窪之内英策原案、最新作ショートアニメ「その時、カノジョは。」制作決定!2018年10月からKBC、GYAO!にて放送、配信予定。アジアフォーカス・福岡国際映画祭にも参加決定!!

By saeki, 2018年8月31日


「アオハルかよ。」というフレーズが記憶に新しいアオハルシリーズでキャラクターデザインを手掛けた窪之内英策氏と、SNSの妄想ツイートや、彼女の綴るやさしい言葉で多くの反響を呼び、ライター・エッセイストとして活躍する夏生さえり氏のコラボによる「その時、カノジョは。」の制作が決定した。
 福岡に住む、4人の女性の恋愛をリアルに描いたショートアニメで、福岡の実際の街並みを舞台にしているので、福岡出身の人や、在住している人はもちろん、ぜひそうでない人も楽しみにしていてほしい。


 また今作は、「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018」の、映像クリエイターを紹介・支援するスペシャルプログラム<福岡パノラマ>部門にて参加することが決定している。この映画祭は、今年で28回目となる国際映画祭で、アジア映画に焦点を当てているユニークな映画祭であるために、全国の映画ファンやマスコミから注目を集めている。


【作品概要】
■「その時、カノジョは。」とは?
「恋する絵本(アニメ)」をテーマに、1枚1枚のイラストを見せる映像演出で制作したショートアニメーション。4人の女性を主人公に、高校、大学、社会人という各世代それぞれの恋愛を描く。原案・キャラクターデザインに窪之内英策氏、脚本は夏生さえり氏を起用。制作は新進気鋭のプロデュース企業・MASTER
LIGHTSが担当。

■放送・配信情報
2018年10月からKBC、GYAO!にて放送・配信予定


●公式サイト
http://www.sonokano.com/
●公式Twitter
@snkn_pj
●公式Instagram
@snkn_pj

(C)2018 ソノカノProject/EISAKU KUBONOUCHI