【プレゼントあり】祝・「Aoi ch.」設立1周年&「はじまりの音」でアーティストデビュー! Vtuber富士葵 インタビュー

By saeki, 2019年1月18日


2017年12月のデビュー以来、「歌ってみた」で圧倒的な歌唱力を披露。ほかにも様々な体当たり企画やテレビ出演など、バラエティ関連のコンテンツにも引っ張りだこの人気Vtuber・富士葵がCDデビュー! 10月22日にタイトルチューンの「はじまりの音」がwebで先行配信され、音楽配信サイトのランキングを席巻し、話題を呼んだ。11月7日にリリースされたCDでもチャートを賑わした彼女。
2019年は新春に放送された『NHKバーチャルのど自慢』出演を飾り、現在はTVアニメ『バーチャルさんはみている』などで活躍中! 好スタートを切った。自身のデビューから1周年が経過し、ますます勢いに乗る彼女に迫りました!


―「Aoi ch.」開始1周年おめでとうございます! この1年を振り返っていかがですか?


富士葵さん(以下、富士):最初のころはまだまだ歌劇団(ファン)のメンバーも少なかったのですが、放送を重ねるごとにどんどん増えて。振り返ると本当にあっという間でしたね。1年が3ヶ月くらいに感じました(笑)!


―特に印象的だった出来事は?

富士:8月に東京・お台場で開催された「Fight!~FOOD×ENTERTAINMENT BATTLE」というイベントで、みなさんと初めてお会いできたのが一番印象的でした。今までもメッセージ(文字)という形ではたくさん応援の声をいただいていたのですが、実際に目の前にすると、すごく実感がわきました。生歌も披露させていただきましたし、あの光景は今でも覚えています。テレビにもたくさん出演させていただいて、芸人の方と一緒にお話をしたり『PLAYLIST』という音楽番組にVtuberとして初めて出してもらいました。おまけにプロ野球の試合にもゲスト解説として呼んでいただいたり……。挙げるときりがないです!


―充実した1年になりましたね。

富士:もう本当に数え切れないくらいたくさんの経験をさせていただきました! でもやっぱり一番の経験は……オリジナルの曲を作っていただけたことです。




―最初にデビューのお話を聞いたのは?

富士:葵が所属している事務所の方から「葵ちゃん、デビューの話がきているよ」と教えていただいて。最初は「話があると言っても、まさかね……」みたいに、正直なところ半信半疑でした。


―そんななか、作曲家の田中隼人さんがプロデューサーとしてデビュー曲「はじまりの音」を手がけることになりました。

富士:隼人さんのことは『音楽チャンプ』というオーディション番組をよく観ていて、審査員をされていたのを知っていたのですが、そんな方に曲を作っていただけるということでワクワクでした。


―音楽ファンならずとも知らない人はいない、老舗ランキング『オリコンランキング』でも初登場で上位にランクインして、葵さんのことをあまりよく知らなかった人にも、その名前が広まったのではないかと思います。

富士:曲をリリースさせていただくからには当然、たくさんの人に聴いていただきたいという気持ちがあったので素直にうれしかったです。名だたるアーティストの間に葵の名前があることがとても不思議な感覚で。「ランキングをちゃんと記録しておけばよかった!」とちょっと後悔してます(笑)。歌劇団のみんなとも、よろこびを分かち合いました!


―「初回限定盤」に付属しているDVDには、レコーディング時のメイキング映像も収録されています。

富士:メイキングを撮るのは分かっていたのですが、葵が入っていたブース内にカメラを設置するのを忘れてしまって……(笑)。隼人さんやスタッフさんがいるスタジオ全体を撮った映像でレコーディングの様子を紹介することになりました。隼人さんにはたくさんアドバイスをいただき、収録後は歌い方が全然変わっているのを肌で感じました。レコーディングという作業自体がアーティストっぽいというか、表現が難しいのですが、とにかく幸せな時間でしたね。


―いつも歌っているのとは勝手が違ったと。

富士:そうなんです! 最初は普段は出るような声が出なかったのですが、段々と調子が出てきて。たくさんの人がいる前でいつもベストを尽くしてレコーディングすることができるプロのアーティストさんたちに改めて尊敬の念を抱きました。


―今回のCDでご自身が伝えたかったことはありますか?

