文学をゆる~く学べちゃう! 新感覚朗読イベント 小見川千明の『お気楽文学サロン』レポート

By saeki, 2018年6月3日


声優・小見川千明がお届けする『お気楽文学サロン』。その記念すべき第1回目のイベントが5月30日、東京・明神カフェで行われた。



ピースオブケイクが運営するサービス『note(ノート)』にて6月に配信開始予定の「文学作品のフェティシズム」に焦点を当てた企画。毎月、月末の水曜日に、本コンテンツの「リアルイベント」を開催する予定となっており、美味しい料理やコラボドリンク(この日は「三○明宏さん」)に舌鼓を打ちながら楽しむことができる。



初回は寺山修司に関連するトークと朗読が行われ、前半は「小見川さんの見解による寺山修司」のお話。寺山修司主宰によるアングラ劇団「天井桟敷」は、小見川さんが所属したことのある「演劇実験室◎万有引力」の前身。なぜ「万有引力」に飛び込んだのかというと、「アングラ劇団のなかでは、かなりちゃんとしてそうだから」だったとのこと(笑)。下積み時代に飲み会でひたすら「緑茶ハイ」を作らされたエピソードなど、実際に劇団に所属していたからこそ話せるお話もたくさん飛び出した。

来場者からの質問コーナーでは、7月から放送予定のテレビアニメ『邪神ちゃんドロップキック』や『ちおちゃんの通学路』の作品にまつわるお話、『邪神ちゃんドロップキック』関連で女子プロレス団体「スターダム」の興行に出演した際のエピソードなどを丁寧に語ってくれた。

 

後半は寺山修司が美輪明宏のために書いたという戯曲『毛皮のマリー』の朗読。来場者はひとりで何役も演じ分ける小見川さんの演技に耳を傾けていた。

最後はサイン入りの「明神カフェ」特製コースターにサインを入れた物が抽選で、さらに特典のお渡し会では、一人ひとりとじっくりお話。お客さんの話題によっては、店内にいる全員にエピソードを紹介したり(学生時代にあった、男女の修羅場のお話(?)など)、サービス精神が旺盛なところを見せてくれた。




イベント後にお話をうかがってきたので紹介しよう。

―初回のイベント、どうでしたか?

小見川千明さん(以下、小見川):実は最初は「太宰治特集」にしようとおもっていたのですが、一緒に『お気楽文学サロン』を盛り上げてくれる相方が多忙で……。私ひとりになってしまったので「ならば私にゆかりのある寺山修司にしよう!」と思い至りました。


―今回の企画を立ち上げた経緯を改めて教えていただけますか?

小見川:文学の素晴らしさをお伝えするのに私が何ができるかと考えたとき、声優として活動させていただいていることで、アニメやゲームなどのファンが私をきっかけにして文学に興味をもってもらえたら、と思い立ち、やらせていただくことになりました。


―実際に「リアルイベント」をやってみていかがでした?

小見川:「明神カフェ」さんでは、これまではフリーライブという形でイベントを行わせていただいていたことはあったのですが、チケット制でやるのは初めてだったので、何人くらい来ていただけるのか、正直なところ不安でした。
でもふたを開けてみたらすごくたくさんの方に来ていただいて……。「明神カフェ」さんでもこうした形態でのイベントは初めてだったそうで、お互いに手探り感満載のなか、皆さんのおかげで成功させることができました。ありがとうございます!


―6月からはいよいよサービスが始まります。

小見川:太宰治の『女生徒』という作品を毎週月曜に配信していきます。それぞれの話数ごとにも購入可能ですが、月額定額で契約していただいたほうがお得になっていますので、ぜひ!


―舞台にもご出演が決まっているそうですね。

小見川:直近ですが『インドの神の物語~ヴェーダ聖典、ブラーフマナの神々~』に出演します! 私は6月5日(火)、9日(土)、10日(日)に出演しますので、こちらもお誘い合わせの上、お越しくださいませ~!


―7月の新アニメも楽しみです。

小見川:『邪神ちゃんドロップキック』ではミノス役。こちらはきれいな小見川で出演いたします。そして『ちおちゃんの通学路』では野々村真奈菜役で出演します。こちらは汚い小見川(褒め言葉)をご覧いただけると思いますので(笑)、どちらも応援していただけるとうれしいです!


―以前、関連ラジオ番組の取材させていただきましたが、スマホ向けRPG『相剋のエルシオン 光と闇の輪廻』もいよいよ配信開始されました!

小見川:ついに! です(笑)! 知り合いからプレイした感想を聞いたのですが、「やりこみ要素がすごい!」だそうです。ゲーム開始時に3つの物語が選べるという攻めた内容のゲームになっております。私もテーマソングを歌わせていただいておりますので、プレイしてみてください!
さらに、6月23日(土)にはラジオ番組『小見川千明とBANBANBAN山本の輪廻を木っ端微塵!』の公開録音イベントの開催も決定しました! 第2部のライブイベントにもスペシャルゲストとして出演させていただきますので、よろしくです!


―ここまでも盛りだくさんですが、8月25日(土)にも自主企画イベントを予定されているとか?

小見川:はい! 『小見川千明のお遊戯会』を東京・新代田クロッシングという場所で開催させていただきます。今回で3回目になるのですが、朗読イベントとはまた違った趣向でお届けいたします。
「ライブ」+「朗読」という内容で、私が好きな文学作品に勝手に曲をつけてみよう、という趣旨になります。そして、休憩中はバーテンダーのバイトをしていたことのある私がバーカウンターに入り、お酒を提供するというミニコーナーも用意されております。来てくださった方いわく「神イベントでした!」とのことですので、お時間があればぜひお越しくださいね!


<Text・Photo/ダンディ佐伯>



【サービス概要】
note『小見川千明のお気楽文学サロン』
☆料金案内→定額サービスと個別課金サービスの2種類よりお選び頂けるようになりました。

<定額サービス>
月額650円で毎週月曜に最新の1話をお届け致します。
お話を定期的に聞きたい方へオススメです。
個別課金よりも少し1話あたりがお求めやすい価格になっております。

<個別課金サービス>
1話200円でダウンロード頂けます。途中から参加した方や、この回だけ聞きたいといった方へオススメです。

サービスの開始は6月4日(月)からになります。
noteに登録すればサービスが受けられます。

●note『小見川千明のお気楽文学サロン』
https://note.mu/bungakusaron

●小見川千明のほーむぺーじ
https://chiaki-omigawa.amebaownd.com/
●小見川千明 LINEブログ
https://lineblog.me/omigawa_chiaki/
●小見川千明 ツイッター
https://twitter.com/omigawa_chiaki

●『インドの神の物語~ヴェーダ聖典、ブラーフマナの神々~』チケットURL(小見川千明専用)
http://ticket.corich.jp/apply/91654/024/