【プレゼントあり】 ふたりの少女の絆を巧みに描く 『ハッピーシュガーライフ』神戸あさひ役・花守ゆみり、三星太陽役・花江夏樹、飛騨しょうこ役・洲崎綾 インタビュー

By saeki, 2018年8月22日


鍵空とみやき先生原作『月刊ガンガンJOKER』で連載中の人気漫画『ハッピーシュガーライフ』が待望のアニメ化! さとうとしお、そしてふたりの周囲を描いた「純愛サイコホラー」だ。
物語の展開が風雲急を告げるなか、キーとなるキャラクターを演じた神戸あさひ役・花守ゆみりさん、三星太陽役・花江夏樹さん、飛騨しょうこ役・洲崎綾さんにお話をうかがった。



―役が決まったときの率直な気持ちと、原作を読んだときの感想をお願いします。

花守ゆみりさん(以下、花守):実は高校生のころから原作を読んでいて、アニメ化することに驚きがありました。さとうちゃんのまっすぐな愛をアニメで観られるということがうれしいと同時に「見せていいのだろうか?」という気持ちもありました。
あさひ君は原作タイトルとは正反対の「アンハッピービターライフ」という表現がピッタリな役回りで、さとうちゃんとしおちゃんとは対比になるキャラクターです。なので、うまく演じられるのかどうか、緊張はありました。

花江夏樹さん(以下、花江):原作はオーディションの際に読ませていただいたのですが「ぶっとんだ役だな」と。その後、原作を頭から読ませていただいたら、ほかの登場人物たちも変な人たちばかりだということが分かりました(笑)。原作は読み始めると止まらなかったですし、演じる人によって全然違う作品になりそうだと思いました。

洲崎綾さん(以下、洲崎):さとうよりはしょうこのほうが役を固められそうだと思ったのですが、とにかく「大変な作品」だと思いました。今この作品に出演する意味があるんだと思い、オーディション後は作品にどう向き合うかを自分のなかで考えました。松坂さとう役の花澤香菜さんは演じるのがすごく大変だろうな、というのを感じましたね。


―演じる上で気をつけていることは?

花守:あさひ君は人と話す時に目を合わせないようにしていて、私のなかでは心の距離感を遠くに設定しているのですが、気持ちを届けさせる、させないのギリギリのラインを演じるのが大変です。
彼に惹かれる部分は謎めいたところや母性をくすぐるところ、いじめたいという思いをかきたてられるところだと思います。
幸せになるうえで現れるたくさんの壁を越えようとして報われない子なので、立ち向かっていく勇気を持って欲しいと思いつつもさとうちゃんとしおちゃんのふたりが幸せになる方向になるように演じています。

花江:彼が年上の女性に植え付けられたトラウマを持っている上で、ディレクションで「もっと気持ち悪く、大げさに演じて欲しい」と指示がありまして、気持ちを作れるかどうか大変でした。

洲崎:しょうこは最初さとうちゃんのことが好きなのかと思っていたら、恋に恋する普通の女の子だというのが、だんだん分かってきました。お金持ちで窮屈な生活を送っているという、彼女なりの辛さも多いんだな、と。周りの方々が生っぽい演技をされているので、ギャグシーンはありつつも「こういう子、いそうだな」と思ってもらえるようなキャラクターにしようと思い、演じました。


―さとうとしおへの印象を教えて下さい。

花守:ふたりが一緒にいるシーンは本当に癒されます。しおちゃんがあどけなくて、さとうちゃんが愛を実感しているところを見ると「私にもしおちゃんのような癒しがあったらなぁ」と思ってしまうくらい、いい関係ですよね。
さとうちゃんの「愛を守るためなら何でもする」という根本的な気持ちが変わらないところがすごく分かるので、花澤さんの演技は改めてすごいと感じました。まっすぐな愛ゆえに、納得させられちゃう怖さがあるんです。

花江:普段、淡々としゃべっているところが逆に怖さを感じます。アフレコしている花澤さんと久野さんの後ろ姿を見て、花澤さんが久野さんのことをすごく好きなんだ、というのが伝わってきます。

洲崎:原作を読んで、さとう役は誰だろう? と思っていたら花澤さんで。原作を読んでいて、さとうちゃんの気持ちがぜんぜん理解できなかったのですが、彼女の演技を聴いて、さとうちゃんがそこにいる、というのが理解できました。「さとうちゃんが実際にいたら、こういう世界になるんだろうな」というのが何となく分かり、すごく不思議な感覚になりました。しおちゃんもとびきりかわいいので、ふたりの時間は本当に甘いですよね。


―これまでの印象的なシーンは?

