【プレゼントあり】本人にとっても 待ち焦がれたソロデビュー! デビューシングル「トマレのススメ」をリリースする駒形友梨 インタビュー

By saeki, 2018年6月1日


声優・歌手として活躍する駒形友梨がテレビアニメ『踏切時間』の主題歌「トマレのススメ」で待望のソロデビューを果たす。
表題曲は、自身のこれまでのアーティスト活動を表現した、大事なナンバーになったそう。渾身のカップリング曲にも大注目です!


―ソロデビューの話をきいたときの気持ちをお聞かせください。


駒形友梨さん(以下、駒形):昨秋にマネージャーさんから「今デビューの話が来ているんだけど、正式に決まったら伝えるね」と言われ、どきどきしながら続報を待っていたのですが、「来年デビューすることになると思うよ」と改めて言われ、胸をなでおろしました。


―よろこびよりも安心感のほうが大きかったんですか?

駒形:昔から「ソロデビューしたい」というより、むしろ「デビューするものだ」との想いでやってきたこともありましたので。私のなかでの声優像は「キャラクターを演じるし、歌も歌う」というものでしたし、ソロデビューはマストだったんです。


―『キラキラ☆プリキュアアラモード』ではOP主題歌「SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード」を歌われましたが、そのときとはまた違った感覚だったのでしょうか?

駒形:「SHINE!! キラキラ☆プリキュアアラモード」は駒形友梨名義で初めて歌ったのですが、あくまで作品に寄り添った曲だったのです。「トマレのススメ」はアニメのタイアップ曲とは言うものの、私の身ひとつでぶつかっていくようなものでしたので新鮮さがありつつ、不安もありました。




―声優を目指すきっかけとなった作品や声優さんは?

駒形:『シャーマンキング』という作品で林原めぐみさんが恐山アンナを演じつつ、主題歌も歌われていることに驚いたのがきっかけでした。その後舞台やミュージカルにも出演されている坂本真綾さんに出会い、マルチに活躍できる声優になりたいという気持ちが強くなってきたんです。


―声優として、アーティストとしても着実にステップアップして、今回は満を持してのソロでのリリースとなりましたね。

駒形:デビューが一緒の同年代が次々にソロデビューしていくなか、焦りや悔しい気持ちを感じたことは正直ありました。
世間では「とにかく前に進むことがいいことだ」と言われているかも知れませんが、「トマレのススメ」の歌詞は「立ち止まっている時間があるからこそ次に進める」ということを歌っていますので、私のそういう経験があったからこそこの歌詞に対する理解も深まったんじゃないかと思っています。


―歌う上では感情もうまく乗せることができたのでは?

駒形:はい。曲に優しく背中を押してもらうような感覚で歌うことができました。


―レコーディングはスムーズにいきました?

駒形:練習の段階でテンポが速かったりキーが高かったり難しさを感じていたので、本番に向けて準備に時間をかけたのですが、気を抜くと曲に置いていかれたり、一回つまずいてしまうと立て直すのに時間がかかってしまうので、集中力が途切れないように全力で臨みました。どちらかというとハモりが苦手なので、むしろそちらのほうが時間がかかったくらいで(笑)。
また、主メロがないところでコーラスが入る箇所があるのですが、そこは逆にあまりニュアンスをつけすぎてはダメだったり、技術面での難しさも感じましたし、「次」へ向けていい経験になりました。



―2曲目の「Lonely Blueが終わる頃には」は変わって昔懐かしい雰囲気のバラードです。

駒形:プロデューサーさんが「この曲は何が何でも収録するから。絶対だから!」とすごく気合いが入っていたのが印象的でした。
仮歌を聴くと本当にムーディーでジャジーで、この曲をプッシュする意味が分かる気がしました。
元々カラオケで「昭和歌謡」を歌う機会も多く、私にとってはホームのようなイメージがある曲調だったので、歌うのがとても楽しみでした。今の私が歌ったらどうなるのかな? とすごく興味がわいて、意気込んでレコーディングに臨みました。


―実際に歌ってみていかがでした?

