リアル「ドロップキック」にキャスト陣も失神寸前!? 「『邪神ちゃんドロップキック』記念コラボ ドロップキックタイトルマッチ」

By saeki, 2018年7月8日


2018年7月より放送開始予定のテレビアニメ『邪神ちゃんドロップキック』と人気女子プロレス団体「スターダム」とのコラボマッチが5月23日、東京・後楽園ホールで行われた。

『STARDOM GOLDSTAR2018』と銘打って行われた今回の大会。メインは王者の紫雷イオと挑戦者・渡辺桃の『ワンダー・オブ・スターダム 』のベルトをかけた戦いということもあり、多くのファンが詰め掛けた。

そして当日は『邪神ちゃんドロップキック』から邪神ちゃん役の鈴木愛奈さん、花園ゆりね役の大森日雅さん、メデューサ役の久保田未夢さん、ミノス役の小見川千明さん、ぽぽろん役の佐々木李子さん、ぺこら役の小坂井祐莉絵さんが登場。なかでも小坂井さんはリングアナも務め、試合を盛り上げていた。
試合の前にキャスト陣が作品のPRを含めてリングインし、ひとりずつ挨拶。プロレス観戦が初めてだというメンバーも多く、期待と少しの不安が入り交じっている様子がうかがえた。

そして試合中は客席でファンとともに観戦。熱戦が繰り広げられるリングを真剣に見つめ、試合結果に一喜一憂していた。

休憩をはさみ、後半戦の最初はエキシビジョンマッチとして「邪神級タイトルマッチ」が開催! 制限時間(1分)内にドロップキックを繰り出した回数とインパクトの強さをファンに見てもらい、拍手の数が多かったレスラーが優勝、というルール。

レスラーがコスプレ姿でキャストと一緒にリングインし、口上や衣装のポイントなどを次々に披露していった。
キャストは、ドロップキックの迫力に目を丸くしながらリング上でチャレンジを見守り、大きな声援を受けたレスラーたちも期待に応えるべくダイナミックな技を連発!
最後は邪神ちゃんに扮した岩谷麻優選手が、ゆりねに扮した刀羅ナツコ選手に原作さながらにやりこめられるシーンもあり、作品のファンも楽しめるようなバトルで客席を大いに盛り上げた。

結果はその岩谷選手が優勝! 声優としてテレビアニメに出演できる権利が与えられ、鈴木さんと一緒によろこびを分かち合っていた。



<Text・Photo/ダンディ佐伯>

☆ページ下部に写真一覧あり。

【アニメ概要】

『邪神ちゃんドロップキック』
・TOKYOMX 7/9(月)25:05
・チバテレビ 7/13(金)25:00
・とちぎテレビ 7/11(水)24:00
・三重テレビ 7/11(水)26:20
・サンテレビ 7/9(月)25:30
・西日本放送 7/15(日)26:00
・BSフジ 7/9(月)24:00

ほか、Amazonプライムで独占先行配信予定


<スタッフ>
原作 ユキヲ(COMICメテオ連載)
製作総指揮 夏目公一朗
監督 佐藤光
シリーズ構成 筆安一幸
脚本 筆安一幸、村上桃子
キャラクターデザイン・総作画監督 古賀誠
色彩設計 野口幸恵
音楽 栗原悠希、神馬譲
音響監督 今泉雄一
音響制作 エスタ―セブン
アニメーション制作 ノーマッド
制作 ダンガン
製作 邪神ちゃんドロップキック製作委員会

<キャスト>
邪神ちゃん 鈴木愛奈
花園ゆりね 大森日雅
メデューサ 久保田未夢
ぺこら 小坂井祐莉絵
ミノス 小見川千明
ぽぽろん 佐々木李子
ペルセポネ2世 飯田里穂
橘芽依 原奈津子
遊佐 荒浪和沙
浩二(氷ちゃん) 寺田御子




●TVアニメ公式サイト
http://jashinchan.com/
●公式ツイッター
@jashinchan_PJ

●フレックスコミックス『COMICメテオ』公式サイト
https://comic-meteor.jp/


(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック製作委員会