【プレゼントあり】待望の3rdアルバムは豪華2枚組! 『rye』をリリース 鹿乃 インタビュー

By saeki, 2019年1月16日


動画系サイト出身の歌い手で、アニメの主題歌を担当するなど、注目度が上昇中の鹿乃のニューアルバムがリリース! 今回はタイアップ曲を含む新曲を収録した「オリジナル盤」と、「歌ってみた」で人気を博した楽曲のアコースティックバージョンを収録した「カバー盤」の豪華2枚組となっている。

―ご自身の楽曲を収録したCDとカバー曲を収録したCDの、豪華2枚組となりました。

鹿乃さん(以下、鹿乃):アルバムの話は今夏に提案いただきました。他のアーティストさんの曲を歌わせていただいてここまできた、というのもあり、カバー盤はぜひ出したいとずっと思っていたのでうれしかったです。

―アルバムタイトルの『rye』はどこからきたのでしょう?

鹿乃:J・D・サリンジャーが書いた『ライ麦畑でつかまえて』という有名な小説のタイトルからとらせていただきました。今回のアルバムテーマが「思春期」や「青春」なので、昔から脈々と受け継がれている本作をフィーチャーしようと。

―「Side-B」に収録されている曲は、どのような経緯で選ばれましたか?

鹿乃:再生数もそうなのですが、ファンの方から直接いただいた声、反響が大きかった楽曲もあり、また単純に「今の自分が歌ったら、どんな歌い方になるんだろう?」という興味がある曲も選ばせていただきました。

―曲選びは大変でした?

鹿乃:そんなに悩まずに、すんなりと決まった感はあります。曲順に関しては「ハロ/ハワユ」は少々大げさかもしれませんが、私の人生を変えた楽曲なので、一番最初に持ってこようと。「ハロ(Hallo)」とついているのに最後はないな、というのはありましたし(笑)。
続いて、「Side-A」でリード曲を作ってくれた、じんさんの「想像フォレスト」を持ってきて……最後はしっとりとした感じで終われればいいな、と思い「ピエロ」にしました。

―すべての曲が「アコースティック弾き語りアレンジ」バージョンとして収録されています。

鹿乃:自分が歌ってきた楽曲のジャンルもありますし、歌声をダイレクトに届けたい、という意味も込めてアコースティックという形で収録させていただきました。それと、ライブも意識した作りをしたい、という気持ちもありました。これまではアコースティックコーナーはありましたが、いつかはアコースティックライブもやりたい、という気持ちも込めて作ったんです。

―最後に収められている「ピエロ」はどのような経緯で収録されたのでしょうか?

鹿乃:元々は同人CDに収められていた楽曲なのですが、「Side-A」に収録された「Paddling Blue」で書き下ろしていただいたハヤシケイさんの楽曲をぜひカバーしたいと思いまして。私のなかで一番好きだったこの曲をラストに入れることにしました。
自分で強がりを言う「大丈夫」という言葉がすごく素敵で、アルバムの最後にピッタリかな、と思いました。前の「クライヤ」の歌詞がちょっと暗めということもあり、この曲で救われればいいかな、と。

―「Side-A」の「Q」&「A」はどのような思いを込めて歌われましたか?

鹿乃:アルバムのテーマが「思春期」、「青春」なので、鹿乃として活動していて「私にとっての思春期はいつなんだろう?」と考えたんです。そうしたら、じんさんの楽曲を聴いていた頃だったんじゃないかという結論に至りまして。
動画投稿サイトが色んな意味で混沌とした状態で私自身も色々と考えることがありました。正直やめちゃおうかなと思ったこともあります。でも歌い続けているからこそ今の私があるんですよね。頭のなかに巡る、様々なことを歌にしてレコーディングに臨みました。

―曲に対しての印象は?

鹿乃:曲調が明るいのに歌詞がかなりネガティブで、前向きとは言えませんが力強さをとても感じます。曲のパワーに負けないように明るくかつ力強く歌うことを心がけました。

―「春に落ちて」はテレビアニメ『実験品家族 -クリーチャーズ・ファミリー・デイズ-』のEDテーマです。

鹿乃:いつ見てもタイトルが秀逸ですよね。この曲から歌い方のなかに「自分を出していこう」という気持ちが芽生えたということもあり、2曲目に入れさせていただきました。「HOPE」のMVをご覧になっていただけると分かるかもしれないですが、「春」から「秋」にかけて季節が流れていくさまが今回の1枚で表せたんじゃないかと思います。

―「さよなら、アダムとイヴ」は同じ言葉を繰り返す歌詞も印象的です。

鹿乃:思春期と言えば「葛藤」だと思うんです。なんでもできるようでなにもできない。その時期特有の苦しさを歌で表したかったんです。

―ご自身が作詞を担当された「なんで」はタイトルも意味深です。

鹿乃:女の子の立場で詞を考えました。サビの最後のメロディがとても好きで曲自体もお気に入りです。タイトルは、いわゆる「女々しい」言葉を探していたところ、女の子が怒って彼氏に言う言葉で一番しっくりきたのがこの「なんで」だったということからつけました。メロディにも合っていたので。

―「loop loop loop」に関してはいかがですか?

