【プレゼントあり】 ふたりの少女の絆を巧みに描く 『ハッピーシュガーライフ』松坂さとう役・花澤香菜さん、神戸しお役・久野美咲さん インタビュ-

By saeki, 2018年6月22日


鍵空とみやき先生原作『月刊ガンガンJOKER』で連載中の人気漫画『ハッピーシュガーライフ』が待望のアニメ化! さとうとしお、そしてふたりの周囲を描いた「純愛サイコホラー」だ。
公私ともに仲がいいという、さとう役の花澤香菜さんとしお役の久野美咲さんに作品の見どころを語っていただいた。


―最初に役に決まったときの感想をお願いします。


花澤香菜さん(以下、花澤):元々原作のコマーシャルで、さとうの声を演じたことがあり、原作もそのときに読みました。アニメ化するという発表があってからすぐに「さとう役でお願いします!」と言われたので、すごくうれしかったですね。
独特の世界観で、かわいらしい絵なので物語の怖さがさらに増すと言いますか。
アニメの収録ではどう演じようか悩むセリフもいっぱいあるので、ドキドキしました。

久野美咲さん(以下、久野):このような魅力的な作品に、憧れの花澤さんと一緒に出演できると聞いて、とっても嬉しかったです。原作を読ませていただいて、さとちゃんとしおちゃんの関係性は愛に溢れていて素敵だなぁと感じていたので、そのような間柄の役を演じられることが、なおさら楽しみになりました。


―さとうとしおに対する印象は?

花澤:しおちゃんはすごくかわいいですよね。美咲ちゃんとは普段から仲良しなので「こうきたらこう返しちゃうよね」というのがさとうとしおちゃんにすごくシンクロして、するんです。美咲ちゃんがしおちゃん役で本当に良かったと思います。さとうに関しては、しおちゃんとのシーンはとても共感できるのですが、ほかの人と話しているシーンでは「この子の思考回路はどうなっているんだろう……?」というのが難しいので、原作を読んで自分なりに結論づけようとしています。

久野:さとちゃんのことが初めは怖かったのですが、話を読んでいけばいくほどしおちゃんへのまっすぐな思いが伝わって、だんだん純粋に見えてきて。ちょっとビックリしちゃう行動も、さとちゃんなりの愛情表現なんだろうな、と思えたら、誰よりもピュアな子だと感じました。
しおちゃんに関しては、純粋で素直でいい子だと思いました。ですが、色々な辛い経験をしてきた子なので、過去のことが今の彼女の人格を形成しているということを、忘れてはいけないなぁと思いました。


―演じる上で特に気をつけた点は?

花澤:しおちゃんと同じようにさとうにも今の彼女に起因する過去があります。おばさんの存在が彼女の思考回路を乱したんだろうな、と。それを唯一忘れさせてくれるのがしおちゃんで、一方的ではなく、ちゃんとしおちゃんもさとうを愛してくれているというのが分かるシーンは彼女の人間らしさも伺えるところですので、しっかり演じたいと思っています。

久野:しおちゃんはさとちゃんのことを心から信頼していて、辛い経験をした分、一緒にいると安心感がとても強いんだろうなって。ですから、その気持ちを一番大切に演じています。
その一方で、過去のつらい出来事を思い出すシーンがモノローグで表現されているシーンや、頭の中に浮かんでくるお母さんと話すシーンは、さとちゃんと会話している時とは全然違う空気になるように心がけています。



―さとうとしおの絆の強さが際立つ作品ですが、おふたりで共演してみていかがでしたか?