駒形:曲調を考慮し、大人っぽいイメージで歌ったら「オケがもう十分大人っぽいので、あえてかわいい方向で歌ってみてください」と言われまして。歌っているときはそこまで分からなかったのですが、あとで完成した音を聴いてみたら「こんなにスッと耳に入ってくるんだ」と驚きました。
私の歌を初めて聴く方はもちろん、今まで応援してきてくださった皆さんにも新しい発見をしていただけるような1曲になりました。


―通常盤のみに収録される「はじめからきっと」はいかがですか?

駒形:華やかでキラキラしたサウンドが特徴的な曲です。私のなかではエンディングでキャラクターたちが「みんな、また会おうね!」と手を振っているようなイメージだったのですが、歌詞をよく読むと片想いの切なさを歌っているのが分かりまして、私も最初はびっくりしました。
「教室」や「教科書」など、忘れていってしまいそうなものをたくさん引っ張り出しながら切なく歌ったのですが、「切ない歌ではあるのですが、逆に明るく歌ってみてください。でもその分、落ちサビの「はじめからきっと 本当はずっと 『大好きだったのに…』」は切なさマックスで歌ってください」、とディレクションされました。
とくに「大好きだったのに…」の部分は私のささやきボイスが両耳から聴こえてくるので、ぜひ整った環境のもとで聴いていただきたいですね。


―曲調も歌詞に関しても、ほかの2曲とはまた違った趣を感じます。

駒形:「トマレのススメ」と「Lonely Blueが終わる頃には」がちょっと濃い目の曲だったので、「はじめからきっと」は少しリラックスした状態で気軽に聴いていただけるんじゃないかな、と個人的には思います。
「トマレのススメ」がカレーライス、「Lonely Blueが終わる頃には」がオムライス、そして「はじめからきっと」がそうめん、みたいな(笑)。とてもバランスの取れた3曲になったんじゃないかと。


―ショートMVも公開中です。踏切と信号機のオブジェクトが特徴的で、外ロケもされたみたいですね。

駒形:以前『まんがーる!』というアニメ作品で組ませていただいていた「M@N☆GIRL!」というユニット(宮本佳那子さん、尾高もえみさん、大橋彩香さん)で撮影して以来のMV撮影でした。あのときは当然ほかのメンバーもいたので、ひとりで撮影するのは初めてのことで……。
監督さんに「こういうシーンを撮りますよ」という説明を逐一受けながら撮影に臨んだのですが、シーンごとにどのようにつながるのかがイメージできなくて、完成が楽しみでした。
スタジオでは踏み切りや信号、道路標識などが並んだ非現実的な空間で、外ではまさに本物の踏切の前で撮影しました。赤や青のライトを使った幻想的な空間の演出もあり、完成したものを見たときはすごく感動しました!


―リップシンクにも今回挑戦されているそうですね。

駒形:カメラの前で口パクをする機会は今までなかったですし、どうすればいいのか本当に分からなくて……。「今ので合ってますか?」としきりにスタッフの方々に確認してました(笑)。


―個人的にはロケ地の踏切がすごく気になったのですが。

駒形:都内にある某私鉄の踏切で撮影しました。でも、ショートMVが公開されてすぐにファンの方が見事にどこの踏切か当てられたのが本当に驚きでしたね。ああいう方たちって、どうやって特定するのか本当に不思議ですよね。コツを教えていただきたいです(笑)。


―CDジャケットにもメッセージが込められているそうですね。

駒形:「トマレのススメ」ということで、信号を表した赤(=トマレ)と青(=ススメ)のりんごを持って撮影しました。取材では笑顔で撮られることが多いので、すました感じの表情をするのに慣れていおらず、ちょっと苦戦しました。身につけているイヤリングや靴も赤色と青色で統一されてますので、じっくりご覧になっていただきたいですね。


―駒形さんは『踏切時間』には真島さん役で出演されています。

駒形:クラスメイトの田西くんとのやりとりが印象的だった「エロい」真島さんですが(笑)、彼女自身はそんな気はさらさらなく、誰にでもわけ隔てなく接する性格です。ちょっとギャルっぽさも意識して演じました。



―ご自身は、踏切で電車を待っている時間は好きなほうでした?

