オリジナル曲、カバー曲満載の濃密なアコースティックライブが開幕! 「aki Acoustic Live vol.4」

By saeki, 2018年10月2日


aki/出口陽の自主企画から始まったアコースティックライブ、その第4弾が2018年9月23日、東京・恵比寿 天窓switchで開催された。

ライブはピアノとドラムのセッションからスタート。そのままの流れでテレビアニメ『鹿楓堂よついろ日和』OP主題歌 「桜色クリシェ」を歌唱し、会場からは自然と手拍子が沸き起こった。続いてはテレビアニメ『クリオネの灯り』OP主題歌「クリオネの灯り」を伸びやかな歌声で披露した。

今までのアコースティックライブは楽器ひとつの編成だったが、今回は「前回のライブ後、ファンと一緒に飲んでいた(笑)」というピアノの「きくちゃん」と、今回初めてセッションするドラムの「はぎさん」と3人で展開。厚みのあるステージとなった。



「Dear Town」でしっとりとした歌声とピアノの調べを聴かせ、ドラムの軽快なリズムに乗って「Plastic Soul」、そして「暁月夜」「迷宮」を切なく歌い上げた。
「自分の素直な思いを綴った」という「ハジマリノオト」を歌い終えると、akiさんは一度舞台袖へ。きくちゃんとはぎさんがファンとのトークで盛り上がり、そのままKAGEROの新曲「Saragrace’s One Hot Night」へ。ピアノとドラムの激しい演奏で会場の雰囲気を一変させた。
ここでakiさんが再登場し、カバー曲コーナー。椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」と「歌舞伎町の女王」を熱唱した。

この日はまさにライブ日和の晴れた日。「今日が雨という設定で選んできた」という大江千里さんの「rain」、そして『東京喰種トーキョーグール』のOPテーマ、凛として時雨さんの「unravel」とバラエティに富んだ楽曲を次々に披露した。本編最後はaki名義での1stシングル「絶対的晴天青空」。思い出の曲を心を込めて歌い上げた。

手拍子によるアンコールに応えてふたたび登場したakiさん。「思い残すことのないよう、盛り上がってください!」と、ステージ上を目いっぱい使って「天使にはなれない」を披露。大きな拍手に見送られてアコースティックライブは幕を閉じた。



<Text/ダンディ佐伯>



【aki プロフィール】
三重県出身。クロコダイル所属。3月14日生まれ。
2016年よりaki名義でアニソンアーティストとしての活動を開始。『鹿楓堂よついろ日和』OP主題歌 「桜色クリシェ」『クリオネの灯り』OP主題歌「クリオネの灯り」など、アニメ主題歌も担当。2018年8月には「Animelo Summer Live 2018 “OK!”」が開催されたさいたまスーパーアリーナ けやきひろばステージにも出演し、多くのファンを魅了した。来年以降の『アニサマ』出演にも期待がかかる。


●オフィシャルTwitter
@akisun314
●クロコダイル アーティストサイト
https://www.crocodile-ltd.com/talent/deguchi-aki