花澤:キャスティングする際に「私たちのこと、見られていたのかな?」と思うくらいに、私たち自身は仲がいいので(笑)。ふたりでお茶をすることがあるのですが、スタッフさんが演技プランを任せてくださる現場なので「どういう風に見えたらいいかな?」など、アフレコの話をよくしています。

久野:私が初めて出演させていただいたアニメの作品の主人公も花澤さんで、それ以来ずっとお世話になっています。お仕事だけではなく、プライベートのこともお話を聞いてくださったり、本当のお姉ちゃんみたいな存在です。
だからしおちゃんのさとちゃんへの気持ちが、すごくシンクロするんですよ。それはきっとお芝居にも活きていると思います。
それから、さとうちゃんは長セリフがたくさんあったり、ほんとうに大変な役だと思うのですが、そんなそぶりを一切見せずに、すごいお芝居でキャスト陣を引っ張ってくださるんです。やっぱり尊敬できる先輩だなぁと、改めて思いました。


―収録中の印象的なエピソードを教えて下さい。

花澤:さとうがしおちゃんに「大好きだよ」と言われて、彼女がうるうるしてしまうシーンがあるのですが、思わず泣いてしまいました。さとうの救いになっているような演技を美咲ちゃんがしてくれるので。

久野:そのように言っていただけて、嬉しいです…!!この作品はシリアスなシーンが多いのですが、飛騨しょうこ役の洲崎綾さんがアフレコ現場で色々なお話をしてくださって、いつも楽しいです。現場の明るいムードメーカーになってくださってますね。


―気になるキャラクターはいますか?

花澤:北埋川大地先生です。私が男ならあのような役をやってみたいです(笑)。

久野:三星太陽くんです。しおちゃんへの愛が重すぎるのですが……。花江(夏樹)さんも、ただ気持ち悪く演じるのではなく、愛が重いがゆえの筋の通った気持ち悪さを表現なさっているので。素直で素敵なキャラクターになっていると思います。

 

―第1話の見どころを教えて下さい。

花澤:1話から人の汚い部分がいきなり出てくるのですが、さとうがそれを上回る精神力や言葉でねじ伏せていくので、爽快感も感じられるかと思います。

久野:「誓いの言葉」のシーンですね。さとちゃんとしおちゃんのお互いの心が通じ合う、キラキラとしたシーンなので、私自身オンエアが楽しみです。


―最後に、メッセージをお願いします。

花澤:初見の方は第1話をご覧になっていただけたら先が気になるはずですし、原作ファンの方、にも楽しみにして頂けたらと思います。キャラクターたちがそのまま動いていて、ファンシーさもありつつ、ドキッとするような画が出てきたりもします。ぜひ見逃さないでいただきたいですね。

久野:私たちの日常生活とはかけ離れているようなお話かもしれませんが、登場人物の気持ちに寄り添うことが出来る魅力的な作品です。「このキャラクターのこの気持ち、分かるかも」と思えるシーンもきっとあると思います。スタッフ、キャスト一同、作品に丁寧に向き合って、一生懸命頑張っていますので、ぜひ、心を揺さぶられながら楽しんで観ていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。




<Text/ダンディ佐伯>


【アニメ概要】

『ハッピーシュガーライフ』
2018年7月13日(金)よりMBS・TBS・BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送開始!

<キャスト>

花澤香菜
久野美咲
花守ゆみり
花江夏樹
洲崎綾
石川界人
井上喜久子
ほか

<スタッフ>
原作:鍵空とみやき
(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)

総監督:草川啓造
監督:長山延好
シリーズ構成:
待田堂子 キャラクターデザイン:安田祥子
美術監督:谷地清隆
色彩設計:松原陽子
撮影監督:伊藤康行
編集:岡祐司
音響監督:立石弥生
音楽:亀山耕一郎

OPテーマ:「ワンルームシュガーライフ」ナナヲアカリ
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

EDテーマ:「SWEET HURT」
ReoNa(SACRA MUSIC)

アニメーション制作:Ezo’la
製作:ハッピーシュガーライフ製作委員会

●公式HP
http://happysugarlife.tv
公式twitter
@happysugarlifeA


(C)鍵空とみやき/SQUARE ENIX・ハッピーシュガーライフ製作委員会


☆原作コミックス最新8巻、『公式ファンブック 』6月22日(金)発売!

【プレゼント】
花澤さんと久野さんの寄せ書きサイン色紙を2名にプレゼント!
ご希望の方は、「HSL」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2018年7月23日(月)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)