【プレゼントあり】暑さを忘れて 桃色旋風でアツくなれ! 12thシングル「桃色タイフーン」をリリースする春奈るな インタビュー

By saeki, 2018年8月15日


春奈るなのニューシングル「桃色タイフーン」が8月22日(水)にリリース! 現在絶賛放送中のテレビアニメ『ゆらぎ荘の幽奈さん』OP主題歌「桃色タイフーン」はキャッチーで和テイストが特長的なライブでも盛り上がれるナンバー。個性的な2曲のカップリング、そしてドラマ仕立てのMVについても語っていただきました!



―テレビアニメ『ゆらぎ荘の幽奈さん』のOP主題歌として起用されています。


春奈るなさん(以下、春奈):本作とのタイアップの話が最初にあり、そこから何曲か候補曲をデモ録音して、最終的にこの曲に決定しました。『ゆらぎ荘の幽奈さん』は『週刊少年ジャンプ』で連載中の作品で、私も『ジャンプ』は昔から読んでましたし、最初に聞いたときはすごくうれしかったです。


―『ゆらぎ荘の幽奈さん』という作品の印象は?

春奈:幽奈さんは幽霊の女の子なのですが、人間同士の恋愛よりもむしろ純粋に描かれている気がします。実らない恋かもしれないけど、恋していることがすごく楽しくて「恋愛の尊さ」を教えてくれる作品だと思います。魅力的な女の子がたくさん出てきますし、優しいところや意地悪なところなど、女の子の裏側も描かれてるので漫画を読んでいても、アニメを観ていても楽しいですね。


―春奈さんは本作をどんな視点で楽しんでますか?

春奈:主人公の冬空コガラシくんがすごくうらやましいと思ってます(笑)。ちなみにお気に入りは雨野狭霧ちゃんと神刀朧ちゃんです! 朧ちゃんは現時点ではまだアニメに登場していませんが、どんな姿を見せてくれるのか楽しみです。


―先ほどもおっしゃってましたが、今回の曲はコンペで選ばれたそうですね。

春奈:ポップでキャッチーな楽曲なのですが、『ゆらぎ荘の幽奈さん』らしく和テイストなところが決め手となりました。いわゆる「電波ソング」と言われるタイプの曲ではないのですが、同じような匂いを感じられて、ライブでも楽しめると思います。振り付けやコール&レスポンスをしてもらえるパートも多く、るな充(ファン)のみんなと一緒に作っていきたいです。


―振り付けでのポイントはありますか?

春奈:「桃ポーズ」です。タイトルでもあるので、ここはこだわりたいです!


―特徴的な歌詞もこの曲の魅力ですよね。

春奈:「ラブ・ヘクトパスカル」や「ハート・デストロイヤー」といった、まるで必殺技のような歌詞が中二感がただよってお気に入りですが、2番の「だけど時々 アイス食べれば ご機嫌でした」というフレーズは、青春時代を思い出させてくれるような内容で、多くの人に共感してもらえるとうれしいですね。


―「1、2、3、4」を「ひーふーみーよ」と表現するのがすごいですし、ラスサビまえの「やっぱり きみが すきだー!」のセリフもインパクトがあります。

春奈:そうですよね。今どきあまりないような掛け声で、お気に入りです! ちなみに今回一番歌うのに苦労したのがラップ部分なんです。歌う上でバランスを取るのが難しく、ボイストレーニングの先生にも相談したりしてレコーディングに臨みました。


―サビは逆に開放的な気持ちで歌われました?

春奈:こういう楽曲を歌うときはかわいらしい女の子になり切って歌うことが多いので、今回は幽奈さんの気持ちで歌いました!