鹿乃:この曲は「なんで」と対照的に、男の子目線で詞を書かせていただきました。「中二病」をイメージして書こうと思ったのですが、中々うまいフレーズが浮かばなかったんです。哲学者の名前を入れてみて提出したら「何これ?」と言われてしまって……(笑)。
サビに意味があるような、ないような擬音を入れてみたら、しっくりきたんですね。みなさんでどんなことを歌っているのか、想像してもらえるとうれしいです。ちなみにこの曲、レコーディングにすごく苦戦してしまいまして……。その苦しかったときを思い出してタイトルにしたという経緯もあります(笑)。

―「HOPE」はテレビアニメ『狐狸之声』のEDテーマに起用されています。

鹿乃:人気歌手のゴーストシンガーが主人公の作品で、アーティストとしてやらせていただいている私も共感できる部分が結構ありまして、歌いやすかったです。MVには狐の仮面をつけている男の子が登場するのですが、彼を見て思ったのは「人間はいくつもの仮面を使い分けて生きている」ということです。仲のいい友達がふたりいても、それぞれで対応が違ったり。自分でも思い当たる節があるんですよね。

―「Paddling Blue」は今回のアルバムでも大きな部分を担ってらっしゃるハヤシケイさんがプロデュースされました。

鹿乃:人間の内面を描いた詞を書かせたら右に出るものはいない、というイメージがあったので、期待通りの素晴らしいメロディと詞があがってきました。「思春期」と聞いて、人魚姫は中々出てこないですよね。曲の最後に「ブクブクブク……」という泡が水中を昇っていくエフェクトが使われているのですが、これが人魚が上昇していっているのか、はたまた沈んでいっているのか、どちらにも取れるんですよね。想像してもらえるとうれしいです。

―リリースイベントも各地で開催されるそうですね。

鹿乃:私物へのサイン会も行なわれるのですが、高価なものを持ってきてくださる人が結構いるんですよね。緊張することがあるので、そこそこの値段のものを持ってきて欲しいです。……難しい注文かな(笑)?

―アコースティックミニライブが行なわれる回もあります。

鹿乃:アルバムのなかから何曲か選んで披露させていただく予定です。ワンマンライブに向けていい予行演習になればいいな、と思っています。

―このたび、人気キャラクター「ばんびちゃん」を模した着ぐるみが完成しました!

鹿乃:今まではあまり表に出る機会がなかったのですが、この格好で色々な場所で様々なプロモーションをしていきたいと思っています。来年のゆるキャラグランプリに出ます(笑)。夏場は暑そうですけど……(苦笑)。

<Text/ダンディ佐伯>

【アルバム概要】
『rye』
発売中


【初回盤】(2CD+DVD)デジパック仕様
品番:TECI-1609
¥4,400(税込)


【通常盤】(2CD)3P ケース仕様
品番:TECI-1611
¥3,500(税込)

<初回限定盤・通常盤共通:2CD>
<初回盤特典DVD>
・春に落ちてMV
・HOPE MV
・アルバムリード曲

iTunes Store/Apple Music/ Spotify/AWA/KKBOX/
LINE MUSIC / mora/animelo mix/レコチョク/Google Play
Music/music.jp 他にて配信中!

【リリースイベント概要】
01/26(土)12:00 アニメイト秋葉原店
01/26(土)15:30 TSUTAYA SHIBUYA

【ライブ概要】
『Days – L -』
2019年1月19日(土)

【東京】品川 Club eX
時間開場 17:15 / 開演 18:00

【料金】
プレミアムチケット ¥8,100(座席指定・イラストチケット・来場時プレゼント付き)
一般チケット¥5,940(座席指定)
価格は税込。いずれも入場時別途ドリンク代が必要になります。

※小学生以上有料。未就学児童は入場不可。

『Days – R -』
日程2019年1月20日(日)

会場品川 Club eX
時間開場 16:15 / 開演 17:00

【料金】
プレミアムチケット ¥8,100(座席指定・イラストチケット・来場時プレゼント付き)
一般チケット¥5,940(座席指定)
価格は税込。いずれも入場時別途ドリンク代が必要になります。

※小学生以上有料。未就学児童は入場不可。

お問い合わせキョードー東京 0570-550-799(平日 11:00~18:00 / 土日祝 10:00~18:00)

●公式ウェブサイト
https://kano-official.amebaownd.com
●公式Twitter
@kano_2525
☆LINE 公式アカウント鹿乃で検索!
●LINE 公式ブログ
http://lineblog.me/kano/
●Official YouTube Channel
http://www.youtube.com/user/bambinoonico

【プレゼント】
鹿乃さんのサイン色紙を2名にプレゼント!
ご希望の方は、「rye」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2019年2月15日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)