花守:第2話で、しおちゃんがさとうちゃんの帰りを待って掃除をしているときのシーンがとてもかわいくて。あさひを演じると心が大変だからかも知れませんが、すごく癒されました。
あさひで言うと、回想シーンであさひの母親が彼に「ごめんね」と言いながら見送るシーンです。あさひにとっては「腕のなかのしおちゃんが自分だったら」という想いがあるんだろうな、と。
原作では(宮下栄治さん演じる)彼の父親が化け物として描かれているのですが、宮下さんの演技によって父親なのか化け物なのか分からないようなものがうまく描かれていて、回想シーンは痛みを意識しながら演じていました。とても辛かったです。

花江:太陽はずっとスーハースーハーしていて疲れます(笑)。過呼吸気味になりそうで、そういうシーンは全般的に思い出に残っています。しおちゃんと会ってからはとても幸せそうなので、彼なりの幸せをつかめて良かったね、というところでしょうか。

洲崎:しょうこがさとうちゃんを連れ出して遊びに行くシーンです。本音でしゃべっていて、「さとうに心を開いて欲しい」という祈るような気持ちでしゃべっているので、ぜひ観ていただきたいです。


―アフレコ現場でのエピソードはありますか?

花守:久野さんがいつも花澤さんにお菓子を持ってくるんです。本当のさとうちゃんとしおちゃんみたいだな、といつも思っています。あとは、座っている並びが花澤さん、私(花守)、花江さんなので「めっちゃ『花』がいるな」と(笑)。

花江:ゆみりちゃんにiPadを勧められて購入しました。画面が大きく、台本を読む際に重宝しています!

洲崎:私は久野ちゃんと(さとうの叔母を演じる)井上喜久子さんの間に挟まれて座っているのですが、井上さんが「役とキャストがすごく似てるよね」とおっしゃってたのが衝撃的でした。最初は「えっ!?」と思ったのですが、内面が似ている人もいるし(笑)、井上さんの甘くて耳にまとわりつくような演技もピッタリで、言われてみればそうだな、と納得しました(笑)。


―本作では「ギリギリの演技」もひとつのポイントかと思いますが、これまでにみなさんが経験した「ギリギリ体験」はありますか?

洲崎:ちょっと前に急性胃腸炎にかかってしまい、あのときは本当に死ぬかと思いました……。

花守:私も家族で出かけたときに、トイレで急に身体が動かなくなってしまったことがあったんです。なんとか助けてもらったのですが、あのまま誰も来てくれなかったらと思うとぞっとします。

花江:スマホを落として液晶画面が壊れてしまったんです。かなり損傷がひどく、本体を捨てたあとにお店に行ったら、どうやら保険に入っていたらしく、無料で新品と取り替えられることが分かり、急いで戻ったらちょうど清掃員の人が持っていくところで「ちょっと待った~!」と追いかけました。事なきを得ましたが、あれはギリギリでしたね……(苦笑)。


―物語もクライマックスに向かっていきますが、今後の見どころをお願いします。

花守:これから「愛の形」がはっきりしたり、変わっていくと思います。愛とは何かを考えさせられると思うし、その展開を受け入れられるかどうかは人それぞれですが、キャラクターたちに引き込まれると思いますので、楽しみにしていてください。

花江:さとうちゃんがやっていることがいつもギリギリなので「そろそろ捕まってしまうのでは?」と思うこともありますが(笑)、しおちゃんのためにまた違った行動をしたりしますので、今後の展開をお楽しみに。

洲崎:台本をいただいたところまでしか原作を読まないようにしているのですが、すごく衝撃的でした。しょうこのさとうちゃんへのまっすぐな気持ちを見守っていただきたいです。スタッフさんの愛をすごく感じる作品になっていますので、見ていて辛くなるときもあるかも知れませんが、最後まで見守ってください。


<Text/ダンディ佐伯>

【アニメ概要】

『ハッピーシュガーライフ』
2018年7月13日(金)よりMBS・TBS・BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送中

<キャスト>

花澤香菜
久野美咲
花守ゆみり
花江夏樹
洲崎綾
石川界人
井上喜久子
ほか

<スタッフ>
原作:鍵空とみやき
(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)

総監督:草川啓造
監督:長山延好
シリーズ構成:
待田堂子 キャラクターデザイン:安田祥子
美術監督:谷地清隆
色彩設計:松原陽子
撮影監督:伊藤康行
編集:岡祐司
音響監督:立石弥生
音楽:亀山耕一郎

OPテーマ:「ワンルームシュガーライフ」ナナヲアカリ
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

EDテーマ:「SWEET HURT」
ReoNa(SACRA MUSIC)

アニメーション制作:Ezo’la
製作:ハッピーシュガーライフ製作委員会

●公式HP
http://happysugarlife.tv
公式twitter
@happysugarlifeA


(C)鍵空とみやき/SQUARE ENIX・ハッピーシュガーライフ製作委員会






【プレゼント】
花守さんと花江さんと洲崎さんの寄せ書きサイン色紙を2名にプレゼント!
ご希望の方は、「HSLその2」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2018年9月15日(土)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)