【プレゼントあり】あの夏がよみがえるシングルが完成! 「ハイステッパー」をリリースする大原ゆい子 インタビュー

By saeki, 2018年8月9日


シンガーソングライター・大原ゆい子の6枚目のシングル「ハイステッパー」が8月15日(水)リリース! 表題曲は現在好評放送中の『はねバド!』のエンディングテーマ。この夏、スポーツに汗を流すみなさんに、特に聞いて欲しい「純粋さ」が詰まったシングルとなっている。


―「ハイステッパー」は『はねバド!』のエンディングテーマとしてオンエア中です。


大原ゆい子さん(以下、大原):スポーツアニメの主題歌を歌うのは念願だったので、どんな作品か気になってすぐに原作を読ませていただきました!


―原作を読んだ感想、アニメをご覧になった感想をお聞かせください。

大原:「スポ根」系の作品は大好きなので、続きが気になって、一気に読んでしまいました。
荒垣なぎさと泉理子の「なぎりこ」コンビが好きです! なぎさは生まれたときから恵まれた身体を持っていることもあり、周りから努力を認められなかったんですね。そんな境遇に惹かれました。


―「ハイステッパー」というタイトルはどこから来ているのでしょう?

大原:私は曲を作るとき、いつも最後に曲のタイトルをつけるようにしているのですが、今回は中々決まらなくて。作品のことを思い起こした際に「高みをめざしている女の子たち」や「バドミントンの動き」を加味して「ハイ(高い)ステップ」から考えました。


―「ハイステッパー」は大原さんの作品のなかではあまりない、ハイテンポで疾走感あふれるナンバーですね。

大原:原作を読んで感じたことは、とにかく試合のシーンがアツく描かれていることで、エンディングテーマを聴きながらでもその場面を思い出してもらえるような、そんな気持ちで作りました。


―作詞でこだわったところは?

大原:作品のタイアップ曲は、いつも「分かりやすい歌詞にしよう」というテーマを持っているのですが、そこは意識しつつ、今回は「言霊」を大事にしようかと。


―言霊ですか?

大原:スポーツをしている人なら分かっていただけるかも知れませんが、試合などで大事な局面ってあるじゃないですか。そこで思い浮かべてもらえて、勇気が沸いてくるようなワードを、ストレートに入れようと思いました。


―ジャケットはバスタブに入る大原さんが印象的です。

大原:ジャケット撮影の途中からずっと入りっぱなしでした(笑)。ヒールをはいたまま、服を着たまま入っていて、ちょっとした背徳感もありつつ(笑)、同じ体勢でいたので、プールから出た後のように眠くなってしまいました……。


―アニメ盤に収録される「ユアフライト」も爽やかさを感じさせるナンバー。

大原:理子の目線に立って、なぎさのことを想って書いた曲です。「なぎさに対してどんな言葉をかけるのがいいのかな?」というのを私なりに考えながら書きました。「私はいつも見てるよ」というのを伝えられれば、と。


―「アーティスト盤」に収録される「リアライズ」は野球を通して青春を歌ったナンバーです。

大原:この曲を書いた直後に私の母校が高校野球の予選で負けてしまって……。なんとも言えない気持ちになってしまいましたが、それも青春ですよね。
プロ野球の独立リーグ「BCリーグ」の公式応援歌に起用していただいたのですが、私もプロのシンガーとしてやらせてもらっている以上、もっと上を目指していかなくちゃダメだという、自分へのエールソングとしての側面もあります。



―球場で披露される機会もあるそうですね。

大原:はい! 夢がかなってうれしいです。もしかすると始球式も参加……させてもらえるかも? しれないですし、今からピッチングの練習をしておきます(笑)!


―「アニメ盤」に収録される「ライラック」はしっとりとした、これまでの大原さんらしさも感じさせるナンバーです。

大原:今回は激しめの曲が多いということで、1曲バラードを作ろうという話になりまして。プライベートで知り合いに初恋の話を聞く機会がありまして、そのエピソードを歌詞に使わせていただきました。プロデューサーさんは「不倫ソングかと思った。」と言うのですが、ピュアな恋愛ソングですので、曲調に惑わされず、お間違えなく(笑)。


―4曲とも吉田穣さんが編曲・アレンジを担当されています。

大原:スタッフさんと「どなたにお願いしようか?」となったとき、吉田穣さんに全曲お願いしたいということを伝えさせていただきました。私のことも知ってくださっているし、アニメや漫画、スポーツにも詳しいということで、安心してお任せできるのは逆に吉田さんしかいないんじゃないか? ということで、お忙しいなか、無理してお願いしました。


―「ハイステッパー」はアコースティックバージョンも収録されます。

大原:アコースティックバージョンの制作は、だいぶ後でお話いただいたので私も吉田さんも「ちょっと難しいかな……」という話をしていたのですが、吉田さんもさすがのアレンジをしてくださいましたし、私も原曲とは違う気持ちを込めて歌いました。


―今回開催される一連のリリースイベントをすべて回ると(※大阪開催分をのぞく)MVで使用したピック(レプリカ)がプレゼントされます。

大原:平日のイベントもあるので大変かと思いますが、ぜひ来ていただけるとうれしいです。今回は地元・千葉の船橋でも開催されるのですが……友人や知り合いに見られるのは、やっぱりちょっと恥ずかしいですね(笑)。


―8月12日(日)は東京・渋谷のJZ Brat Sound of Tokyoにて、アコースティックワンマンライブ「アコースティックライス vol.1」が開催されます。

大原:食事をしながら楽しめるライブをするのがあこがれだったので、うれしく思っています。無理して食事をしながらでなくてもいいので、田舎に帰った気分でゆっくり楽しんでいただきたいですね


―最後に、メッセージをお願いします。

大原:「ハイステッパー」は激しくかっこよく、夏にピッタリの曲になっていると思いますし、カップリングも全力を注いで作りました。「アーティスト盤」と「アニメ盤」どちらもぜひ聴いてください!



<Text・Photo/ダンディ佐伯>


【イベント概要】

「ハイステッパー」発売記念リリースイベント

①8月19日(日)「大原ゆい子」「YURiKA」合同イベント
②8月23日(木)ららぽーとTOKYO-BAY ミニライブ&サイン会
③8月25日(土)タワーレコード渋谷店ミニライブ&CDサイン会
④8月29日(水)光が丘IMA 光の広場ミニライブ&CDサイン会

※リリースイベントスタンプラリー!
全4回のリリースイベントにてスタンプラリーを開催! リリースイベントスタンプラリーを達成した方には、「ハイステッパー」アーティスト盤ジャケットの撮影に使用されたピック(レプリカ)をプレゼントさせていただきます!

※大阪でもリリースイベント開催決定!
9月8日(土)
アニメイト大阪日本橋店animate O.N.SQUARE HALL3Fにて大原ゆい子・YURiKA合同リリースイベント開催決定!
(このリリースイベントはリリースイベントスタンプラリーには含まれません)


【CD概要】
 
「ハイステッパー」/大原ゆい子(BCリーグ公式応援歌「リアライズ」収録
発売日:8月15日(水)


【アーティスト盤】
品番:THCS-60222
¥1,500 (+税)

収録曲数6曲/1枚組/アーティスト撮り下ろしジャケット
 
●大原ゆい子:公式サイト
http://yuiko-ohara.com/
●大原ゆい子:公式twitter
@ohara_yuiko(https://twitter.com/ohara_yuiko




【プレゼント】
YURiKAさんと大原ゆい子さんの寄せ書きサイン色紙を1名にプレゼント!
ご希望の方は、「YURiKAと大原ゆい子」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2018年8月31日(金)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)