識したことがあれば教えて下さい。

田中:作詞をしていたおかげで曲の雰囲気やのせたい気持ちはよく分かっていましたが、キャラをつくってしまう癖がなかなか抜けず苦戦しました。ブレずに自分らしく歌えるかをとても意識しましたね。


――それぞれの楽曲を歌ってみての感想をお願いします。

田中:まずリード曲に選んだ「サウダージブルー」は、メロディーがダントツで好きでした。素敵なぶん難易度も高く、サビの高音を張り上げすぎず丁寧に、でも勢いよく歌うのが大変でした。半音下げる案もありましたが、爽やかさや透明感が半減してしまうのはもったいなかったので頑張りました。

「はくちゅうむ」は、夏が似合う女の子の無邪気さを表現したかったので、弾むところとのびのびと歌えるところのメリハリを意識しました。サビに軽やかさを出すため音数を増やしていただいたことで、より風を感じられる曲になったと思います。

「Hey My Kitty」は、もし自分が男だったらこんな女の子と付き合いたいという妄想を書いたので、いちばん筆に迷いがなかったです(笑)自然と声色も少年に寄っている気がしなくもないですが、正直この歌い方がカラオケしてるときの自分に近く、素の私がいちばん濃く出たと思っています。

最後に「心恋-uragoi-」ですが、この曲は最初にイメージが固まってレコーディングにはいったのに、音数の多さに苦戦して完成が最後になりました。文学少女のような雰囲気で、古き良き日本語の美しさみたいなものも出したかったです。録り方も細かく分けずに、フルコーラスを何本も録って、なるべく気持ちが繋がっていくよう心がけました。


――ミニアルバムを通してのテーマは?

田中:爽やかなロック色の強い楽曲を揃えました。


――全曲で作詞を担当されていますが、それぞれの曲の歌詞に対するこだわりを教えて下さい。曲名も田中さんがつけられたのでしたら、タイトルの意味もお願いします。

田中:曲を先にいただいていたので、メロディーから浮かんできたイメージを元に歌詞を書きました。言葉の連なりや反復を意識し、耳馴染みよく流れるようにしました。

「サウダージ」は日本にはない表現の単語ですが、大切な人を失った言葉にならない思いを表すのにピッタリだなと思いました。

「はくちゅうむ」は白昼夢のことですが、現実味ないほど誰かに夢中で恋してる瞬間の浮き足立つ気持ち、このままずっと夢心地でいたいくらい楽しい一夏の思い出をイメージしています。

「Hey My Kitty」は字面や発音が可愛らしくキャッチーだったのでつけました。曲中にクラップ音が多く入っているので、飼い主が呼びかけるようなタイトルにしたかったです。

「心恋-uragoi-」はタイトル先行です。恋心を逆さまにしているところも、読みが「うらごい」になるところも、ひっそりと恋い焦がれている様子が表れていてとても好きです。



――今後歌ってみたい曲のジャンルはありますか? ソロ活動における目標も教えて下さい。

田中:ガンガン盛り上がれるようなアニソンライクな曲やアコギベースのバラード、和ロックなど、多種多様な曲を歌ってみたいです。目標は、おっきな箱でライブとか、かな?できたら嬉しいですね。


――「はくちゅうむ」の曲名にかけまして、田中さんが最近体験した、非日常的な出来事があれば教えて下さい(実際に見た、不思議な夢でも構いません)。

田中:先日、初めて自分の叫び声で目覚めました!実家の飼い猫に追い詰められる夢で、怖いと思いながらも深夜だったので二度寝したんです。翌朝起きると、クローゼットの中からカリカリ音がして不審に思って普段どかさないキャリーケースを引っ張り出してみたら、パラパラパラーっと小さなナッツ類が大量に落ちてきて……。
何事かと戦慄してると、隅っこからひょっこり寝ぼけ顔のハムスターが……。最近飼い始めた子なんですが、どうやら脱走していたみたい。やけに印象的な夢だったので、もしかしたら「飼い猫が教えてくれたのかなー」と思いました。


――告知事項があればお願いします(歌だけでなく、声優としての活動に関してでもかまいません)。

田中:近々告知できるものもあるかもしれないので、是非ツイッターやインスタグラム(どちらも@kanataimi)フォローしてチェックしてみてくださいね! よろしくお願いします。




<Text/ダンディ佐伯>



【CD概要】

田中あいみ「コバルト」
発売日:2019年5月8日(水)


品番:WM-0765
定価:2,000円(税抜)

発売・販売元:株式会社ウェーブマスター

(C)WAVE MASTER
販売店 全国流通作品



【収録曲】
01. サウダージブルー【リードトラック、MV有り】
作詞:田中あいみ 作曲・編曲:seraforest

02. はくちゅうむ
作詞:田中あいみ 作曲・編曲:篠崎あやと

03. Hey My Kitty
作詞:田中あいみ 作曲・編曲:池田健仁(TRYTONELABO)

04. 心恋-uragoi-
作詞:田中あいみ 作曲・編曲:Ritchie the world

05. サウダージブルー (Instrumental)
06. はくちゅうむ (Instrumental)
07. Hey My Kitty (Instrumental)
08. 心恋-uragoi- (Instrumental)


【田中あいみ 主な出演作品】
「干姉妹!うまるちゃん」土間うまる<主役>
「上野さんは不器用」田中
「アニマエール!」猿渡暁音
「つうかあ」目黒めぐみ
「SHOW BY ROCK!!」ペイペイン
「ツインエンジェルBREAK」宇狩ころ美
など他、出演作品多数。

●「コバルト」特設サイト
http://www.wave-master.com/aimitanaka/
●レーベルWebサイト
http://www.wave-master.com/

●田中あいみ 81プロデュース URL
http://urx2.nu/OWWj
●田中あいみ twitter URL
https://twitter.com/kanataimi