時代を代表するアニメ作品の創出プロジェクト「Project ANIMA」 TVアニメ化が決定した公募コンテスト大賞作品の授賞式を、 国内最大級のキャラクター&ホビーイベント 「C3AFA TOKYO 2018」ステージにて開催!!

By saeki, 2018年7月1日


文化放送が、DeNA・創通・毎日放送の3社と共同で行っているオリジナルアニメ作品創出プロジェクト「Project ANIMA」。このたび、その第一弾である「SF・ロボットアニメ部門」の大賞授賞式を、8月25日(土)に開催されるイベント「C3AFA TOKYO 2018」の中で行うことが決定しました。

当プロジェクトでは、2020年代を代表するアニメ作品の創出をめざして、プロ・アマ問わずに全国の作家志望者を対象に、ジャンルの異なる3部門別に原作公募コンテストを順次開催しています。このたび表彰される「SF・ロボットアニメ部門」の大賞作品は、これまで『創世のアクエリオン』や『重神機パンドーラ』などを手掛け、CG分野に強みをもつアニメスタジオ・サテライト制作のもと、既にテレビアニメ化が決定しています。

今回の授賞式は、“キャラホビ”の通称で知られる日本最大級のキャラクター&ホビーイベント「C3AFA TOKYO 2018」において、8月25日(土)に会場の幕張メッセのメインステージ上で行われます。ステージには、当プロジェクトと連動した文化放送の番組『ラジオ文芸部』(日曜午前2時30分~3時00分)のパーソナリティである豊永利行・小松未可子・三上枝織の声優3人に加え、アニメーション監督の河森正治さん、「Project ANIMA」アンバサダーで声優の緑川光さんと総合プロデューサー・上町裕介さんが登壇します。
また、当日会場に来られない人のために、この模様はYouTubeLive とperiscopeにて動画でライブ配信されます。

この原作公募コンテストの第二弾「異世界・ファンタジー部門」は現在応募受付中(7/15(日)締切)、第三弾の詳細は近日公開となります。第一弾と同じく、テレビアニメ化に向けて選考するほか、書籍・マンガ・ゲームなど様々なメディアでの展開も検討されます。



【イベント概要】

◇タイトル: Project ANIMA 第一弾「SF・ロボットアニメ部門」大賞授賞式
◇日程: 8月25日(土) 16時00分以降~
  ※時間は変更になる可能性がございます
◇会場: 幕張メッセ 国際展示場 会場メインステージ

◇登壇: 豊永利行・小松未可子・三上枝織・河森正治・緑川光・上町裕介

◇観覧方法: 当日メインステージ脇にて整理券配布 ※先着順、整理券なくなり次第終了/無料 ※「C3AFA TOKYO 2018」には別途入場料が必要です
◇配信: YouTube Live もしくは periscopeでインターネット動画生配信

●「Project ANIMA」サイト
https://project-anima.jp/