富士:「はじまりの音」とカップリングの「ユメ⇒キミ」、そしてカバー曲の「人にやさしく」に共通しているのですが、押しつけがましい応援ではなく、立ち止まってしまったときに、優しく背中を「ポンっ」て押してあげられるような心に寄り添うような応援がしたかったんです。


―それがメロディラインにも表れていますね。

富士:はい、歌詞も共感してもらえるようなフレーズをたくさん詰め込みました! どちらも自信作なので、何回も聴いていただきたいですね。


―「はじまりの音」のMVは現在WEBでも公開中です。

富士:葵がスマホから飛び出てくるのですが、歌詞にもあるように「葵と一緒に前へ前へと進んでいこう!」という意味もありますし、今回の曲が葵自身のスタートラインということで「葵自身も前へ進んでいかなくちゃ!」という……決意が込められています!


―THE BLUE HEARTSの「人にやさしく」をカバーされました。アコースティックアレンジも特徴的ですが、その理由は?

富士:「はじまりの音」がとても疾走感のある曲で、「ユメ⇒キミ」はダンスビートに乗せた楽曲だったので、もう1曲は落ち着いた感じのナンバーにしたいな、と思いまして。でも、ただバラード曲をアコースティックで歌うのではなく、原曲がまったく違うジャンルのものをアレンジしたら面白いんじゃないかと思い、THE BLUE HEARTSさんの「人にやさしく」をカバーさせていただきました。また、葵が伝えたいことが歌詞になっているというのも、理由のひとつです。


―サビ終わりの「ガンバレ!」というニュアンスがとても印象に残りました。

富士:実は、コンペになるんじゃないかというくらい、たくさんの「ガンバレ!」を録りました(笑)。特に最後の「ガンバレ!」はすごくこだわった上での「ガンバレ!」なので、特に気持ちが込められていると思います。




―ところで葵さんは好きなアニメはありますか?

富士:そうですね……小さいころに影響を受けたのが『美少女戦士セーラームーンCrystal』、あとは『HUNTER×HUNTER』、『BLEACH』、『斉木楠雄のΨ難』など、『週刊少年ジャンプ』が原作のアニメはよく観ています。それと『ノイタミナ』枠など、深夜アニメも眠かったら録画して観たりしていますね。最近の作品ですと『ゴールデンカムイ』や『学園BASARA』、『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』などがお気に入りです。


―かなり幅広いジャンルの作品をご覧になっているんですね。

富士:はい! 好きなアニメを観るのが1週間の楽しみ、みたいなところがあるので(笑)。


―「富士葵が今クールのアニメを斬る!」みたいな企画があれば楽しそうです。

富士:それはもう……ぜひ色んなところでプッシュしてください(笑)。


―では、好きな声優さんは?

富士:沢城みゆきさんです! たくさんの役をやられていますが、どの役も声が違っていて。人並みの感想かもしれないですが「すごい!」と思いますよね。あとは舞台も好きなので戸田恵子さんや山寺宏一さんなど、ステージで活躍されている声優さんにも憧れています。


―さて、ここでおもむろに「富士」葵にちなんだ質問なのですが、富士山は静岡側と山梨側、どちらから見るのが好きですか?

富士:なんですかその質問(笑)。アニメ『ゆるキャン△』でこちら側の景色から登場したこともあったり、ちょっとした理由もありまして「山梨!」と言いたいところですが、静岡市には「葵区」という区があるんですよね。それに関連したお仕事も欲しいな~、なんて思っているので、今は「静岡!」です(笑)。


―難しいご質問に答えていただき、ありがとうございます(笑)。今年も本当に盛りだくさんでしたが、2019年はどんなことをしたいですか?

富士:メジャーデビューさせていただきましたし、やっぱりソロライブをやりたいですね。そのためにはオリジナル曲もたくさん欲しいので、気が早いかもしれませんがセカンドシングルを出したいです! また、MCにも挑戦してみたいな、と思っています。それと、ヘアメイクも引き続き頑張っていきたいですね。見た目でもみなさんに楽しんでいただければ幸いです!


―歌劇団のみなさんは気になっているかもしれないですが「体当たり企画」も続けていきたいですか?

富士:そ、そうですね……。「Vtuber界の芸人」なんて呼ばれることもある葵ですが(笑)、芸人さんはすごくリスペクトしていますので、これからもNGなしでやっていきます!


―記者は個人的に『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』がすごく好きなのですが、Vtuber初の「●●芸人」で出演されるのを楽しみにしています(笑)。

富士:『アメトーーク!』私も大好きなんです! 芸人さんたちがテーマを決めずに自由にトークをする「立ちトーーク」が特に好きですね。実際にやるとすごく難しそうですが……(苦笑)オファーがあればぜひ出演したいです! もちろん「ひな壇」側で(笑)。


― 一部では「クソダサムーブ」と呼ばれているダンスに関しては?