―MVはストーリー仕立てになっています。

春奈:街を歩いていたら、道路の反対側に密かに想っている男の子を見かけたので、声をかけたら気づいてもらえなくて。声を掛けようと信号の押しボタンを押したら妄想夏祭りが始まる……という内容です。


―ドラマのようなパートを演じるのは初めてだそうですね。

春奈:はい。演技するのもちょっと緊張しましたが、思ったより収録に時間はかからなかったです。着ている浴衣のなかに猫が隠れていたり、ちょっとした小ネタも入っているので、そちらも注目してください。


―春奈さんの相棒、アルパカの「みなみくん」も登場します。

春奈:みなみが最後に全部持って行っちゃってずるいですよね! でもかわいいから許す(笑)!初回生産限定盤にMVとメイキングが収録されるので、是非そちらでチェックして欲しいです。



―カップリング「恋せよ乙女」は遊び心も満載です。

春奈:ポップさとジャジーさが絶妙なバランスで、金管楽器を使った楽曲は今までにもあったのですが、ここまでジャジーな曲は初めてでしたので、挑戦する気持ちでレコーディングに臨みました。中毒性があって、私自身もすごいヘビーローテーション状態で聴いてます(笑)。
実はこの曲は『ゆらぎ荘の幽奈さん』の作品ともリンクしていて、「ドキドキで死んじゃいそうよ」「来世まで」など、「ポップな死」をイメージした詞にも注目していただきたいですね。


―もう1曲のカップリング「Again」は一転してバラードナンバーです。

春奈:2曲ポップなナンバーが続いてきたので、ここでひとやすみ、という思いで収録しました。この曲は聴き手によって違う感じに聴こえるところが、すごく魅力的だと思います。色々なシチュエーションで聴いてもらえるとうれしいです。


―ジャケット写真を見ると、今回はピンク一色ですね。

春奈:私、テーマカラーが「緑色」なのですが、中々定着しないですね(笑)。メイキング映像にも収録されているのですが、ジャケット撮影当日がまさに「タイフーン」な日で……(苦笑)。大雨のなかで撮ったので、ピーカンだったMV撮影日とのギャップがすごかったです。


―各所で行なわれている予約イベントも盛況だそうですね。

春奈:毎週火曜日に放送している「SHOWROOM」の番組でアンケートをとり、一番リクエストの多かった曲を「桃色タイフーン」と一緒に披露しています。普段のリリースイベントや予約イベント、ライブでもあまり歌う機会がないようなナンバーも飛び出しますので、るな充のみんなもよろこんでくれてます!


―今年で6度目の出場となる『Animelo Summer Live 2018 “OK!”』には24日(金)に登場予定です。

春奈:『アニサマ』はデビューの年にいきなり出演させていただき、そのときは気が気じゃなかったです(笑)。今年もみなさんに楽しんでもらえるステージにしたいですし、来てくださるみなさんは本当に温かい方が多くて。そういう人たちにありがとうという気持ちを伝えたい一心で歌おうと思っています。


―海外での公演も控えています。

春奈:毎月のように海外にいる、るな充にお会いできるのが楽しみです! 先日、台湾に約5年ぶりに行ってきました。台湾のアニメイトを観に行って、日本と変わらない店内の様子に驚きました。9月はオーストラリア、10月はメキシコ、11月にニューヨークでのライブが決まっています。



―ところで、この夏は特に暑いですが、暑さ対策はされていますか?

春奈:なるべく家にいるのが一番! ……だと思うのですが、プライベートで行くイベントで物販に長時間並ぶこともあるので、そんなときは水分と日傘、そして塩あめは必携ですね。私のライブやイベントではアツくなってほしいです!


―そして10月7日にはワンマンライブ「春奈るな LIVE 2018 “LUNAtic Typhoon”」が開催されます。

春奈:最近は海外でライブをさせていただくことが多くて、約1年ぶりの日本でのワンマンライブなのです。昨年は見事に台風を呼んでしまったので(苦笑)、今年はいい環境でできればいいな、と思いつつ、楽曲多めのステージにしたいですね。ぜひ遊びに来てください!
 



<Text・Photo/ダンディ佐伯>



【CD概要】
「桃色タイフーン」
2018年8月22日(水)発売


【完全生産限定盤】(CD+BD)
品番:VVCL-1276~1277
¥2,500(税込)

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
品番:VVCL-1278~1279
¥1,700(税込)

【通常盤】(CD)
品番:VVCL-1280
¥1,300(税込)

【期間生産限定盤<アニメ盤>】(CD+DVD)
品番:VVCL-1281~1282
¥1,600(税込)


【プレゼント】
春奈さんの寄せ書きサイン色紙を2名にプレゼント!
ご希望の方は、「桃色タイフーン」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2018年9月15日(土)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)