駒形:生活圏であまり踏切を待つという経験がなかったのですが、やっぱり待つ時間はイライラしちゃいますよね(笑)。私もそうでしたが『踏切時間』を観たあとだと、その時間も楽しくなるんじゃないかな。


―さすが、宣伝もうまいですね(笑)。さて発売記念イベントやライブも続々開催されます。

駒形:最近ではCD発売の先のことも考えるようになって、おかげさまでリリースイベントの開催や、ライブイベントにも出演させていただくことが決まっていますので、皆さんにどう反応していただけるのか? 楽しみです。6月~7月にかけては毎週のように皆さんにお会いする機会がありますので、今からワクワクしています!


―今後に向けて、メッセージをお願いします。

駒形:ソロでやらせていただく限り、やはりワンマンライブはやりたいですね。私の持ち歌だけで最初から最後まで皆さんに楽しんでいただくのが夢です。実現させることをモチベーションに、これからも頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!




 


<Text・Photo/ダンディ佐伯>



【駒形友梨 関連情報】

デビュー・シングル「トマレのススメ」発売を記念して、下記日程にてネットサイン会の開催が決定!(サインを書いている姿を配信致します)
指定の販売ページにて販売期間内に「トマレのススメ」初回限定盤+通常盤のセットをご購入頂くと、駒形友梨 特製ブロマイドにサインとご登録のニックネームをお入れいたします。

イベント会場になかなかお越しになれない方もサイン会に参加できるチャンスですのでこの機会に是非ご参加ください。

▼ネットサイン会開催日時
6月9日(土)20:30~

※時間はあくまでも予定の為、前後する場合がございます。予めご了承ください。
※配信は、ロッカンミュージック(@Rokkan_Music)より配信いたします。配信開始時間に是非チェックしてください。
https://twitter.com/rokkan_music


●販売ページ
http://muvus.rw-point.com/cmdtyList.php?cat=A31qpZthYnmq

※今回は抽選販売となります。下記にて詳細をご確認ください。

上記URLよりお申し込みください。
6月5日(火) 15:00 までに、ご当選のお知らせをMUVUSサイトDM もしくは、ログイン後のマイページにある専用お知らせにてご連絡いたします。
再度、本お申し込みページにアクセスして頂くと、お申込みの内容にてカートが表示されておりますので、そのままご決済をお願いいたします。

※お知らせやDM が届かない場合もございますので、その際は本ページにてお申込み頂いた商品の抽選結果が表示されておりますのでご確認下さい。
※お申し込みは1 アカウント1 決済となります。
※入金締め切り後の、ご入金(6月7日11:00 以降)は当選者さまも特典対象外となりますのでご注意ください。
※応募には必ずご登録(無料)が必要となります。
※登録時のニックネームがサイン時に記入させて頂くものです。過不足無くご登録ください。
※ニックネーム登録は、絵文字、顔文字、半角特殊文字(!、&など)、特殊記号などは文字化けの原因となります ので、ご遠慮ください。
※ニックネームは内容によって、こちらで変更させて頂く場合がございます。(長文の場合、不適切な内容と判断させて頂いた場合等)
※ニックネームの読み方についてもひらがなにて明記していただきますよう、お願いいたします。


▼セット内容
シングル「トマレのススメ」初回限定盤&通常盤
セット料金:¥3,000+税


▼対象商品
【CD概要】
駒形友梨「トマレのススメ」
2018年6月20日(水)発売


【初回限定盤】(CD+DVD)
品番:TECI-623
¥1,800+税

〈収録内容〉
【CD】
M1 トマレのススメ
M2 Lonely Blueが終わる頃には

【DVD】
「トマレのススメ」Music Video
「トマレのススメ」Music Video Making
「トマレのススメ」CM SPOT ver.


