【プレゼントあり】自分の想いをストレートに伝えたい。ニューシングル「Answer」をリリースする加藤和樹 インタビュー

By saeki, 2019年3月25日


2018年に9年ぶりとなるオリジナルアルバム『Ultra Worker』をリリース。さらに夏から秋にかけて行なわれたライブツアーも完走した加藤和樹。ツアーでも披露されてきた新曲「Answer」が3月27日(水)に発売! 今回は2タイプ用意され、作詞も手がけた表題曲のほか、「TYPE A」には同じく作詞を担当した「ordinary days」、そして「TYPE B」には、さだまさしの名曲をカバーした「奇跡~大きな愛のように~」を収録。ジャケットにもこだわりをみせた渾身のシングルが完成しました!


―CDリリースの話を聞いた時の率直な気持ちをお願いします。


加藤和樹さん(以下、加藤):シングルを出そうという話は前々からあったのですが、昨年ライブツアーでも披露していた「Answer」をシングルとしてリリースするということになりました。
ライブで何度も披露させていただき、非常に手ごたえを感じていますので、リリースが今から楽しみです。


―ファンのみなさんの前で歌うときの心境はいかがでした?

加藤:最初は緊張しました。でも、ライブで映えるような楽曲でしたし、歌うごとに一緒に歌ってくれるお客さんがどんどん増えていきましたし、ライブを重ねていくにつれて重圧が少なくなっていったのを感じています。




―レコーディングで、印象に残っているエピソードがあればお願いします。

加藤:事前にライブ用にレコーディングをしていたのですが、そのときから当然ライブを意識して臨みました。空間の広がりも意識して歌いましたし、自分で歌詞を書かせていただいたので、感情を込めやすかったというのもあります。


―作詞をしたいというのは、自分からご提案されたのでしょうか?

加藤:はい。ディレクターに「書かせてほしい」とお願いしました。僕が世の中に対して、今持っている思いを詰め込んだつもりです。自分に対して答えを導き出せるのは自分だけ、という意味を「Answer」という曲名に込めさせていただきました。
現代社会において「自分で選択していくこと」ってすごく大事だと思うんですね。ただでさえ情報があふれているのに、フェイク(偽)ニュースなんかも出てきて、惑わされることも多いなか「自分自身をちゃんと持つことが大切なんだ」というのを伝えたかったんです。


―曲を聴いた最初の印象は?

加藤:「ライブで歌いたい」とストレートに思いました。ストレートなメロディラインで勢いがあるので、歌詞に関しても、その勢いに負けないようなフレーズを選んだつもりです。


―「TYPE A」に収録される「ordinary days」も作詞を担当されています。

加藤:こちらは「日常の中の幸せ」をテーマに書きました。「毎日変わらない平穏な日々だと思っていても、実は特別なんだ」、ということを歌っています。「Answer」にもつながりますが、当たり前が当たり前じゃないような時代なので、小さな幸せがすごく大事だと思うんですよね。ポップな曲調とも相まって、聴いてくださるみなさんが優しい気持ちになっていただけるとうれしいです。


―「TYPE B」には、さだまさしさんのカバー曲「奇跡~大きな愛のように~」が収録されています。

加藤:昨年開催されたファンクラブのライブで、みなさんからのリクエスト曲をいくつか歌わせていただいたのですが、あるファンの方がこの曲を紹介してくださいました。そのライブでも披露したのですが、タイトルどおり「大きな愛」に包まれた曲だと思いました。聴く人に寄り添うような歌詞もありますし、僕が曲を通して伝えたかったことが全部詰まっているんです。
僕は、恥ずかしながらこの曲を知らなかったのですが、同じようにまだ聴いたことがない人に向けて「こんな素晴らしい曲があるんだよ」ということを伝えたいという気持ちも込めて、今回カバーさせていただきました。


―ジャケットに関してもこだわりがあるそうですね。

加藤:2種類でまったく違うイメージのジャケットになりました。「TYPE A」は、空に飛び立とうとしているイメージで撮影しまして、白と黒の羽根がいいアクセントになっているんじゃないかな。「TYPE B」は、都内某所の住宅街で撮影しました。当日はよく晴れていて、絶好の撮影びよりでした。どちらも、いつもお世話になっているカメラマンさんに撮っていただいたのですが、雰囲気が全然違うので、すごく面白いですよね。


―DVDには、「Answer」のMVの完全版と、以前dTVチャンネルで放送された『密着ドキュメンタリー KAZUKI KATO』の模様と、未公開映像を加えたものが収録されています。

加藤:「Answer」のライブをイメージしたMusic Videoにご注目ください。そして、ドキュメンタリー映像にはそれぞれ未公開映像が追加されていますので、そういう意味でも両タイプを購入していただきたいですね。


―3月29日(金)の福岡公演を皮切りに、約1ヶ月間にわたるライブツアーが開催されます。

加藤:最初に聞いたときは「もうやるしかない!」と気合いが入りました(笑)。4月末にバンドメンバーと一緒に東名阪にお邪魔させていただきますが、前半は僕ひとりで回らなくてはならないので、期待半分、不安半分といったところです。久しく行けてない町にも行けるので、それはすごく楽しみですね。お近くに住んでらっしゃる方はぜひ遊びにきてください。



<Text・Photo/ダンディ佐伯>


【CD概要】
「Answer」
2019年3月27日(水)発売



【TYPE A】(CD+DVD)
品番:TECI-665
¥1,852+税

<収録曲>
「Answer」
作詞 加藤和樹
作曲 SMH
編曲 宮田 ‘レフティ’ リョウ

「ordinary days」
作詞 加藤和樹
作曲・編曲 渡辺未来

<DVD>
「Answer」ミュージックビデオ + 「密着ドキュメンタリー KAZUKI KATO 前編 +未公開映像」


【TYPE B】(CD+DVD)
品番:TECI-666
¥1,852+税

<収録曲>
「Answer」

「奇跡~大きな愛のように~」
作詞・作曲 さだまさし

<DVD>
「Answer」ミュージックビデオ + 「密着ドキュメンタリー KAZUKI KATO 後編 +未公開映像」


昨年開催された全国ツアーの秋公演から披露された新曲「Answer」をシングルリリース。カップリングにはオリジナルの新曲と、「こんな時代だからこそ人の心にそっと寄り添いギュッとつかまれた楽曲」と初めて聴いたときに鮮烈な印象を受けたという、さだまさしの「奇跡~大きな愛のように~」のカバーを収録。


●加藤和樹 アーティストサイト
http://www.teichiku.co.jp/artist/kato-kazuki/

【プレゼント】
加藤さんのサイン入り宣伝ポスターを2名にプレゼント!
ご希望の方は、「Answer」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2019年4月30日(祝・火)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)