富士:よく誤解されがちなのですが、あれは「よーいどん」で曲が流れて即興で踊っているから、どうしてもそうなっちゃうんですよ! それだけは弁明させてください(笑)! 11月に『ニコニコ超パーティー2018』に出演させていただいた際は結構評判がよかったんですよ、私のダンス! ぜひ今後機会があれば生で観に来ていただきたいですね。


―本日はありがとうございました。最後にメッセージをお願いします!

富士:いつも応援してくれるあなた、そしてこの記事で初めて葵のことを知ってくださった方、こんにちは! 普段は「歌ってみた」や「激辛チャレンジ」など(笑)幅広い活動をしています。身近に感じられるVtuberとしてこれからも突っ走っていきますので、疲れてしまったときや元気がないときは葵のことを思い出して動画を観てもらえるとうれしいです。これからもよろしくお願いします!




<Text・Photo/ダンディ佐伯>



【CD概要】
富士葵 デビューシングル「はじまりの音」
発売中(2018年11月7日(水)発売)

 
【収録曲】
1. はじまりの音
2. ユメ⇒キミ
3. 人にやさしく
4. はじまりの音 Instrumental
5. ユメ⇒キミ Instrumental
6. 人にやさしく Instrumental
 
All Sound Produced by Hayato Tanaka (agehasprings)
 
【DVD】 ※初回盤のみ
・レコーディング メイキング映像
・スペシャル御礼動画
 

【初回限定盤】(CD+DVD)
品番:UPCH-7473
¥1,852(税抜)
 

【通常盤】(CD)
品番:UPCH-5954
¥1,389(税抜)

 
●ユニバーサルミュージックジャパン 公式サイト
https://www.universal-music.co.jp/
●富士葵アーティストページ
https://www.universal-music.co.jp/fuji-aoi/

 

【プロデューサー 田中隼人氏について】
FUNKY MONKEY BABYS、YUKI、May J.、flumpoolなど、様々なアーティストの作曲・編曲・プロデュースを手がける。テレビ、ラジオ、雑誌などでも活躍し、テレビ朝日「音楽チャンプ」などに出演。CM音楽も数多く手がけている。2017年、編曲で参加したDAOKO×米津玄師『打上花火』が大ヒットを記録した。

【富士葵とは】
『キミの心の応援団長』をコンセプトにマルチタレントとして活動しており、YouTubeチャンネルの動画配信を中心に幅広く活動しています。
メインのYouTubeチャンネル「Aoi ch.」ではカバーソングなどを中心に動画を配信しており、「あおい’sきっず」では子供向けの歌動画を配信しています。



●富士葵YouTube「Aoi ch.」
https://www.youtube.com/c/aoich
●富士葵YouTube「あおい’sきっず」
https://www.youtube.com/channel/UCIao2WtbCciU8GApFr2pLIA
●富士葵Twitter
https://twitter.com/fuji_aoi_0618
●ユニバーサルミュージック内 富士葵アーティストページ
https://www.universal-music.co.jp/fuji-aoi/



【アニメ概要】

「バーチャルさんはみている」
2019年1月よりTVアニメ放送・配信開始!


◆TOKYO MX:1月9日(水) 24:00~24:30
◆ニコニコ生放送・Periscope:1月9日(水) 24:00より(TV同時配信)
◆ニコニコ動画:1月9日(水) 24:30より
◆dアニメストア(本店・支店) :1月9日より毎週水曜24:30より
◆他配信サイト:1月9日(水) 24:30より
※放送・配信日時は変更になる場合がございます。


【キャスト】
◆ミライアカリ
◆電脳少女シロ
◆猫宮ひなた
◆月ノ美兎
◆田中ヒメ
◆鈴木ヒナ
◆バーチャルグランドマザー小林幸子
◆夢咲楓
◆風見涼
◆桜樹みりあ
◆道明寺晴翔
◆シスター・クレア
◆ときのそら
◆ばあちゃる
◆バーチャルゴリラ
◆オシャレになりたい!ピーナッツくん
◆富士葵
◆ヤミクモケリン
◆大鳥こはく(ユニティちゃん)
◆家長むぎ
◆える
◆カルロ・ピノ
◆北上双葉
◆剣持刀也
◆金剛いろは
◆静凛
◆届木ウカ
◆樋口楓
◆もちひよこ
◆物述有栖


●ティザームービー



●公式サイト
https://virtualsan-looking.jp/
●公式Twitter
@dwangoanime


(C)DWANGO Co., Ltd. (C)Lide, Inc.



【プレゼント】
富士葵さんのサイン入り「はじまりの音」ポスターを2名にプレゼント!
ご希望の方は、「富士葵」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2019年2月15日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)