◆通常盤(CD)/TECI-624/定価:1,200+税
〈収録内容〉
M1トマレのススメ
M2 Lonely Blueが終わる頃には
M3 はじめからきっと
※お客様への到着は、6月21日(木)以降となります。
※商品は複数枚お申込みいただけますが、サイン入りCDお一人様1 枚までとさせていただきます。


■予約販売期間
※お申込期間
~6月3日(日)23:59
※ご当選者様発表(DM、もしくはMUVUSサイトの、マイページ)
6月5日(火)15:00まで
※ご入金期間(ご決済期間)
6月5日(火)15:00~6月7日(木)11:00


■コンビニ決済・pay-easyでのお支払い期限について
お申込み完了メールに記載がある日付ではなく、6/7(木)11:00までにご入金を完了ください。
それ以降のご入金は、サインは致しかねますのでご注意ください。


■購入特典
・「トマレのススメ」セット(初回限定版+通常盤)をお買い上げ頂くと、特製ブロマイドにご登録ニックネームと本人サインをお書きいたします。
※商品を2セット以上ご購入いただいても、2セット目からはサインは入りませんので予めご注意ください。
・お申込方法等のお問い合わせは、MUVUS サイトの問い合わせよりお願いいたします。
http://muvus.rw-point.com/




【ライブ概要】
京都ロームシアターメインホールにて開催される、
京(みやこ) Premium Live 2018に出演することが決定致しました!

『京 Premium Live 2018』
■開催日時
2018年11月10日(土)
開場15:00 開演16:00
2018年11月11日(日) 開場14:00 開演15:00

■出演

<11月10日(土)>
亜咲花、伊藤美来、黒崎真音、KOTOKO、駒形友梨、Machico、山崎エリイ、山崎はるか and more..

<11月11日(日)>
ASCA、綾野ましろ、伊藤彩沙、大原ゆい子、鈴木このみ、 南條愛乃、YURiKA and more…
(50音順,敬称略)

■開催場所
京都ロームシアターメインホール  (https://rohmtheatrekyoto.jp/)
〒606-8342 京都府京都市左京区岡崎最勝寺町13

■チケット料金
前売 ¥6,000(税抜)/¥6,480(税込)

■チケット最速先行予約受付
6月1日(金)18:00~6月13日(水)18:00
http://eplus.jp/miyako-hp/

■座席形態
全席指定

■主催 京 Premium Live 2018 実行委員会
■企画 HK’s WORKS 、京都FANJ
■制作協力 株式会社一二三
■運営協力 株式会社キョードーアジア

■問い合わせ
キョードーインフォメーション 0570-200-888 (10:00 – 18:00)

●京 Premium Live オフィシャルサイト
http://miyako-premiumlive. jp/


【リリースイベント概要】
6月20日(水) 東京・アニメイト新宿 B2F animate hall SHINJUKU 19:00~
6月21日(木) 東京・とらのあな秋葉原店C 4F イベントスペース 19:00~
6月23日(土) 東京・タワーレコード新宿店 7F イベントスペース 12:00~
6月23日(土) 東京・Space emo 池袋 17:00~
6月24日(日) 東京・アニメイト秋葉原 B1F イベントフロア 12:30~
6月24日(日) 東京・AKIHABARA ゲーマーズ本店 6F 16:30~
6月30日(土) 東京・HMV&BOOKS SHIBUYA 6階イベントスペース(渋谷MODI内) 14:00~
6月30日(土) 東京・ソフマップAKIBA④号店 アミューズメント館 8F イベントスペース 18:30~
7月1日(日) 神奈川・アニメイト横浜 15:00~


●駒形友梨オフィシャルサイト
http://www.teichiku.co.jp/artist/komagata-yuri/
●TVアニメ「踏切時間」
http://fumikirijikan.com/


【プレゼント】
駒形友梨さんのサイン色紙を2名にプレゼント!
ご希望の方は、「駒形友梨」(他のプレゼントも同様の募集方法をしているため、ご希望プレゼントを判別させていただきます)の後に1. お名前、2. 郵便番号・ご住所、3. お電話番号、4. 性別、5. 年齢、6. サイトを知った切っかけを『れポたま!』公式ツイッター@repotama(https://twitter.com/repotama/)をフォローしていただいた上でDM(ダイレクトメール。お互いにフォローしている場合に使用可能な機能)にてお送りください。
フォローしていただき次第、お早めにフォロー返しをさせていただきます。
(※一つのアカウントで複数のプレゼントに応募可能です)

応募締め切り:2018年6月30日(土)23:59必着
(※記入事項には個人情報が含まれますので、送信される際はくれぐれもご注意ください。)